タグ:ヤマノイモ属 ( 2 ) タグの人気記事
ヤマノイモ(山の芋)
 ヤマノイモ(山の芋)は、ヤマノイモ科ヤマノイモ属の蔓性多年草です。日本、中国、朝鮮半島に分布します。日本では、本州から沖縄にかけて分布する在来種です。名の由来は、山に生える芋である事から。里芋に対する名称との説もあります。別名は、ジネンジョ(自然薯)、ジネンジョウ(自然生)、ヤマイモ(山芋)等。中国名は、日本薯蕷(Rìběn shǔyù)。英名は、Yam。

 ヤマノイモ科(Dioscoreaceae R.Br. (1810))は、熱帯及び暖温帯に8属約800種が分布します。ヤマノイモ属(Dioscorea L. (1753))は、東アジア北部に広く分布します。ヤマノイモ科の内、約600種がヤマノイモ属です。約40種が食用とされ、約15種が栽培されていて、日本には13種があります。珠芽があり根茎の根が肥厚するヤマノイモの仲間と、根茎の根が肥厚しないオニドコロの仲間に分ける事ができます。

 日当たりの良い山地の林縁などで自生します。ひげ根がある肥厚した長い担根体(地下茎)があります。地中深くに伸び、長さ1m以上、太さ3cm程になります。食用とされ、粘りが強い事から、「とろろ」として利用されます。栽培では、パイプや波板シートに設置して掘り出しやすいようにしています。

 葉は、対生します。基部が心形の三角状披針形で、長さ5~10cm、幅3~5cm。無毛で鋭尖頭、全緑。葉腋に径1cm内外で腋芽が肥大した偏球形のムカゴ(零余子)を付けます。幅25~28mm。ムカゴは栄養繁殖器官で、落下後に芽を出します。これは食用となります。

 花期は、7月から8月。雌雄異株。葉腋から雄花序と雌花序を出します。雄花序は立ち上がり、花は白色でほとんど開かず、花被片は外花被片3個、内花被片3個の計6個。無柄で径約2mm。雄しべは6個。雌花序は下垂し、基部から順に咲きます。雌しべは3個、柱頭は2裂します。果実は、蒴果です。3つの陵に3室があり、長さ約15mm、幅約25mm。種子は、薄膜状の翼があり、10~15mmの扁平円形。染色体数は、2n=40。

 根茎(担根体)の周皮を取り除き乾燥させたものを、生薬の山薬(第十七改正日本薬局方)として滋養強壮、止瀉、鎮咳に用います。

 ヤマノイモ属は種類が多く、またよく似ているので注意を要します。代表的なものを列挙します。
 ヤマノイモと同じように葉が対生する、帰化種のナガイモ(長薯)Dioscorea polystachya Turcz. 。別名ツクネイモ、中国名は薯蕷。栽培種の逸出で野生する時があります。
 葉が互生するものに、トコロ(野老)の仲間があります。
 オニドコロ(鬼野老)Dioscorea tokoro Makino 別名トコロ(野老)、中国名は山萆薢。山野に多くあり、ヤマノイモと混生している場合があります。雌花は黄緑色。
 タチドコロ(立野老)Dioscorea gracillima Miq. 中国名は纖細薯蕷。本州と九州(2n=20)、四国(2n=40)に分布します。雌花は淡橙黄色。
 ヒメドコロ(姫野老)Dioscorea tenuipes Franch. et Sav. 別名エドドコロ(江戸野老)、中国名は細柄薯蕷。雌花は黄緑色。本州中部以西に分布します。
 カエデドコロ(楓野老)Dioscorea quinquelobata Thunb. 雌花は橙色で、葉が3~9裂します。
 キクバドコロ(菊葉野老)Dioscorea septemloba Thunb. 別名モミジドコロ(紅葉野老)。雌花は黄緑色や暗紫色で、葉は5〜9裂します。
 帰化種のニガカシュウ(苦荷首烏)Dioscorea bulbifera L.f. spontanea (Makino) Makino et Nemoto 別名マルバトコロ、中国名は黃獨。ムカゴがつきます。

Japanese common name : Yama-no-imo
e0038990_18303620.jpg
Dioscorea japonica Thunb.

e0038990_11355061.jpge0038990_11364285.jpg
左:雄花はほとんど開かない 右:雌花と果実

e0038990_18333607.jpge0038990_18312376.jpg
左:ムカゴが着生。 右:葉は基部が心形の三角状披針形。

e0038990_18361840.jpge0038990_18362330.jpg
果実は蒴果。3室あり、円形の薄膜状の翼がある種子を出す。

e0038990_20230286.jpge0038990_21325215.jpg
左:ヤマノイモ栽培農地     右:梱包状態の販売商品



ヤマノイモ(山の芋)
別名:ジネンジョ(自然薯)、ヤマイモ(山芋)
ヤマノイモ科ヤマノイモ属
学名:Dioscorea japonica Thunb.
花期:7月~8月 多年草 草丈:蔓性 花径:約2mm

e0038990_2163229.gif


【学名解説】
Dioscorea : Pedanius(Pedanios) Dioscorides (ca.40-ca.90 AD)に因む/ヤマノイモ属
japonica : 日本の[japonicus(男性形)/japonica(女性形)/japonicum(中性形)]
Thunb. : Carl Peter Thunberg (1743-1828)
---
ca. : circa(およそ)
---
ヒメドコロ(姫野老)Dioscorea tenuipes Franch. et Sav.
tenuipes : 細い柄のある
Franch. : Adrien Rene Franchet (1834-1900)
et : et alii(及び・命名者が2名の時など・&(and)に同じ)
Sav. : Paul Amedée Ludovic Savatier (1830-1891)
---
タチドコロ(立野老)Dioscorea gracillima Miq.
gracillima : gracillimus(非常に細長い)
Miq. : Friedrich Anton Wilhelm Miquel (1811-1871)
---
カエデドコロ(楓野老)Dioscorea quinquelobata Thunb.
quinquelobata : quinquelobatus(五浅裂した)
---
キクバドコロ(菊葉野老)Dioscorea septemloba Thunb.
septemloba : septemlobus(種の中の真正のもの)
---
ニガカシュウ(苦荷首烏)Dioscorea bulbifera L.f. spontanea (Makino) Makino et Nemoto
bulbifera : 鱗茎のある
L.f. : Carolus Linnaeus filius (1741-1783)
spontanea : spontaneus(野生の、自生の)
Makino : 牧野富太郎 Tomitaro Makino (1862-1957)
et : et alii(及び・命名者が2名の時など・&(and)に同じ)
Nemoto : 根本莞爾 Kwanji Nemoto (1860-1936)/日本植物総覧共著者

撮影地:静岡県静岡市
葵区内牧 2006.08.18, 2006.10.27, 2006.10.30, 2006.11.24
葵区昭府町(茶臼山) 2017.12.21
葵区新伝馬 2017.12.30
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

26 December 2017, 31 December 2017
Last modified: 2 January 2018
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2017-12-26 00:00 | | Trackback | Comments(0)
オニドコロ(鬼野老)
 オニドコロ(鬼野老)は、ヤマノイモ科ヤマノイモ属の多年草です。日本・朝鮮半島・中国に分布します。日本では、北海道から九州にかけて分布する在来種です。名の由来は、他の類似種より葉が大きいので鬼を充て、トコロ(野老)はエビ(海老)に対比させた漢字名で、根茎の髭根を老人の髭に見立てたもの。読みの由来は諸説あります。根に塊ができる事から、凝塊の「凝(とこ)り」が転訛してトコロとなったとの説があります。中国名は、山萆薢。

 ヤマノイモ科(Dioscoreaceae R.Br. (1810))は、熱帯及び暖温帯に8属約800種が分布します。ヤマノイモ属(Dioscorea L. (1753))は、東アジア北部に広く分布します。ヤマノイモ科の内、約600種がヤマノイモ属です。約40種が食用とされ、約15種が栽培されていて、日本には13種があります。珠芽があり根茎の根が肥厚するヤマノイモの仲間と、根茎の根が肥厚しないオニドコロの仲間に分ける事ができます。

 根茎は細長く髭根があり、横に這います。苦味があり食用には適しません。有毒成分のジオスコリン(Dioscorine)、ジオスチン(Dioscin)、ジオスコレアサポトキシン(Diosoreasapotoxin)が含まれ、ヤマノイモと間違えて誤食すると嘔吐などの症状が起きます。昔は、救荒植物として灰汁抜きをして食べたようです。

 根茎を乾燥させたものを、生薬のヒカイ(萆薢)として、関節痛や疼痛の治療に用います。茎は蔓性で長く伸び、右巻きです。葉は互生し、円心形から三角状心形で、長さ幅とも5~12cm。無毛で全縁、先端は鋭頭。葉柄は3~7cm。

 花期は7月から8月。葉腋から花序を出します。雌雄異株。雄花序は上方に立ち上がり、雌花序は下垂します。雄花は淡黄緑色で径約3mm、花被片6個が平開し、完全雄しべ6個があります。雌花は、花被片が径約5mm、雌しべ1個で花柱は3裂します。萼片は6個。子房下位。零余子(ムカゴ)は付きません。

 果実は蒴果で、3翼(3室)がある倒卵状楕円形。花序は下垂して果実は上を向きます。種子は長さ約5mmの扁平な楕円形で、片側に長楕円形の翼があります。染色体数は、2n=20で、♀:2n=18+XX、♂:2n=18+XY。XYは、性決定機構。

 同じ属に、オニドコロより葉が細いヒメドコロ(姫野老)Dioscorea tenuipes Franch. et Sav. 、雄しべ6個の内、3個が仮雄しべになったタチドコロ(立野老)Dioscorea gracillima Miq. 、九州に分布するツクシタチドコロ(筑紫立野老)Dioscorea asclepiadea Prain et Burkill があります。ヤマノイモは、葉が対生で、蔓の巻き方がオニドコロと逆の左巻きです。

Japanese common name : Oni-dokoro
e0038990_9534858.jpg
Dioscorea tokoro Makino

e0038990_953591.jpge0038990_954920.jpg
左:雄花序             右:葉

e0038990_9542262.jpge0038990_9543427.jpg
左:雌花序             右:雌花(花序は下垂して果実は上向き)

e0038990_20333968.jpge0038990_10290178.jpg
左:長楕円形の翼がある種子。右:ヤマノイモは円形の翼で種子が中央にある。


オニドコロ(鬼野老)
別名:トコロ(野老)
ヤマノイモ科ヤマノイモ属
学名:Dioscorea tokoro Makino
花期:7月~8月 多年草 草丈:蔓性 花径:(雄花)約3mm/(雌花)約5mm

e0038990_2163229.gife0038990_10353896.gif


【学名解説】
Dioscorea : Pedanius(Pedanios) Dioscorides (ca.40-ca.90 AD)に因む/ヤマノイモ属
tokoro : トコロ(日本名)
Makino : 牧野富太郎 Tomitaro Makino (1862-1957)
---
ca. : circa(およそ)
---
ヒメドコロ(姫野老)Dioscorea tenuipes Franch. et Sav.
tenuipes : 細い柄のある
Franch. : Adrien Rene Franchet (1834-1900)
et : et alii(及び・命名者が2名の時など・&(and)に同じ)
Sav. : Paul Amedée Ludovic Savatier (1830-1891)
---
タチドコロ(立野老)Dioscorea gracillima Miq.
gracillima : gracillimus(非常に細長い)
Miq. : Friedrich Anton Wilhelm Miquel (1811-1871)
---
ツクシタチドコロ(筑紫立野老)Dioscorea asclepiadea Prain et Burkill
asclepiadea : トウワタ属(Asclepias)に似た
Prain : David Prain (1857-1944)
Burkill : Isaac Henry Burkill (1870-1965)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から9km右岸河川敷 2006.09.20
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

28 October 2006, 02 September 2013
Last modified: 16 November 2017
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-10-28 00:00 | | Trackback | Comments(0)