タグ:有鱗目 ( 2 ) タグの人気記事
ヒガシニホントカゲ(東日本蜥蜴)
 ヒガシニホントカゲ(東日本蜥蜴)は、トカゲ科トカゲ属のトカゲです。通称、トカゲ(蜥蜴)。本州(東日本)、北海道、ロシア沿海地方に分布します。名の由来は、東日本のトカゲから。トカゲは語源不明で、戸陰(とかげ)、あるいは敏駆(とかけ)からとの説があります。蜥蜴は、中国語から。蝘蜓や石竜子とも表記されます。

 今までニホントカゲとされていたのもは、2012年に新分類1)され、西日本に棲息する種をニホントカゲ(日本蜥蜴)2)とし、東日本に棲息する種は新たにヒガシニホントカゲと命名され区分されました。外部形態3)とDNAバーコード4)による識別形質解析によるものです。東西の境界は滋賀や和歌山付近とされています。本州には、伊豆半島および伊豆諸島に棲息するオカダトカゲ(岡田蜥蜴)5)を加えて、3種類のトカゲがいる事になります。

 山地や日当たりの良い草地等に棲息します。体長は20cm前後で、尾の長さを含めない頭胴長(吻端から 総排出口後端まで)は、孵化幼体が約30mm、成体で約60~80mmです。幼体は黒地に薄茶色の縦縞が背面と側面に5本あり、背の中央線は頭頂部で二分岐します。尾は青色。2~3年で成体となります。成体は胴体と尾が褐色で、暗褐色の縦縞があります。一対の前肢と後肢があり、指は5本で爪があります。

 活動は昼行性です。変温動物のため日光浴で体温を上げ、呼吸を増やして体温を下げます。昆虫や蜘蛛、ミミズ等を捕食します。トカゲの仲間に見られる逃避時の尾の自切は本種でも見られ、自切面から切り離し、その後再生します。

 活動期は3月から10月頃。繁殖期は、4月から5月頃。6月頃に10個程を産卵します。卵は10mm程の長楕円形。7月から8月頃に孵化します。11月頃に巣穴で冬眠に入ります。体鱗列数は、26列(24~28列)。オカダトカゲの体鱗列数は、28列(26~30列)です。

 沖縄、トカラ列島には、準絶滅危惧(NT)のオキナワトカゲ(沖縄蜥蜴)Plestiodon marginatus (Hallowell, 1861)がいます。類似種に、カナヘビ科カナヘビ属のニホンカナヘビ(日本金蛇)がいます。

1)Okamoto T & Hikida T (2012) A new cryptic species allied to Plestiodon japonicus (Peters, 1864) (Squamata: Scincidae) from eastern Japan, and diagnoses of the new species and two parapatric congeners based on morphology and DNA barcode. Zootaxa 3436: 1–23.
※Taku Okamoto 岡本 卓(京都大学)、Tsutomu Hikida 疋田 努(1951-)
2)ニホントカゲ(日本蜥蜴)Plestiodon japonicus (Peters, 1864)
3)後鼻板、前額板、後唇板のパターン
4)mtDNA Cytochrome b 遺伝子領域の解析
5)オカダトカゲ(岡田蜥蜴)Plestiodon latiscutatus Hallowell, 1861
※Yaichiro Okada 岡田 彌一郎 (1892-1976)
参考文献:トカゲ属の学名変更~EumecesからPlestiodonへ~ 疋田 努 爬虫両棲類学会報 Vol. 2006 (2006) No.2 P 139-145

Japanese common name : Higasi-nihon-tokage
e0038990_12484218.jpg
Plestiodon finitimus Okamoto et Hikida, 2012

e0038990_1248558.jpge0038990_1249720.jpg
2014.07.11
e0038990_12492298.jpg
2014.07.11
e0038990_12494238.jpg
2014.09.15

e0038990_12495897.jpge0038990_0202739.jpg
成体 頭部が婚姻色の赤味を帯びた雄で噛まれた跡が残る(5月)
e0038990_12501090.jpg
幼体(9月)


ヒガシニホントカゲ(東日本蜥蜴)
有鱗目トカゲ亜目トカゲ科トカゲ属
学名:Plestiodon finitimus Okamoto et Hikida, 2012

e0038990_2163229.gif

分布:本州(近畿以東)、北海道、ロシア沿海地方
体長:16~25cm/頭胴長:3~8cm
活動期:3月~10月
産卵期:4月~5月(年1回)
食餌:昆虫、クモ等

撮影地:静岡県静岡市
安倍城跡(Alt. 435m) 2014.07.11, 2014.09.15, 2015.09.02
帆掛山(Alt. 304m) 2015.05.08
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 27 May 2016
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2016-05-27 00:00 | その他の生物 | Trackback | Comments(0)
ニホンカナヘビ(日本金蛇)
 ニホンカナヘビ(日本金蛇)は、カナヘビ科カナヘビ属の爬虫類で、トカゲの仲間です。日本固有種で、北海道から九州までの全国に分布します。名の由来は、日本固有のカナヘビから。カナヘビは、蛇状の長い尾を持ち体色が金属色なので金蛇、可愛いから愛蛇などの諸説があります。通常、略してカナヘビと呼ばれています。

 カナヘビ科(Lacertidae Oppel, 1811)は2亜科あり、約26属280種が分布します。カナヘビ属(Takydromus Daudin, 1802)は、約18種が分布し、日本には5種が分布します。

 低地から山地の草むらに生息します。全長は16~27cm程で、尾は全体の2/3を占めます。胴体のみは5~7cmです。全体に艶のない鱗に覆われています。背面の鱗は6列あり、6本の縦筋に見えます。腹面の鱗は8列あります。背面の体色は灰褐色、腹面は黄白色です。前肢と後肢の計四肢には5本の指があり、先端に鉤爪があります。舌は先が二つに分かれます。目と耳が目立ちます。

 昼行性で、昆虫や蜘蛛を補食します。変温動物なので日向に出て体を温めます。尾は切れやすく、捕まりそうになると自切して逃げ、その後再生します。繁殖は卵生で、5月から8月に複数回、浅い地中に1~8個の卵を産みます。ニホントカゲと異なり卵の保護は行われません。卵は白色で大きさは約10×6mm。1~2ヶ月で孵化します。幼体は黒褐色で体長5~6cm。地中で越冬します。

 日本に生息するカナヘビ属には次の種があります。( [個]は日本固有種)
サキシマカナヘビ(先島金蛇)Takydromus dorsalis Stejneger, 1904 [個]
ニホンカナヘビ(日本金蛇)Takydromus tachydromoides (Schlegel, 1838) [個]
アオカナヘビ(青金蛇)Takydromus smaragdinus (Boulenger, 1887) [個]
アムールカナヘビ(アムール金蛇)Takydromus amurensis (Peters, 1881)
ミヤコカナヘビ(宮古金蛇)Takydromus toyamai Takeda et Ota, 1996 [個]
※日本爬虫両棲類学会 日本産爬虫両生類標準和名(2015年5月28日改訂)の分類に従いました。この資料によると、Takydromusの和名はカナヘビ属であり、クサカナヘビ属の名称はつかわれていません。

参考:ヒガシニホントカゲ(東日本蜥蜴)

Japanese common name : Nihon-Kanahebi
e0038990_2342595.jpg
Takydromus tachydromoides (Schlegel, 1838)

e0038990_232231100.jpge0038990_2322488.jpg
左:目が可愛い? 右:鉤爪があり人の高さ程までは木を登れる

e0038990_23244411.jpge0038990_2325974.jpg
左:背面の様子 右:全体

e0038990_23262636.jpge0038990_23264728.jpg
牛ヶ峰(敷地ルート)2008.05.22 安倍城跡 2014.07.11


ニホンカナヘビ(日本金蛇)
有鱗目トカゲ亜目 カナヘビ科カナヘビ属
学名:Takydromus tachydromoides (Schlegel, 1838)

e0038990_2122812.gif

体長:16~27cm
活動期:4月~11月
繁殖期:5月~8月
分布:北海道・本州・四国・九州

撮影地:静岡県静岡市
千代山(Sendai-yama Alt.226m) 2007.04.30
高山(牛ヶ峰 Alt.717m) 2008.05.22
安倍城跡(Alt. 435m) 2014.07.11

10 June 2012
Last modified: 17 June 2016
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2007-05-16 00:00 | その他の生物 | Trackback | Comments(7)