タグ:早春 ( 3 ) タグの人気記事
早春の野草・その6
 シロバナタンポポが気になって、昨年咲いていた場所へ出かけてみました。土手斜面にたくさん咲いているタンポポを観察していると、土手を通りかかった中年女性が声をかけてきました。「花を見てんの?」「はい」「何? 植物の研究者?」「いいえ、違います。趣味で……」「だって、そういう顔に見えるよ」。いったい、どういう顔が植物学者なんだ?と疑問に思いながら観察を続けました。トウカイタンポポが圧倒的に多くて、シロバナタンポポは中ぐらい、カントウタンポポは少なめ、セイヨウタンポポはついに見つけられませんでした。

 ■カントウタンポポ(関東蒲公英)は、関東から東海地方東部に分布する在来種です。総苞外片は反り返えらず、総苞外片が総苞内片の1/2程の長さになります。染色体数は、2n=2x=16。2倍体で、両性生殖します。

Japanese common name : Kantou-tanpopo
e0038990_2358499.jpg
Taraxacum platycarpum Dahlst.
e0038990_2359817.jpg
総苞外片は総苞内片の約1/2の長さ

カントウタンポポ(関東蒲公英)
別名:アズマタンポポ(東蒲公英)
キク科タンポポ属
学名:Taraxacum platycarpum Dahlst.
花期:3月~6月 多年草 草丈:10~25cm 花径:2~3cm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Taraxacum : tharakhchakon(苦い草)の変形/タンポポ属
platycarpum : platycarpus(平ったい果の・大きな果実の)
Dahlst. : Hugo Gustav Adolf Dahlstedt (1856-1934)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川(河口から6.5km左岸) 支流・辰起川 2007.02.06



 ■シロバナタンポポ(白花蒲公英)は、西日本に多い在来種です。総苞外片が僅かに反り返ります。染色体数は、2n=5x=40。5倍体で、単為生殖します。

Japanese common name : Sirobana-tanpopo
e0038990_095077.jpg
Taraxacum albidum Dahlst.

e0038990_010413.jpge0038990_0101974.jpg
左:頭花 右:総苞外片は僅かに反り返る

e0038990_0103359.jpge0038990_01045100.jpg
左:頭花は舌状花の集まり 右:種子は痩果で茶色

シロバナタンポポ(白花蒲公英)
キク科タンポポ属
学名:Taraxacum albidum Dahlst.
花期:2月~5月 多年草 草丈:10~30cm 花径:35~45mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Taraxacum : tharakhchakon(苦い草)の変形/タンポポ属
albidum : albidus(淡白色の)
Dahlst. : Hugo Gustav Adolf Dahlstedt (1856-1934)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川(河口から6.5km左岸) 支流・辰起川 2007.02.06

Last modified: 7 February 2007
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2007-02-07 00:00 | | Trackback | Comments(4)
早春の野草・その3
 安倍川(静岡市)の河川敷では、在来種のタンポポが優勢です。外来種のセイヨウタンポポはあまり多くはありません。花期にタンポポの群落が現れると、あたりが明るい様相に一変します。しかしながら、タンポポと一口に言っても、多くの種類があります。世界に約400種、日本に約22種あると言われています。ありふれたタンポポに見えますが、判別が大変難しいものの一つです。正確に特定しようとしたら染色体数等の分析が必要となります。なお、タンポポの頭花は舌状花の集合体です。

 ■トウカイタンポポ(東海蒲公英)は、在来種です。外総苞片が反り返らず、外総苞片の先端に著しい角状突起があります。外総苞片が内総苞片の2/3以上あるのが特徴です。染色体数は2n=2x=16。2倍体で、両性生殖します。

Japanese common name : Toukai-tanpopo
e0038990_21265369.jpg
Taraxacum platycarpum Dahlst. var. longeappendiculatum (Nakai) Morita
e0038990_21152930.jpg
(480x640/45kB)


トウカイタンポポ(東海蒲公英)
別名:ヒロハタンポポ(広葉蒲公英)
キク科タンポポ属
学名:Taraxacum platycarpum Dahlst. var. longeappendiculatum (Nakai) Morita
synonym : Taraxacum longeappendiculatum Nakai
花期:2月~5月 多年草 草丈:10~30cm 花径:35~45mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Taraxacum : tharakhchakon(苦い草)の変形/タンポポ属
platycarpum : platycarpus(平ったい果の・大きな果実の)
Dahlst. : Hugo Gustav Adolf Dahlstedt (1856-1934)
var. : varietas(変種)
longeappendiculatum : longe(長い)+appendiculatus(附属物のある)
Nakai : 中井猛之進 Takenoshin Nakai (1882-1952)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から6.75km 右岸河川敷 2007.01.15



 ■セイヨウタンポポ(西洋蒲公英)は外来種です。生態系被害防止外来種(旧要注意外来生物)に指定されています。外総苞片が反り返ります。染色体数は2n=3x=24。3倍体で無性生殖を行いますが、遺伝の攪乱によって複雑になっています。果実が赤味を帯びているものをアカミタンポポ(赤実蒲公英) Taraxacum laevigatum DC. と言います。

Japanese common name : Seiyou-tanpopo
e0038990_21163933.jpg
Taraxacum officinale Weber ex F.H.Wigg.
e0038990_21164984.jpg
(480x640/64kB)

セイヨウタンポポ(西洋蒲公英)
キク科タンポポ属
学名:Taraxacum officinale Weber ex F.H.Wigg.
花期:4月~6月/9月~11月 多年草 草丈:30~40cm 花径:35~50mm

e0038990_1095350.gife0038990_12135938.gif

【学名解説】
Taraxacum : tharakhchakon | talkh chakok(苦い草)の変形/タンポポ属
officinale : officinalis(薬用の・薬効のある)
Weber : Georg Heinrich Weber (1752-1828)
ex : ~による
F.H.Wigg. : Friedrich Heinrich Wiggers (1746-1811)

撮影地:静岡県静岡市
葵区羽鳥 2007.01.25



 ■次のタンポポは、交雑種と思われます。葉緑体DNAが在来種の場合の雑種は、3倍体雑種(2n=3x=24)、4倍体雑種(2n=4x=32)、雄核単為生殖雑種(2n=3x=24)があります。

e0038990_21182168.jpg
Taraxacum spp.


撮影地:静岡県静岡市
駿河区谷田 2006.12.21

Last modified: 30 January 2007
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2007-01-30 00:00 | | Trackback | Comments(2)
早春の野草・その1
 寒々とした河川敷は枯れ草で茶色に見えます。そして、そこには何も無いように見えます。しかし、近づいて観察すると幾つかの花が咲いている事に気が付きます。

 ■昨年から咲いている、お馴染みのホトケノザ(仏の座)。例年より1ヶ月ほど早く咲き始めたようです。暖冬の影響でしょうか。農家の方も、花期はあてにならなくなったと嘆いています。

Japanese common name : Hotoke-no-za
e0038990_15522576.jpg
Lamium amplexicaule L.

e0038990_1554143.jpge0038990_15541561.jpg
右は、閉鎖花(240x320/11kB)

ホトケノザ(仏の座)
別名:サンガイグサ(三階草)
シソ科オドリコソウ属
学名:Lamium amplexicaule L.
花期:3月~6月 2年草(越年草) 草丈:10~30cm 花冠長:8~15mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Lamium : イラクサ様植物の古代ラテン名|laipos(喉)/オドリコソウ属
amplexicaule : amplexicaulis(茎を抱く)
L. : Carl von Linne (1707-1778)

撮影地:静岡県静岡市
内牧川(安倍川水系) 2007.01.12



 ■ホトケノザに良く似た、ヒメオドリコソウ(姫踊子草)も咲いています。この近くにはコハコベ(小繁縷)の群生が広がっていました。

Japanese common name : Hime-odoriko-sou
e0038990_15543426.jpg
Lamium purpureum L.

e0038990_15574360.jpge0038990_155757100.jpg
左:(480x640/25kB) 右:(240x320/13kB)

ヒメオドリコソウ(姫踊子草)
シソ科オドリコソウ属
学名:Lamium purpureum L.
花期:4月~6月 越年草 草丈:15~25cm 花冠長:1cm

e0038990_12135938.gif

【学名解説】
Lamium : イラクサ様植物の古代ラテン名|laipos(喉)/オドリコソウ属
purpureum : purpureus(紫色の)
L. : Carl von Linne(1707-1778)

撮影地:静岡県静岡市
内牧川(安倍川水系) 2007.01.12



 ■土手斜面や河川敷には、スイセン(水仙)も咲いています。夕日に照らされたスイセンは、和やかな雰囲気でした。植栽が元になっているとしたら、野草の範疇ではないのかもしれません。

※ニラ(韮)と混同した誤食事故が毎年のように起きています。ご注意下さい。

Japanese common name : Suisen
e0038990_15585694.jpg
Narcissus tazetta L. var. chinensis M.Roem.
e0038990_15591480.jpg
(480x640/50kB)

スイセン(水仙)
別名:ニホンズイセン(日本水仙)/セッチュウカ(雪中花)
ヒガンバナ科スイセン属
学名:Narcissus tazetta L. var. chinensis M.Roem.
花期:12月~4月 多年草(耐寒性球根) 花径:3~4cm 草丈:30~40cm

e0038990_12135938.gife0038990_10353896.gif

【学名解説】
Narcissus : ギリシャ神話の美少年ナルキッソスに因む/スイセン属
tazetta : 小さいコーヒー茶碗
L. : Carl von Linne (1707-1778)
var. : varietas(変種)
chinensis : 支那(中国)の
M.Roem. : Max Joseph Roemer (1791-1849)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から6.50km 右岸河川敷 2007.01.11

17 January 2007
Last modified: 12 March 12
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2007-01-17 00:00 | | Trackback | Comments(2)