タグ:ヤマハッカ属 ( 3 ) タグの人気記事
ヒキオコシ(引起こし)
 ヒキオコシ(引起こし)は、シソ科ヤマハッカ属の多年草です。日本や朝鮮半島に分布します。日本では、北海道西南部から九州にかけて分布する在来種です。名の由来は、この汁を飲ませると胃痛の病人を引き起こせるとの言い伝えからで、別名のエンメイソウ(延命草)も同様です。

 シソ科(Lamiaceae Martinov (1820))は、北半球の地中海沿岸や中央アジアを中心に約250属7000種が分布します。日本には約28属90種があります。保留名である新エングラー体系でのシソ科の学名Labiataeは、Labea(唇)に基づいた名称で、戦前は唇形科とされていました。英名ではMint familyと言われるように、香気を持つものが多くあります。ヤマハッカ属(Isodon (Schrader ex Bentham) Spach, 1840)は、日本、中国、ヒマラヤ、東南アジアにかけて96種が分布します。Plectranthus*)やRabdosiaの属名が使われる事があります。

 地下茎があり、直立し、高さ50~100cmになります。茎は4稜(断面四角形)があり、下向きの毛があります。葉は対生します。長さ5~15cm、幅3.5~7cmの広卵形で、鋸歯があり、葉脈上に短毛があります。先端は鋭頭。葉柄は翼があり1~5cm。

 花期は9月から10月。枝先や葉腋から5~20cmの円錐花序を出し、白色で淡青紫色を帯びた唇形花をつけます。花冠の長さは5~7mm。上唇は4裂して立ち上がり、紫色の斑点があり約2mm。下唇は浅く2裂した舟形で約3mmです。萼は5裂し、灰白色の短毛が密生します。雄しべは4本で、二強雄しべ。果実は堅果で長さ約1.5mmの小斑点がある楕円形です。

 茎葉を乾燥させたものを、生薬エンメイソウ(延命草)として、消化不良、食欲不振、腹痛などの緩和に用いられます。ジテルベン系苦味成分であるenmein、nodosin、oridoninが含まれます。

Japanese common name : hikiokoshi
e0038990_16121411.jpg
Isodon japonicus (Burm. f.) H. Hara
e0038990_1613236.jpg
花冠の長さは5~7mm
e0038990_16142948.jpg
(240x320/12kb)

e0038990_1615212.jpge0038990_16153679.jpg
左:高さは50~100cm 右:葉は対生し広卵形


ヒキオコシ(引起こし)
別名:エンメイソウ(延命草)
シソ科ヤマハッカ属
学名:Isodon japonicus (Burm. f.) H. Hara
花期:9~10月 多年草 草丈:50~100cm 花冠長:5~7mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Isodon : iso(等)+dons(歯)/ヤマハッカ属
japonicus : 日本の[japonicus(男性)/japonica(女性)/japonicum(中性)]
Burm. f. : Nicolaas Laurens Burman (1734-1793)
H. Hara : 原 寛 Hara Hiroshi (1911-1986)
---
Plectranthus : plectron(距)+ anthos(花)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川支流/内牧川上流 2006.10.27
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

21 November 2006
Last modified: 23 October 2010
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-11-21 00:00 | | Trackback | Comments(2)
ヤマハッカ(山薄荷)
 ヤマハッカ(山薄荷)は、シソ科ヤマハッカ属の多年草です。日本・朝鮮・中国に分布します。日本では、北海道から九州までに分布する在来種です。名の由来は、山に生えハッカに似る事から。

 シソ科(Lamiaceae Martinov (1820))は、北半球の地中海沿岸や中央アジアを中心に約250属7000種が分布します。日本には約28属90種があります。保留名である新エングラー体系でのシソ科の学名Labiataeは、Labea(唇)に基づいた名称で、戦前は唇形科とされていました。英名ではMint familyと言われるように、香気を持つものが多くあります。ヤマハッカ属(Isodon (Schrader ex Bentham) Spach, 1840)は、日本、中国、ヒマラヤ、東南アジアにかけて96種が分布します。Plectranthus[*]やRabdosiaの属名が使われる事があります。

 地下茎は木質化します。茎は4稜(断面四角形)があり、下向きの毛があります。上部で分枝して、高さ60cm~90cmになります。葉は対生します。広卵形で、長さ3~6cm、幅2~4cm。縁は鈍鋸歯、先端は鋭頭から鈍頭です。葉脈に毛があり、葉柄は0.5~3cmで翼があります。

 花期は9月から10月。枝先に2~15cmの穂状花序を出し、青紫色の唇形花1)を数段につけます。花冠は長さ7~9mm。上唇弁2)は4裂して蜜標である紫色の斑紋があり、下唇弁3)は2裂して内側に巻き舟形になります。雄しべは4本で、その内2本が長い二強雄ずいです。雄しべと雌しべ(葯と柱頭)は共に下唇弁に包まれます。蜜を求めに来た虫が下唇弁に乗ると下がり、雄しべと雌しべが現れて花粉を付着させる構造です。子房は花筒の奥にあります。

 染色体数は2n=24。果実は子房が4分裂して十字に割れる分果(mericarp)で4個あり、球形です。名前に関わらず、ハッカの代用にはなりません。上唇に線状の斑点が無いのはイヌヤマハッカ Isodon umbrosus (Maxim.) H.Hara です。

[*]Plectranthus : plectron(距)+ anthos(花)
1)唇形花(しんけいか):合弁花冠の一種。花冠の先が唇状に上下に分かれている花。
2)上唇弁(じょうしんべん):上唇。唇形花の上部分
3)下唇弁(かしんべん):下唇。唇形花の下部分

Japanese common name : Yama-hakka
e0038990_1852555.jpg
Isodon inflexus (Thunb.) Kudô

e0038990_1852166.jpge0038990_18522422.jpg
左:全体 右:葉は対生し、広卵形

e0038990_18525193.jpge0038990_1853272.jpg

左:花冠 右:額
e0038990_1853137.jpg
2011.10.18 安倍城跡


ヤマハッカ(山薄荷)
シソ科ヤマハッカ属
学名:Isodon inflexus (Thunb.) Kudô
花期:9月~10月 多年草 草丈:60~90cm 花冠長:7~9mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Isodon : iso(等)+dons(歯)/ヤマハッカ属
inflexa : inflexus(内曲した)
Thunb. : Carl Peter Thunberg (1743-1828)
Kudô : 工藤祐舜 Yushun Kudo (1887-1932)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川水系 内牧川/上流 2006.10.18
安倍城跡 2011.10.18
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

17 November 2006
Last modified: 18 October 2011
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-11-17 00:00 | | Trackback | Comments(0)
セキヤノアキチョウジ(関屋の秋丁字)
 セキヤノアキチョウジ(関屋の秋丁字)は、シソ科ヤマハッカ属の多年草です。本州の関東や中部地方平洋側に分布する在来種です。名の由来は、丁字形に花冠をつけ、秋咲きである事から。関屋とは、関所の番小屋の事で、関守のいる家。箱根に多く自生していた事から、ここでは箱根の関屋を指しています。英名は、日本語のsekiya-no-akichoujiと呼ばれます。

 シソ科(Lamiaceae Martinov (1820))は、北半球の地中海沿岸や中央アジアを中心に約250属7000種が分布します。日本には約28属90種があります。保留名である新エングラー体系でのシソ科の学名Labiataeは、Labea(唇)に基づいた名称で、戦前は唇形科とされていました。英名ではMint familyと言われるように、香気を持つものが多くあります。ヤマハッカ属(Isodon (Schrader ex Bentham) Spach, 1840)は、日本、中国、ヒマラヤ、東南アジアにかけて96種が分布します。Plectranthus*)やRabdosiaの属名が使われる事があります。

 山地の木陰に生える多年草です。茎は細く、四角柱状で無毛か微軟毛があります。枝分かれして高さ30~90cmになります。葉は対生します。長さ5~15cm、幅2~5cmの長楕円形で基部と先の両端で尖鋭形。鋸歯があり、葉裏に細毛、葉柄は0.5~2cm。

 花期は、9月~10月。枝先や葉腋から10~20cmの円錐花序を出し、多数の花を付けます。花柄は細く、長さ10~25mmで無毛。花は青紫色で、花冠長は12~18mm。長い管状の唇形で、上唇は4裂、下唇は浅く2裂し舟形になります。文字の丁のような花の付き方をします。小包葉に小斑点があります。萼は5裂し裂片は尖ります。雄しべ4個で、二長雄しべ。果実は小堅果で、長さ1.5mmの球形。

 同属のアキチョウジ(秋丁字)は、岐阜県以西に分布し、萼の先が尖らず、花柄に細毛があって10mm以下であることがセキヤノアキチョウジと異なる点です。

Japanese common name : Sekiya-no-akichouji
e0038990_18103337.jpg
Isodon effusa (Maxim.) H.Hara

e0038990_18105296.jpge0038990_18111557.jpg
左:花序 右:花冠後方から:葉序と先端が尖る萼
e0038990_18114599.jpg
花冠横向きの拡大
e0038990_1812721.jpg
花冠先端の拡大:上唇は4裂します
e0038990_18122028.jpg
明るい場所では紫色、暗い場所では青系に見える。2010.11.11


セキヤノアキチョウジ(関屋の秋丁字)
シソ科ヤマハッカ属
学名:Isodon effusus (Maxim.) H.Hara
花期:9月~10月 多年草 草丈:30~90cm 花冠長:12~18mm

e0038990_2163229.gif


【学名解説】
Isodon : iso(等)+dons(歯)/ヤマハッカ属
effusa : effusus(甚だしい開度の・非常に開いた・非常にばらばらの)
Maxim. : Carl Johann Maximowicz (1827-1891)
H.Hara : 原 寛:Hara Hiroshi (1911-1986)
---
*Plectranthus : plectron(距)+ anthos(花)
ヤマハッカ属保留名(Plectranthus L'Heritier, 1788)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川支流/内牧川上流 2006.10.25
安倍城跡(Alt.435m) 2010.11.11
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

2 November 2006
Last modified: 11 November 2010
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-11-02 00:00 | | Trackback | Comments(2)