タグ:ユリ属 ( 5 ) タグの人気記事
ササユリ(笹百合)
 ササユリ(笹百合)は、ユリ科ユリ属の多年草です。中部地方から九州にかけて分布する日本の特産種です。現在では希少植物となっています。名の由来は、葉の形状が笹の葉に似ているユリである事から。

 ユリ科(Liliaceae Juss. 1789)は、世界の温帯と熱帯に約240属4000種が分布します。ユリ属(Lilium L. (1753))は北半球の亜熱帯から亜寒帯に約100種類が分布します。15種類が日本に自生し、内7種類(ヤマユリ、サクユリ、ササユリ、オトメユリ、イワトユリ、ウケユリ、タモトユリ)は日本特産種です。ユリ属(Lilium C. Linnaeus, 1753)は、1925年に4亜属に分類されました。テッポウユリ亜属、ヤマユリ亜属、カノコユリ亜属です。その他に、これらを掛け合わせた種間雑種があります。

 明るく開けた草地や山地の林縁に自生します。球根(鱗茎)は無皮鱗茎で、白色の卵形。茎が短縮した低盤部に、葉が変形した鱗片が多数着生して多肉化したものです。1球に1茎を生じます。球根の基部から発生する下根(低出根・牽引根)と、茎の地下部から発生する上根(茎出根)があります。葉は短い柄があり、互生します。長さ7~15cmの披針形や楕円形で、笹の葉に似ています。茎は円柱形で、直立して草丈は50~100cmになります。

 花期は6月から7月。花茎の先に漏斗状鐘形の花を一つから複数個、横向きにつけます。倒皮針形の外花被片3個と内花被片3個によって構成される同花被花です。花冠は淡桃色で、個体によって濃度が異なり、白色もあり、芳香があります。花冠の長さは10~15cm。雄しべは6本で葯は赤褐色。子房は上位で3室。染色体数は、2n=24,36。果実は蒴果。熟すと裂開して、扁平な翼状構造の種翼を持つ種子を風によって飛散させます。

 実生から開花球へは5~7年を要し、栽培困難種の一つとなっています。自生地の減少もあり、自生地環境の整備保護が課題とされています。品種に、シロササユリ(白笹百合)Lilium japonicum Houtt. f. album (E.H.Wilson) Sugim.、ベニバナササユリ(紅花笹百合)Lilium japonicum Houtt. f. purpureum Terashita があります。 

Japanese common name : Sasa-yuri
e0038990_1172947.jpg
Lilium japonicum Houtt.

e0038990_1113018.jpge0038990_1113217.jpg
左:葉が笹に似ている。 右:雄しべは6本で葯は赤褐色。


ササユリ(笹百合)
ユリ科ユリ属
学名:Lilium japonicum Thunb.
花期:6月~7月 多年草 草丈:50~100cm 花径:13~14cm 花冠長:10~15cm

e0038990_2122812.gif

【学名解説】
Lilium : li(白)+lium(花)/ユリ属
japonicum : 日本の[japonicus(男性形)/japonica(女性形)/japonicum(中性形)]
Houtt. : Maarten Houttuyn (1720-1798)
---
f. : forma(品種)
album : albus(白色の)
E.H.Wilson : Ernest Henry Wilson (1876-1930)
Sugim. : 杉本順一 Junichi Sugimoto (1901- )
---
purpureum : purpureus(紫色の)
Terashita : 寺下隆喜代 Takakiyo Terashita (fl.1968- )

撮影地:静岡県静岡市
安倍城跡(Alt.435m) 2008.06.10
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

17 December 2008, 16 June 2012
Last modified: 11 April 2016
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2008-12-17 00:00 | | Trackback | Comments(0)
カノコユリ(鹿の子百合)
 カノコユリ(鹿の子百合)は、ユリ科ユリ属の多年草です。日本と中国、台湾が原産です。国内では九州と四国に自生する在来種です。名の由来は、花被片の斑点模様を鹿子斑に見立てたもの。英名は、showy lily、brilliant lily、lance-leaved lily等。

 ユリ科(Liliaceae Juss. 1789)は、世界の温帯と熱帯に約240属4000種が分布します。ユリ属(Lilium L. (1753))は北半球の亜熱帯から亜寒帯に約100種類が分布します。15種類が日本に自生し、内7種類(ヤマユリ、サクユリ、ササユリ、オトメユリ、イワトユリ、ウケユリ、タモトユリ)は日本特産種です。ユリ属は、1925年に4亜属に分類されました。テッポウユリ亜属、ヤマユリ亜属、カノコユリ亜属です。その他に、これらを掛け合わせた種間雑種があります。

 ユリの球根は、茎が短縮した低盤部に、葉が変形した鱗片が多数着生して多肉化したものです。1球に1茎を生じます。球根(母球)の基盤部から下根(低出根・牽引根)を出し、土中の地下茎に短い上根(茎出根)を出します。上根部分に木子を付けます。地上部の茎にムカゴ(珠芽)を付けるのは、日本の自生種ではオニユリ(鬼百合)だけです。球根は百合(びゃくごう)として生薬に用いられます。繁殖方法は種子と栄養繁殖があり、栄養繁殖では鱗片・木子・分球・珠芽を用います。カノコユリは木子繁殖が一般的です。

 草丈は50~170cm。葉は互生します。卵状披針形で、長さ12~18cm、幅2~6cm。花期は7月から8月頃。花は薄紅色を帯びた白色で、濃紅色の斑点と乳頭状突起があります。6花被片からなり、外側3枚の外花被、内側3枚の内花被があります。花冠径は10cm内外で、花被片は反り返り、斜め下向きに咲きます。6雄ずい、1雌ずいがあり、葯は赤褐色です。1869年にカノコユリとヤマユリの雑種が作られました。

Japanese common name : Kanoko-yuri
e0038990_11452649.jpg
Lilium speciosum Thunb.


カノコユリ(鹿の子百合)
ユリ科ユリ属
学名:Lilium speciosum Thunb.
花期:7月~8月 多年草 草丈:50~170cm 花径:10cm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Lilium : li(白)+lium(花)/ユリ属
speciosum : speciosus(美しい・華やかな)
Thunb. : Carl Peter Thunberg (1743-1828)

撮影地:静岡県静岡市
静岡県立大学薬用植物園 2006.07.25
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 8 August 2006
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-08-08 00:00 | 静岡県立大学薬用植物園 | Trackback | Comments(0)
タカサゴユリ(高砂百合)
 タカサゴユリ(高砂百合)は、ユリ科ユリ属の多年草です。原産地は、台湾です。日本では、東北の一部、本州関東以南、四国、九州、沖縄に分布します。名の由来は、台湾の百合である事から。別名のホソバテッポウユリ(細葉鉄砲百合)は、テッポウユリに似るが葉が細い事から。中国名は、臺灣百合。

 ユリ科(Liliaceae Juss.)は、世界の温帯と熱帯に約240属4000種が分布します。ユリ属(Lilium L.)は北半球の亜熱帯から亜寒帯に約100種類が分布します。15種類が日本に自生し、内7種類(ヤマユリ、サクユリ、ササユリ、オトメユリ、イワトユリ、ウケユリ、タモトユリ)は日本特産種です。ユリ属は、1925年に4亜属に分類されました。テッポウユリ亜属、ヤマユリ亜属、カノコユリ亜属です。その他に、これらを掛け合わせた種間雑種があります。これらの花は筒状で横向きに咲きます。

 日当たりの良い空地等に自生します。鱗茎があり、50~150cmに茎を立ち上げます。葉は、線形で幅約1cm、長さ約15cmで多数につけます。花期は、7月から10月。ラッパ状の花を茎の上部につけます。花弁6枚で、長さ約15cm、直径約13cm。花冠内側は白色で、外側に紫褐色の筋模様があります。

☆  ☆  ☆

 河川敷のとある草藪の中で、百合が咲いていました。テッポウユリ(鉄砲百合)かと思いましたが、葉が細いのでタカサゴユリ(高砂百合)ですね。どこにでもある普通のユリとはいえ、うっそうとした藪の中で、ひときわ清楚な雰囲気を醸し出していたので見とれました。

Japanese common name : Takasago-yuri
e0038990_903178.jpg
Lilium formosanum A.Wallace

e0038990_19451885.jpge0038990_19454564.jpg
左:花弁6枚 右:葉は線形で多数つける

e0038990_14142166.jpge0038990_14142628.jpg
左:蒴果の裂開部分 右:薄い円盤状の翼を持った種子


タカサゴユリ(高砂百合)
別名:ホソバテッポウユリ(細葉鉄砲百合)/タイワンユリ(台湾百合)
ユリ科ユリ属
学名:Lilium formosanum A.Wallace
花期:7~10月 草丈:50~150cm 花径:10~15cm(長さ20~25cm)

e0038990_12135938.gif


【学名解説】
Lilium : li(白)+lium(花)/ユリ属
formosanum : formosanus(台湾の)
A.Wallace : Alexander Wallace (1829-1899)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から8.75km 左岸河川敷 2005.08.15
賤機山 2017.11.17
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

20 August 2005
Last modified: 22 November 2017
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-08-20 00:00 | | Trackback(1) | Comments(2)
オニユリ(鬼百合)
 我が家から500m程離れた土手に、オニユリ(鬼百合)の群生が見られます。この場所のオニユリは、背丈が低く、遠目ではヤブカンゾウのように見えます。

 幾つかの場所で背丈のあるオニユリを見つけて、ムカゴ採取をしてみました。ユリは鱗(りん)茎から鱗片を取り出すか、その上に付いている木子(きこ)で増やす事ができますが、ムカゴで増やすのが一番簡単なようです。ムカゴ(珠芽)がつくのがオニユリ、つかないのがコオニユリ(小鬼百合)です。

 大きなヒマワリと同じように、このオニユリが咲くと夏本番を感じさせられます。

Japanese common name : Oni-yuri
e0038990_18344054.jpg
Lilium lancifolium Thunb.


オニユリ(鬼百合)
別名:テンガイユリ(天蓋百合)
ユリ科ユリ属
学名:Lilium lancifolium Thunb.
花期:7月~8月 多年草 草丈:100~200cm 花径:10~12cm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Lilium : li(白)+lium(花)/ユリ属
lancifolium : lancifolius=lancea(槍)+folium(葉)/披針形葉の
Thunb. : Carl Peter Thunberg (1743-1828)
---
コオニユリ(小鬼百合)
Lilium leichtlinii Hook.f. f. pseudotigrinum (Carrière) H.Hara et Kitam.
leichtlinii : Maximilian Leichtlin (1831-1910)氏の
Hook.f. : Joseph Dalton Hooker (1817-1911)
f. : forma(品種)
pseudotigrinum : pseudo(偽の)+tigrinus(虎模様)/虎模様のような
Carrière : Elie-Abel Carrière (1818-1896)
H.Hara : 原寛 Hiroshi Hara (1911-1986)
et : et alii(及び・命名者が2名の時など・&(and)に同じ)
Kitam. : 北村四郎 - Shirō Kitamura (1906-2002)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から8.5km 左岸土手 2005.07.19
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 21 July 2005
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-07-21 00:00 | | Trackback | Comments(0)
ヤマユリ(山百合)
 梅雨らしい天候の夕方でした。我が家の玄関先にヤマユリが咲きました。濃厚な香りがあります。発芽から開花までには5年程かかるそうです。ユリの王様とも称され、英名はgold-banded lily。

Japanese common name : Yama-yuri
e0038990_9375139.jpg
Lilium auratum Lindl.
e0038990_938285.jpg
斜面に咲くヤマユリは傾斜して花をつける。 2007.08.10

e0038990_93814100.jpge0038990_9382329.jpg


ヤマユリ(山百合)
別名:ヨシノユリ(吉野百合)/エイザンユリ(叡山百合)/ホウライジユリ(鳳来寺百合)
ユリ科ユリ属
学名:Lilium auratum Lindl.
花期:7~8月 多年草 花径:22~24cm 草丈:100~150cm

e0038990_2122812.gif

【学名解説】
Lilium : li(白)+lium(花)/ユリ属
auratum : auratus(黄金色の)
Lindl. : John Lindley (1799-1865)

撮影地:静岡県静岡市
葵区 2005.07.04
千代山 2007.08.10
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 4 July 2005
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-07-04 00:00 | | Trackback | Comments(0)