タグ:ヤマノイモ科 ( 1 ) タグの人気記事
オニドコロ(鬼野老)
 オニドコロ(鬼野老)は、ヤマノイモ科ヤマノイモ属の多年草です。日本・朝鮮半島・中国に分布します。日本では、北海道から九州にかけて分布する在来種です。名の由来は、他の類似種より葉が大きいので鬼を充て、トコロ(野老)はエビ(海老)に対比させた漢字名で、根茎の髭根を老人の髭に見立てたもの。読みの由来は諸説あります。根に塊ができる事から、凝塊の「凝(とこ)り」が転訛してトコロとなったとの説があります。中国名は、山萆薢。

 ヤマノイモ科(Dioscoreaceae R.Br. (1810))は、熱帯及び暖温帯に8属約800種が分布します。ヤマノイモ属(Dioscorea L. (1753))は、東アジア北部に広く分布します。ヤマノイモ科の内、約600種がヤマノイモ属です。約40種が食用とされ、約15種が栽培されていて、日本には13種があります。珠芽があり根茎の根が肥厚するヤマノイモの仲間と、根茎の根が肥厚しないオニドコロの仲間に分ける事ができます。

 根茎は細長く髭根があり、横に這います。苦味があり食用には適しません。有毒成分のジオスコリン(Dioscorine)、ジオスチン(Dioscin)、ジオスコレアサポトキシン(Diosoreasapotoxin)が含まれ、ヤマノイモと間違えて誤食すると嘔吐などの症状が起きます。昔は、救荒植物として灰汁抜きをして食べたようです。

 根茎を乾燥させたものを、生薬のヒカイ(萆薢)として、関節痛や疼痛の治療に用います。茎は蔓性で長く伸び、右巻きです。葉は互生し、円心形から三角状心形で、長さ幅とも5~12cm。無毛で全縁、先端は鋭頭。葉柄は3~7cm。

 花期は7月から8月。葉腋から花序を出します。雌雄異株。雄花序は上方に立ち上がり、雌花序は下垂します。雄花は淡黄緑色で径約3mm、花被片6個が平開し、完全雄しべ6個があります。雌花は、花被片が径約5mm、雌しべ1個で花柱は3裂します。萼片は6個。子房下位。珠芽(ムカゴ)は付きません。

 果実は蒴果で、3翼(3室)がある倒卵状楕円形。種子は長さ約5mmの扁平な楕円形で、片側に長楕円形の翼があります。染色体数は、2n=20で、♀:2n=18+XX、♂:2n=18+XY。XYは、性決定機構。

 同じ属に、オニドコロより葉が細いヒメドコロ(姫野老)Dioscorea tenuipes Franch. et Sav. 、雄しべ6個の内、3個が仮雄しべになったタチドコロ(立野老)Dioscorea gracillima Miq. 、九州に分布するツクシタチドコロ(筑紫立野老)Dioscorea asclepiadea Prain et Burkill があります。ヤマノイモは、葉が対生で、蔓の巻き方がオニドコロと逆の左巻きです。

Japanese common name : Oni-dokoro
e0038990_9534858.jpg
Dioscorea tokoro Makino

e0038990_953591.jpge0038990_954920.jpg
左:雄花序             右:葉

e0038990_9542262.jpge0038990_9543427.jpg
左:雌花序             右:雌花

e0038990_20333968.jpge0038990_10290178.jpg
左:長楕円形の翼がある種子。右:ヤマノイモは円形の翼で種子が中央にある。


オニドコロ(鬼野老)
別名:トコロ(野老)
ヤマノイモ科ヤマノイモ属
学名:Dioscorea tokoro Makino
花期:7月~8月 多年草 草丈:蔓性 花径:(雄花)約3mm/(雌花)約5mm

e0038990_2163229.gife0038990_10353896.gif


【学名解説】
Dioscorea : Pedanius(Pedanios) Dioscorides (ca.40-ca.90 AD)に因む
tokoro : トコロ(日本名)
Makino : 牧野富太郎 Tomitaro Makino (1862-1957)
---
ca. : circa(およそ)
---
ヒメドコロ(姫野老)Dioscorea tenuipes Franch. et Sav.
tenuipes : 細い柄のある
Franch. : Adrien Rene Franchet (1834-1900)
et : et alii(及び・命名者が2名の時など・&(and)に同じ)
Sav. : Paul Amedée Ludovic Savatier (1830-1891)
---
タチドコロ(立野老)Dioscorea gracillima Miq.
gracillima : gracillimus(非常に細長い)
Miq. : Friedrich Anton Wilhelm Miquel (1811-1871)
---
ツクシタチドコロ(筑紫立野老)Dioscorea asclepiadea Prain et Burkill
asclepiadea : トウワタ属(Asclepias)に似た
Prain : David Prain (1857-1944)
Burkill : Isaac Henry Burkill (1870-1965)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から9km右岸河川敷 2006.09.20
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

28 October 2006, 02 September 2013
Last modified: 16 November 2017
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-10-28 00:00 | | Trackback | Comments(0)