タグ:リンドウ科 ( 4 ) タグの人気記事
アケボノソウ(曙草)
 アケボノソウ(曙草)は、リンドウ科センブリ属の2年草です。日本、中国、ヒマラヤに分布します。日本では、北海道から九州に自生する在来種です。名の由来は、花被片にある模様を夜明けの空(曙)に見立てたものと言われています。中国名は、獐牙菜(zhāng yá cài)。

 リンドウ科(Gentianaceae Juss. (1789))は、世界に約80属1000種が分布し、日本には10属約30種が分布します。センブリ属(Swertia L. (1753))は、世界に約80種、日本には9種あります。

 山地の湿潤な場所に自生します。発芽後はロゼットで過ごし、2年目に茎を伸ばします。茎には4稜があり、分枝しながら高さ60~90cmになります。葉は、互生します。根生葉は長い柄があり楕円形、花期には無くなります。茎生葉に柄は無く、卵状で3本の葉脈が目立ち、全縁、無毛で、長さ5~16cm、幅2~5cm。

 花期は9月から10月。葉腋から分枝して集散状円錐花序を付けます。花冠は白色で、星形に5深裂し、鋭頭で、径約2cm。4~7深裂するものもあります。裂片は約10mmで、先端に紫色の点状斑点があり、中程に円形で黄緑色の蜜腺である腺体が2個横に並びます。蟻、蜂、蠅などが介在します。萼裂片は広倒披針形で長さ約5mm。果実は蒴果です。種子は長さ約1mmで瘤状突起があります。染色体数は、2n=18,24。

 紫色の斑点が無い品種の、ホシナシアケボノソウ(星無し曙草)Swertia bimaculata (Siebold et Zucc.) Hook.f. et Thomson ex C.B.Clarke f. impunctata (Makino) Satake があります。ミヤマアケボノソウ(深山曙草)Swertia perennis L. subsp. cuspidata (Maxim.) H.Hara は、花色が紫色です。

Japanese common name : Akebono-sou
e0038990_20474587.jpg
Swertia bimaculata (Siebold et Zucc.) Hook.f. et Thomson ex C.B.Clarke

e0038990_20575439.jpge0038990_20582693.jpg
4裂した花冠。通常は5裂だが4~7裂もある。緑色の腺体は2個。雄しべは裂片と同数。

e0038990_20595375.jpge0038990_2101077.jpg
左:3脈が目立つ葉。茎生葉は葉柄が無い。 右:蕾。葉腋から分枝して花柄を出す。


アケボノソウ(曙草)
リンドウ科センブリ属
学名:Swertia bimaculata (Siebold et Zucc.) Hook.f. et Thomson ex C.B.Clarke
花期:9月~10月 2年草 草丈:60~90cm 花冠径:約2cm

【学名解説】
Swertia : Emanuel Sweert (1552-1612)に因む/センブリ属
bimaculata : bimaculatus(二斑点がある)
Siebold : Philipp Franz von Siebold (1796-1866)
et : et alii(及び・命名者が2名の時など・&(and)に同じ)
Zucc. : Gerhard Zuccarini (1790-1848)
Hook.f. : Joseph Dalton Hooker (1817-1911)
Thomson : Thomas Thomson (1817-1878)
ex : ~による
C.B.Clarke : Charles Baron Clarke (1832-1906)
---
f. : forma(品種)
impunctata : im(無い)+punctatus(斑点)
Makino : 牧野富太郎 Tomitaro Makino (1862-1957)
Satake : 佐竹義輔 Yoshisuke Satake (1902-2000)
---
perennis : 多年生の
L. : Carl von Linne (1707-1778)
subsp. : subspecies(亜種)
cuspidata : cuspidatus(急に尖った)
Maxim. : Carl Maximowicz (1827-1891)
H.Hara : 原 寛 Hiroshi Hara (1911-1986)

撮影地:静岡県静岡市
林道高山線(Alt. ca.490m地点) 2016.10.12
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 5 January 2017
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2017-01-05 00:00 | | Trackback | Comments(0)
センブリ(千振)
 センブリ(千振)は、リンドウ科センブリ属の二年草です。日本、中国、朝鮮半島に分布し、日本では北海道、本州、四国、九州に分布する在来種です。名の由来は、千回振り出し(=煎じ)ても苦みが残ると言われる事から。三大民間薬1)の一つです。

 リンドウ科(Gentianaceae Juss. (1789))は、世界に約80属1000種が分布し、日本には10属約30種が分布します。センブリ属(Swertia L. (1753))は、世界に約80種、日本には9種あります。

 日当たりの良い山野に自生します。根は黄褐色の毛状根。1年目は根生葉を車輪状に出し、2年目に茎を立ち上げます。茎は紫褐色で直立し、4稜(四角)で径1~2mm。草丈15~20cmになり、上部で分岐します。葉は対生します。線状披針形で、幅2.5mm、長さ10~42mmの全縁、尖頭、無柄。

 花期は8月から11月頃。茎先や葉腋から緑色の長柄を出し、先端に花をつけて円錐花序を形成します。花冠は白色で紫色の条線が入った4~5深裂の合弁花。裂片は狭長楕円形で長さ10~15mm。萼は裂片数と同数で線形。裂片基部に楕円形の蜜腺2個と白い線毛があります。雄しべは5本。果実は蒴果です。披針形で、2裂して種子を出します。種子は径約0.4mmで多数。染色体数は、2n=18,20,24。

 生薬名は当薬(とうやく)で、苦味(くみ)配糖体であるスウェルチアマリン等2)を有する苦味健胃剤(食欲増進、胃液分泌促進等)として用いられます。

1) 三大民間薬:
ドクダミ(毒溜)Houttuynia cordata Thunb.
 日本薬局方「ジュウヤク」(十薬)
センブリ(千振)Swertia japonica (Schult.) Makino
 日本薬局方「センブリ」(当薬)
ゲンノショウコ(現の証拠)Geranium thunbergii Siebold ex Lindl. et Paxton
 日本薬局方「ゲンノショウコ」

2) 含有成分(Swertiae Herba):
スウェルチアマリン(Swertiamarin)、スウェロシド(Sweroside)、アマロゲンチン(Amarogentin)、ゲンチオピクロシド(Gentiopicroside)、ベリジホリン(Bellidifolin)

類似種:
ムラサキセンブリ(紫千振)
Swertia pseudochinensis H.Hara 《準絶滅危惧(NT)》
イヌセンブリ(犬千振)
Swertia tosaensis Makino 《絶滅危惧Ⅱ類(VU)》
(Swertia diluta (Turcz.) Benth. et Hook.f. var. tosaensis (Makino) H.Hara)

Japanese common name : Sen-buri
e0038990_2001185.jpg
Swertia japonica (Schult.) Makino

e0038990_2002548.jpge0038990_2004398.jpg
花冠は合弁花で、裏は紫色を帯び、内側は紫色の条線がある。葉は細く、対生する。

e0038990_2005745.jpge0038990_2011177.jpg
左:雄しべ5。 右:乾燥した花冠(2012.02.07)。果実は蒴果で2裂する。


センブリ(千振)
リンドウ科センブリ属
学名:Swertia japonica (Schult.) Makino
花期:8月~11月 2年草 草丈:15~20cm 花径:2~3cm

【学名解説】
Swertia : Emanuel Sweert (1552-1612)*に因む/センブリ属
japonica : 日本の[japonicus(男性形)/japonica(女性形)/japonicum(中性形)]
Schult. : Josef (Joseph) August Schultes (1773-1831)
Makino : 牧野富太郎 Tomitaro Makino (1862-1957)
*オランダの園芸家、画家

e0038990_20531140.gife0038990_2163229.gif

撮影地:静岡県静岡市
ダイラボウ(Alt.560.8m) 2011.10.27
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 09 February 2012
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2012-02-09 00:00 | | Trackback | Comments(0)
ツルリンドウ(蔓竜胆)
 ツルリンドウ(蔓竜胆)は、リンドウ科ツルリンドウ属の多年草です。日本、中国、朝鮮、サハリン、千島列島に分布し、日本では北海道、本州、四国、九州に分布する在来種です。名の由来は、蔓性のリンドウ(竜胆)である事から。

 リンドウ科(Gentianaceae Juss. (1789))は、世界に約80属1000種があり、日本には10属約30種が分布します。ツルリンドウ属(Tripterospermum Blume, 1826)は、世界に約500種あり、日本には13種があります。属名Tripterospermumは、種子に3枚の翼がある事による命名です。リンドウ属との違いは果実が液果であることです。

 山地の木陰に自生します。細い茎は紫褐色の蔓状で、地表を這うか他の物に絡まって30~80cm程の長さになります。葉は対生します。基部が心形の卵状披針形で、長さ3~8cm、主脈の両側に支脈が走る三縦脈があります。

 花期は8月から10月。葉腋から淡紫色から白色の鐘形花冠をつけます。萼は5中裂し、長さ15~20mm。花冠は筒状で、長さ2.5~3cm、先端が5裂して広がった線状披針形の裂片になります。裂片の間に3角形の小さな副裂片があります。雄しべ5個、雌しべ1個。雄性先熟。子房上位。染色体数は、2n=46。

 果実は液果です。楕円球形で、長さ約8mm、残存花柱があります。熟して赤くなりますが、リンドウのように2裂しません。果肉は乳白色。種子は約2mmで、翼があります。

 品種に、花冠が白く萼が薄緑色のシロバナツルリンドウ(白花蔓竜胆)Tripterospermum japonicum (Siebold et Zucc.) Maxim. var. japonicum f. albiflorum Honda があります。

参考:リンドウ(竜胆)

Japanese common name : Turu-rindou
e0038990_026623.jpg
Tripterospermum japonicum (Siebold et Zucc.) Maxim.

e0038990_0285398.jpge0038990_029650.jpg
蕾 2008.8.29

e0038990_0262793.jpge0038990_026454.jpg
2008.8.29

e0038990_0273883.jpge0038990_0275266.jpg
シロバナツルリンドウ(白花蔓竜胆) 2008.10.27
Tripterospermum japonicum (Siebold et Zucc.) Maxim. var. japonicum f. albiflorum Honda
e0038990_0293121.jpg
果実は液果 2008.11.18

★ ★ ★

 赤い実は目立ちますが、花は小さいので目立ちません。咲いていても気が付かない場合があります。花の話題が少ないのは、このような理由によるのかもしれません。ちなみに下の写真をご覧下さい。

e0038990_0294591.jpge0038990_0295653.jpg
ただの切り株ですが・・・中央をよく見て下さい。咲いていますね。安倍城跡 2010.10.11


ツルリンドウ(蔓竜胆)
リンドウ科ツルリンドウ属
学名:Tripterospermum japonicum (Siebold et Zucc.) Maxim.
花期:8月~10月 多年草 草丈:30~80cm(蔓性) 花冠長:25~30mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Tripterospermum : treis(3)+pteris(翼)+sperma(種子)/ツルリンドウ属
japonicum : 日本の[japonicus(男性形)/japonica(女性形)/japonicum(中性形)]
Siebold : Philipp Franz von Siebold (1796-1866)
et : et alii(及び・命名者が2名の時など・&(and)に同じ)
Zucc. : Joseph Gerhard Zuccarini (1797-1848)
Maxim. : Carl Johann Maximowicz (1827-1891)
---
シロバナツルリンドウ(白花蔓竜胆)
Tripterospermum japonicum (Siebold et Zucc.) Maxim. var. japonicum f. albiflorum Honda
var. : varietas(変種)
f. : forma(品種)
albiflorum : albiflorus(白花の)
Honda : 本田正次 Masaji Honda (1897-1984)

撮影地:静岡県静岡市
安倍城跡(Alt.435m) 2008.8.29, 2008.11.18, 2010.10.11
高山(牛ヶ峰 Alt.717m)2008.10.27, 2014.09.24
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

11 October 2010
Last modified: 16 November 2016
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2010-10-11 00:00 | | Trackback | Comments(0)
リンドウ(竜胆)
 リンドウ(竜胆)は、リンドウ科リンドウ属の多年草です。シベリア、中国、朝鮮半島、日本に分布します。日本では、本州、四国、九州、沖縄に分布します。名の由来は、漢方生薬の竜胆(龍膽・リュウタン)が転訛したものと言われています。英名は、Japanese gentian。

 リンドウ科(Gentianaceae Juss. (1789))は、世界に約80属1000種があり、日本には10属約30種が分布します。リンドウ属(Gentiana L. (1753))は、アフリカを除く熱帯と温帯に約500種があり、日本には13種が自生します。

 山野に自生します。淡黄色の根茎があり、生薬として用いられます。竜胆(リュウタン)、及びゲンチアナ(Gentiana)は日本薬局方に収録され、苦味健胃薬として用いられます。茎は枝分かれせず直立して20~80cmになります。葉は対生します。茎を抱き、長さ4~12cm、幅1~3cmの披針形で先が尖ります。主脈の両側に支脈が走る三縦脈があり、葉の縁にざらつきがあります。

 花期は9月~11月。茎頂や葉腋上部に青紫色の鐘形花冠を上向きにつけます。花冠色は、アントシアニン色素のゲンチオデルフィン(Gentiodelphin)によります。花冠は、長さ4~5cm、幅1.5~3cmの筒状で、先が5裂して広がった線状披針形の裂片になります。裂片の間に3角形の小さな副裂片があります。花冠内面に茶褐色の斑点が線状に並びます。温度傾性があり、晴れて陽が差した時に花冠を開き、曇りや夜間では花冠を閉じます。

 萼片は5つに深く裂けた狭長片。雄しべは5本。雄性先熟です。子房の周囲を雄しべが取り囲み、子房基部に蜜腺があります。雄しべの花粉放出が終わると、雌しべ柱頭が2裂します。子房上位。染色体数は2n=26。果実は赤色、長莢状の蒴果で、二つに裂けて楕円形の種子を排出します。

 よく似た種類に、蔓になるツルリンドウ(蔓竜胆)があります。

Japanese common name : rindou
e0038990_21394570.jpg
Gentiana scabra Bunge var. buergeri (Miq.) Maxim.

e0038990_16542257.jpge0038990_16543587.jpg
左:晴れた日に花冠が開く 右:奥の花冠はねじれて閉じている

e0038990_16581594.jpge0038990_16582638.jpg
花色が薄いものもある
e0038990_16591074.jpg
子房の周囲を雄しべが取り囲む。子房基部に蜜腺がある

e0038990_16594636.jpge0038990_1659552.jpg
左:雄しべが花冠側に広がった状態 2008.11.18 右:果実は蒴果 2008.11.17


リンドウ(竜胆)
リンドウ科リンドウ属
学名:Gentiana scabra Bunge var. buergeri (Miq.) Maxim.
花期:9月~11月 多年草 草丈:20~80cm 花冠長:4~5cm 花冠径:1.5~3cm

e0038990_2163229.gife0038990_23292459.gif

【学名解説】
Gentiana : イリュリア最後の王Gentius(ruled 180-168 B.C)に因む/リンドウ属
scabra : scaber(でこぼこした・ざら付いた)*scabra,scabrum
Bunge : Alexander Andrejewitsch von Bunge (1803-1890)
var. : varietas(変種)
buergeri : Heinrich Bürger (1806-1858))氏の (日本植物の採集家ブュルゲル)
Miq. : Friedrich Anton Wilhelm Miquel (1811-1871)
Maxim. : Carl Johann Maximowicz (1827-1891)

撮影地:静岡県静岡市
大山(Alt. 986m)/突先山(Alt. 1021.7m) 2008.10.29
高山(牛ヶ峰 Alt. 717m) 2008.11.17
安倍城跡(Alt. 435m) 2008.11.18
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 08 October 2010
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2010-10-07 00:00 | | Trackback | Comments(0)