タグ:ラン科 ( 3 ) タグの人気記事
エビネ(海老根)
 エビネ(海老根)は、ラン科エビネ属の多年草です。日本、朝鮮、中国に分布し、日本では北海道から沖縄にかけて分布する在来種です。環境省レッドブックで準絶滅危惧(NT)。名の由来は、地下茎の形状を海老に見立てたもの。園芸愛好家の間ではジエビネ(地海老根)の名前が使われています。

 ラン科(Orchidaceae Juss. (1789))は、熱帯から亜寒帯に約700属、15000種以上、日本には約73属約220種が分布します。エビネ属(Calanthe R.Brown ex Ker-Gawler, 1821)は、東南アジア、東アフリカ、オーストラリア、南米などに変種を含んで約210種が分布し、日本には21種が自生します。

 山野の林内に自生します。球状で2cm程の偽鱗茎1)を地表浅く横に伸します。偽鱗茎からは径2~3mmの根を多数出します。葉は根生します。基部は花茎を抱き、披針状長楕円形で幅3~6cm、長さ15~30cmの薄い葉を2~3枚を出します。縦に5本の葉脈があり縮れます。茎の太さは3~5mm程で2~3個の小さな苞がつき、直立して高さ30~40cm。

 花期は4月から6月頃。総状花序を出し、径2~3cmの花を8~15個、下垂させてつけます。花柄は長さ約16mm。花は左右相称のラン形花冠で、幅約20~33mm。萼片(外花被片)3個と花弁(内花被片)がそれぞれ3個あり、萼片3個と花弁の2個(側花弁)は暗褐色で先が尖ります。花弁中央は唇弁で、白色や薄紫紅色、長さ約6.5mmで深く3裂し、さらに中央の中裂片は浅く2裂、3本の隆起線があります。基部が袋状の距となり長さ5~10mm、入口部に雄しべと雌しべが合着した蕊柱(ずいちゅう)があります。

 両性花。花粉は黄色で花粉塊となります。子房下位。果実は蒴果2)です。長さ3cm位の楕円形で、熟すと縦に6個の裂目ができて種子を飛ばします。種子は菌根菌に依存する微小な埃種子で多数あり、風によって散布されます。染色体数は、2n=40。

 品種(forma=f.)に、アカエビネ(赤海老根)C. f. rosea (Hatus.) Honda[萼片と側花弁が紫褐色で唇弁が淡紅色]、ダイダイエビネ(橙海老根)C. f. rufoaurantiaca (Iwata) Honda[萼片と側花弁が黄褐色で唇弁が白色]、があります。

 変種(varietas=ver.)に、カツウダケエビネ(嘉津宇岳海老根)C. var. kanashiroi Fuk.[沖縄県に分布]、ハノジエビネ(八の字海老根)C. var. divaricatipetala Ida[徳之島に分布]、があります。変種とされていた絶滅危惧IAのアマミエビネ(奄美海老根)C. var. amamiana(Fuk.)Masam.[奄美大島および徳之島に分布]はsynonym(異名)とされ、Calanthe amamiana Fukuy.に変更3)されました。

 1)偽鱗茎(ぎりんけい):蘭の複数の茎の節間にできる栄養貯蔵組織。
 2)蒴果(さくか):裂開果の一つで、熟すと果皮が割れて種子を出す果実。
 3)米倉浩司・梶田忠 (2003-)「BG Plants 和名-学名インデックス」(YList)

※以下の写真は、アカエビネ(赤海老根)です。

Japanese common name : Ebi-ne
e0038990_20165377.jpg
Calanthe discolor Lindl. f. rosea (Hatus.) Honda

e0038990_2017116.jpge0038990_20172275.jpg
全体 2本の花茎があるので合計6枚の葉が見える。花は8~15個つく。
e0038990_20174631.jpg
萼片と花弁が3個ずつあり、白っぽく見えるのが唇弁で3裂している。

e0038990_20192396.jpge0038990_20194524.jpg
左:地表浅くにある偽鱗茎。 右:前年度の古い葉。上に本年度の葉が見える。

e0038990_20203296.jpge0038990_20204148.jpg
葉は根生し、花茎を抱く。長さ15~30cmの薄い葉を2~3枚を出す。

e0038990_2022661.jpge0038990_20221770.jpg
左:花柄の下に白色の距があり、長さ5~10mm。 右:茎に付く披針形の苞(鱗片葉)

e0038990_20225923.jpge0038990_2023828.jpg
左:果実は蒴果で、窪んだ部分が裂けて種子を出す(6月4日)。右:裂開後(9月6日)。

e0038990_20233456.jpge0038990_20234484.jpg
2014年に出てきた新芽 2014.03.31


エビネ(海老根)
別名:ジエビネ(地海老根)
ラン科エビネ属
学名:Calanthe discolor Lindl.
花期:4月~6月 草丈:30~40cm 多年草 花径:2~3cm

e0038990_2163229.gife0038990_1449982.gif

【学名解説】
Calanthe : calos(美)+anthos(花)/エビネ属
discolor : dis(分離)+color(色)[異なる部分が二色の]
Lindl.: John Lindley(1799-1865)
---
f. : forma(品種)
rosea : roseus(バラ色の・淡紅色の)
Hatus. : 初島住彦 Sumihiko Hatusima (1906-2008)
Honda : 本田正次 Masaji Honda (1897-1984)

撮影地:静岡県静岡市
安倍城跡(Alt. 435m) 2013.04.21 - 06.04(果実) - 09.06(裂開後果実)
2014.03.31(新芽)
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

06 September 2013
Last modified: 06 April 2014
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2013-09-06 00:00 | | Trackback | Comments(4)
キンラン(金蘭)
 キンラン(金蘭)は、ラン科キンラン属の多年草です。日本、中国、朝鮮半島に分布し、国内では東北地方以西に分布する在来種です。環境省レッドデータブックでは、絶滅の危険が増大している種である、絶滅危惧II類(VU)に指定(1997年)されています。名の由来は、花色の黄色を金に見立てた蘭である事から。

 ラン科(Orchidaceae Juss. (1789))は、熱帯から亜寒帯に約700属、15000種以上が分布します。キンラン属(Cephalanthera L.C.Richard, (1818))は、東アジアやヨーロッパに約15種が分布します。

 山地の林下に自生します。根は細く、菌根(ectomycorrhiza)を形成し、樹木の根に共生する外菌根菌(ベニタケ科やイボタケ科の外菌根との説もあります)から栄養を摂取します。菌に寄生する依存度が高い共生関係にある為、栽培困難種の一つとされています。それで、根こそぎの盗掘を防ぐ目的で花茎を折ってしまう人が多いようです。草丈は30~50cmで、直立し、茎に稜があります。葉は5~8枚が互生します。長楕円形で長さ8~10cm、幅3cm程で平行脈があり、先端は尖り、基部は茎を抱きます。

 花期は4月から6月で、茎頂に総状花序を付け、3~12個の花を付けます。花冠は黄色で上向きに咲き、半開きになります。萼片(外花被片)は3個。花弁(内花被片)は3個で、側花弁(side lobe)2個と唇弁(lip)で構成されます。唇弁の基部は筒状で小さな距があり、先端は3裂し、黄褐色の筋が隆起します。

 雄しべと雌しべは合着して蘂柱(ずいちゅう : column)になります。蘂柱の頭にある大きな葯は、キンラン属Cephalantheraの由来「cephalos(頭)+anthera(葯)」となっています。花粉塊を形成します。子房下位。果実は朔果です。種子は、種皮と胚のみで構成され、極微小で多数あり、風によって散布されます。染色体数は、2n=34(2n=6L+28s=34 Mizuno T.), 68 。

 類似種に、品種のシロバナキンラン(白花金襴)Cephalanthera falcata (Thunb.) Blume f. albescens S.Kobay. 、茨城県に分布する、ツクバキンラン(筑波金襴)Cephalanthera falcata (Thunb.) Blume f. conformis Hiros.Hayak. et J.Yokoy. 、変種で花色が白のギンラン(銀蘭)Cephalanthera erecta (Thunb.) Blume var. elegans Masam. 、花色が白で葉が笹に似ているササバギンラン(笹葉銀蘭)Cephalanthera longibracteata Blume があります。

※写真のキンランは、雑木林の山道にぽつんと咲いていました。あたりを明るくするような雰囲気がありました。後日様子を見にいった所、花茎から折られて持ち去られていました。観察ができなくなったのは勿論、人の手によって減少に拍車をかけている事を残念に思いました。

Japanese common name : kin-ran
e0038990_10204243.jpg
Cephalanthera falcata (Thunb.) Blume

e0038990_10205956.jpge0038990_10222184.jpg
2008.05.17


キンラン(金蘭)
ラン科キンラン属
学名:Cephalanthera falcata (Thunb.) Blume
花期:4月~6月 多年草 草丈:30~70cm 花径:1cm

e0038990_2163229.gife0038990_14425468.gif

【学名解説】
Cephalanthera : cephalos(頭)+anthera(葯)/キンラン属
falcata : falcatus(鎌状の)
Thunb. : Carl Peter Thunberg (1743-1828)
Blume : Carl Ludwig von Blume (1796-1862)

撮影地:静岡県静岡市
安倍城跡(Alt.435m) 2008.05.17
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: August 13, 2008
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2008-08-13 00:00 | | Trackback | Comments(3)
ネジバナ(捩花)
 静岡市には幾つかの温泉があります。その内の一つである新田温泉・黄金の湯へ行ってきました。市営梅ヶ島温泉が廃止されて移転した温泉で、梅ヶ島より3km手前になりました。以前、その往復6kmを競歩練習で使った事があります。(注:競歩は山道で行う事はありません。歩形違反が続出して競技にならないでしょう)。政令指定都市になってから料金が安くなっています。私のお目当ては野草です。家族が温泉に浸かっている間、歩き回っていました。

 おなじみの花の中に、ネジバナ(捩花)が咲いていました。残念ながら撮影してきませんでした。今年初めて見つけたネジバナの写真を引っ張り出してきました。私が観察した範囲では、初夏に咲く花はピンク色で、暑い盛りに姿を消し、再び咲き始める花は赤が強く出るように思いました。

Japanese common name : Neji-bana
e0038990_8413415.jpg
Spiranthes sinensis (Pres.) Ames var. amoena (M.Bieb.) H.Hara


ネジバナ(捩花)
別名:モジズリ(捩摺) その他:ネジリバナ
ラン科ネジバナ属
学名 Spiranthes sinensis (Pres.) Ames var. amoena (M.Bieb.) H.Hara
花期:6月~8月 多年草 草丈:10~40cm 花径:2~5mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Spiranthes : speira(螺旋)+anthos(花)/ネジバナ属
sinensis : 支那(中国)の
Ames:Oakes Ames (1874-1950)
var. : varietas(変種)
amoena : amoenus(愛すべき、人に好かれる)
M.Bieb. : Friedrich August Marschall von Bieberstein (1768-1826)
H.Hara : 原寛 Hiroshi Hara (1911-1986)

撮影地:静岡県静岡市
藁科川(安倍川水系) 2km左岸土手 2005.06.14
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

19 September 2005
Last modified: 24 June 2010
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-09-19 00:00 | | Trackback | Comments(2)