タグ:ヤブラン属 ( 4 ) タグの人気記事
ヒメヤブラン(姫藪蘭)
 ヒメヤブラン(姫藪蘭)は、キジカクシ科(旧分類ユリ科)ヤブラン属の多年草です。日本や中国が原産で、国内では北海道から沖縄にかけての全土に分布する在来種です。名の由来は、小さな藪に生える蘭から。ヤブラン(薮蘭)より小型なのはコヤブラン(小藪蘭)で、それよりも小型である事から。英名は、Monkey grass。

 キジカクシ科(Asparagaceae Juss. (1789))は、約150属2500種が分布します。旧分類ユリ科(Liliaceae Juss. (1789))は、世界の温帯と熱帯に約240属4000種が分布します。ヤブラン属(Liriope Loureiro, 1790)は、東アジアに6種、日本に3種が分布します。3種の内訳は、葉幅が10mm程のヤブラン(薮蘭)、葉幅が4~7mmで小型版と言えるコヤブラン(小藪蘭)、より小型で葉幅が1.5~3mmのヒメヤブラン(姫藪蘭)です。

 根茎は短く、匐枝を横に伸ばして増殖します。葉は根生し、線形で長さ10~20cm、幅は1.5~3mm、鋸歯はありません。花茎は葉よりも短い10~15cmで、茎先に花を付けます。

 花期は7月から9月。花は総状に付き、径5~6mmの淡紫色で、花被片は楕円形で6個あります。平開して斜め上向きに咲きます。果実は蒴果ですが、成熟する前に薄い果皮が脱落します。従って、裸出した種子そのものです。これはヤブラン属とジャノヒゲ属に共通する特徴です。径4~5mmの球形で、熟すと紫黒色になります。染色体数は、2n=36。

 花色が白い品種は、シロバナヒメヤブラン(白花姫藪蘭)Liriope minor (Maxim.) Makino f. albiflora (Murai) Okuyama です。

Japanese common name : Hime-yaburan
e0038990_12194538.jpg
Liriope minor (Maxim.) Makino

e0038990_12201485.jpge0038990_12202530.jpg
▲ 左:種子(4~5mm)の内部 右:花径は5~6mm
e0038990_12204299.jpg
▲ 葉は細く線形でで、幅1.5~3mm


ヒメヤブラン(姫藪蘭)
キジカクシ科ヤブラン属
学名:Liriope minor (Maxim.) Makino
花期:7月~9月 多年草 草丈:10~15cm 花径:5~6mm 実径:4~5mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Liriope : ギリシャ神話の女神の名/ヤブラン属
minor : minus(より小さい)
Maxim. : Carl Johann Maximowicz(1827-1891)
Makino : 牧野富太郎 Tomitaro Makino (1862-1957)
---
f. : forma(品種)
albiflora : albiflorus(白花の)
Murai : 村井三郎 Saburo Murai (fl. 1962-)
Okuyama : 奥山春季 Shunki Okuyama (1909-1998)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から8.5km 左岸河川敷 2006.10.09
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

11 October 2006
Last modified: 4 October 2015
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-10-11 00:00 | | Trackback | Comments(2)
ヤブラン(薮蘭)
 ヤブラン(薮蘭)は、キジカクシ科(旧分類ユリ科)ヤブラン属の多年草です。日本および東アジアが原産で、国内では本州以西の温暖な地域に分布します。名の由来は、藪に生え、シュンラン(春蘭)に似た葉を持つ事から。蘭という名前が付いていますが、ラン科ではなくキジカクシ科です。英名は、Big blue lily-turf。

 キジカクシ科(Asparagaceae Juss. (1789))は、約150属2500種が分布します。旧分類ユリ科(Liliaceae Juss. (1789))は、世界の温帯と熱帯に約240属4000種が分布します。ヤブラン属(Liriope Loureiro (1790))は、東アジアに6種、日本に3種が分布します。

 日本の3種類は、葉幅が10mm程のヤブラン(薮蘭)、葉幅が4~7mmで小型版と言えるコヤブラン(小藪蘭)Liriope spicata Lour.、より小型で葉幅が2~3mmのヒメヤブラン(姫藪蘭)Liriope minor (Maxim.) Makinoです。園芸品種に、葉に斑が入ったフイリヤブラン(斑入り藪蘭)Liriope muscari cv. "Variegata"もあります。

 葉は根生し、長さ30~50cm、濃緑色で光沢があります。葉の幅は8~12mmで線形、先端は鈍頭です。花期は8月から10月で、8~12cmの総状花序に多数の小花を付けます。小花は径6~7mmで、淡紫色をした花被片が6枚あります。雄しべは6本。果実は6~7mmの球形をした蒴果でが、薄い果皮に覆われていて、熟す前に果皮は脱落します。従って、裸出した種子そのものとなります。初めは緑色で熟すと黒紫色になります。染色体数は、2n=72,108。

 ジャノヒゲ属のジャノヒゲ(蛇の髭)や園芸品種のタマリュウ(玉竜)等は、花は下向きに咲き、種子は濃青色ですが、ヤブラン属では、花は上向き、種子は黒色系となる事で判別できます。性質は、耐寒性・耐暑性・耐陰性が強く、繁殖力もある事から、園芸のグランドカバーとしても使われています。増殖は株分けや実生で行う事ができます。

参考:ヤブラン(藪蘭)の実

Japanese common name : yabu-ran
e0038990_15193069.jpg
Liriope muscari (Decaisne) L.H.Bailey

e0038990_15194597.jpge0038990_1519577.jpg
左:総状花序に多数の小花を付ける。

e0038990_15202634.jpge0038990_15204483.jpg
葉序 葉の幅は1cm前後。


ヤブラン(薮蘭)
別名:ヤマスゲ(山菅)
キジカクシ科ヤブラン属
学名:Liriope muscari ((Decne.) L.H.Bailey
Synonyms : Liriope platyphylla F.T.Wang et Tang
花期:8~10月 多年草 草丈:30~50cm 花径:6~7mm 果期:11月~1月

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Liriope : ギリシャ神話の女神Leiriopeに因む/ヤブラン属
muscari : muscarius(ハエのような)
Decne. : Joseph Decaisne (1807-1882)
L.H.Bailey : Liberty Hyde Bailey (1858-1954)
---
platyphylla : platyphyllus(広い葉の)
F.T.Wang : Fa Tsuan Wang (1899-1985)
et : et alii(及び・命名者が2名の時など・&に同じ)
Tang : Tsin Tang (1897-1984) (Sin Tang, Chin Tang)
---
cv. : cultivar(園芸品種)
Variegata : variegatus(斑入りの)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から9.0km 左岸 2006.08.14, 2006.08.16
安倍川支流/内牧川上流 , 2006.08.23
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

08 September 2006, 25 March 2014, 4 October 2015
Last modified: 20 November 2016
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-09-08 00:00 | | Trackback | Comments(0)
ヤブラン(薮蘭)/実
 ヤブラン(薮蘭)は、キジカクシ科ヤブラン属の多年草です。日本および東アジア原産で、本州以西の温暖な地域に分布します。蘭という名前が付いていますが、ラン科ではなくキジカクシ科に属します。藪に生え、シュンラン(春蘭)に似た葉を持つとの意味です。

  キジカクシ科(Asparagaceae Juss. (1789))は、約150属2500種が分布します。旧分類ユリ科(Liliaceae Juss. (1789))は、世界の温帯と熱帯に約240属4000種が分布します。ヤブラン属(Liriope Loureiro (1790))は、東アジアに6種、日本に3種が分布します。

 日本の3種類は、葉幅が10mm程のヤブラン(薮蘭)、葉幅が4~7mmで小型版と言えるコヤブラン(小藪蘭)Liriope spicata Lour.、より小型で葉幅が2~3mmのヒメヤブラン(姫藪蘭)Liriope minor (Maxim.) Makinoです。園芸品種に、葉に斑が入ったフイリヤブラン(斑入り藪蘭)Liriope muscari (Decne.) L.H.Bailey f. variegata (L.H.Bailey) H.Haraもあります。

 葉は根生し、長さ30~50cm、濃緑色で光沢があります。葉の幅は約10mmで、先端は鈍頭です。伸ばした花茎に穂状花序を付けます。花は径6~7mm程で、淡紫色をした花被片が6枚あります。果実は6~7mmの球形をしている蒴果で、薄い果皮に覆われていて、初めは緑色で熟すと黒紫色になり、果皮が脱落して種子がむき出しの状態になります。

 ジャノヒゲ属のジャノヒゲ(蛇の髭)や園芸品種のタマリュウ(玉竜)等は、花は下向き、種子は濃青色ですが、ヤブラン属では、花は上向き、種子は黒色系となる事で判別できます。性質は耐寒性、耐暑性、耐陰性が強く繁殖力もあります。グランドカバーとしての用途に適しています。増殖は株分けや実生で行う事ができます。

参考:ヤブラン(薮蘭)の花

Japanese common name : Yabu-ran
e0038990_155112.jpg
Liriope muscari (Decne.) L.H.Bailey


ヤブラン(薮蘭)
別名:ヤマスゲ(山菅)
キジカクシ科ヤブラン属
学名:Liriope muscari (Decne.) L.H.Bailey
synonym : Liriope platyphylla F.T.Wang et T.Tang
花期:8~10月 多年草 草丈:30~50cm 花径:4mm 果期:11月~1月

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Liriope : ギリシャ神話の女神の名Leiriopeに因む/ヤブラン属
muscari : muscarius(蝿のような)
Decne. : Joseph Decaisne (1807-1882)
L.H.Bailey : Liberty Hyde Bailey (1858-1954)
---
platyphylla : platyphyllus(広い葉の)
F.T.Wang : Fa Tsuan Wang (1899-1985)
et : 及び(命名者が2名の時など・&に同じ)
T.Tan : Tsin Tang (1897-1984)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川支流/内牧川源流 2006.02.02
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

20 February 2006, 5 June 2015
Last modified: 6 September 2016
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-02-20 00:00 | | Trackback | Comments(0)
ヒメヤブラン(姫藪蘭)
 私の野草観察の拠点は、安倍川河川敷です。しかし、たまには違うところへ出かけてみるのも良いかもしれないとバイクで走りました。ところが、すぐに飽きてしまい、河川敷へ戻る事になりました。たとえばの話ですが、「グアム旅行1週間」と「安倍川河川敷どこでも送り迎え1ヶ月間」のどちらかを選べと言われれば、迷うことなく後者です。ちなみに、子供が小学生の時、遠足は我が家の前の河川敷でした。学校へ戻ることなく「ただいま~」と帰って来ていました。いつもの遊び場が遠足の目的地では、つまらなかったかもしれません。

 始めに見つけた花は、ヒメヤブランでした。小さく可愛らしい花です。ヤブラン(薮蘭)より小型なのはコヤブラン(小藪蘭)ですが、もっと小さいからヒメヤブラン(姫藪蘭)。明るい場所に群生して生える事が多いようです。背丈がないので埋もれるように花を咲かせています。緑色の実もつけ始めていました。

 詳細は、ヒメヤブラン(姫藪蘭)をご覧下さい。

参考:ジャノヒゲ(蛇の髭) タマリュウ(玉竜) ヤブラン(薮蘭)

Japanese common name : Hime-yaburan
e0038990_90592.jpg
Liriope minor (Maxim.) Makino


ヒメヤブラン(姫藪蘭)
キジカクシ科ヤブラン属
学名:Liriope minor (Maxim.) Makino
花期:7月~9月 多年草 草丈:10~15cm 花径:5~6mm 実径:4~5mm
葉:長さ10~20cm/幅1.5~2mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Liriope : ギリシャ神話の女神の名に因む/ヤブラン属
minor : minus(より小さい)
Maxim. : Carl Johann Maximowicz(1827-1891)
Makino : 牧野富太郎 Tomitaro Makino (1862-1957)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から10km 左岸土手 2005.09.12
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 14 September 2005
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-09-14 00:00 | | Trackback | Comments(2)