タグ:桃色系 ( 7 ) タグの人気記事
ハマヒルガオ(浜昼顔)
 ハマヒルガオ(浜昼顔)は、ヒルガオ科ヒルガオ属の多年草です。世界に広く分布します。日本では、全国の浜辺に自生する在来種です。名の由来は、浜に生えるヒルガオ(昼顔)から。昼顔は、アサガオ(朝顔)に対して日中も咲いている事から。英名は、Sea bindweed、sea bells、等。

 ヒルガオ科(Convolvulaceae Juss. (1789))は熱帯から亜熱帯に約58属1650種が分布し、日本には4属があります。ヒルガオ属 (Convolvulus L. (1753))は、熱帯から温帯に約25種が分布し、日本には4種1)が自生します。

 暖地の海岸砂浜に自生します。地下茎を砂地に長く延ばし、群落を作ります。茎は蔓性で這います。葉は互生します。基部が心形の腎円形で、長さ2~4cm、幅3~5cm。革質で光沢があり、葉脈が目立ち、内側にやや反って丸まります。透明な細胞膜のクチクラ(Cuticula)層があり、表面を保護します。乾燥に強い構造です。

 花期は、5月から6月頃。葉腋から長い花柄を出し、花を付けます。包葉は1~1.5cmの卵形で2枚あり、5枚の萼片を囲みます。属名のCalystegiaは、calyx(萼)+ stege(蓋)で、この特徴を表しています。花冠は淡紅色の漏斗形の合弁花で、花径は4~5cm。花冠の先端は浅く5つに裂け星形となります。花冠底と5隅は白色で花冠先端まで伸びます。雄しべ5本、雌しべ1本で柱頭は2分岐します。花柱基部に5つの蜜壺があります。夕方には萎む一日花です。

 果実は蒴果です。苞と萼に包まれた球形で、長さ1.5~2cm。内部に空室があり水に浮きます。種子は黒色で4個あり、長さ約5~8mm。繁殖は実生の他、地下茎でも行われます。染色体数は、2n=22。

 品種として、シロバナハマヒルガオ(白花浜昼顔)Calystegia soldanella (L.) R.Br. f. albiflora H.Hara 、花色の濃いベニバナハマヒルガオ(紅花浜昼顔)Calystegia soldanella (L.) R.Br. f. rubriflora Asai があります。

1)ハマヒルガオ(浜昼顔)、コヒルガオ(小昼顔)、ヒルガオ(昼顔)、ヒロハヒルガオ(広葉昼顔)。

Japanese common name : Hama-hirugao
e0038990_14392768.jpg
Calystegia soldanella (L.) R.Br.

e0038990_20193318.jpge0038990_20194398.jpg
蕾は花冠をねじりながら伸びてくる。

e0038990_20202162.jpge0038990_20203189.jpg
ハマヒルガオの群落。小さな葉はテリハノイバラで、生育地が競合している。

e0038990_20213574.jpge0038990_20215081.jpg
左:2枚の抱葉が5枚の萼を囲む。右:葉は肉厚で葉脈が目立つ腎円形。
e0038990_14403383.jpg
花柱基部に5つの蜜壺がある。柱頭は2分岐する。蟻が介在。

e0038990_20223372.jpge0038990_2022447.jpg
花冠が縮れながら萎み、枯れた後、成熟した蒴果となる。
e0038990_20234080.jpg
2010.05.18
e0038990_1443195.jpg
2016.04.26 背景の細長い葉は、コウボウムギ(弘法麦)
e0038990_1443378.jpg
2016.04.26 大浜海岸


ハマヒルガオ(浜昼顔)
ヒルガオ科ヒルガオ属
学名:Calystegia soldanella (L.) R.Br.
花期:5月~6月 多年草 匍匐性 草丈:5~20cm 花冠径:4~5cm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Calystegia : calyx(萼)+ stege(蓋)/ヒルガオ属
soldanella : 小さい貨幣/イワカガミダマシ属(Soldanella)の転用
L. : Carl von Linne (1707-1778)
R.Br. : Robert Brown (1773-1858)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口左岸浜辺 2010.05.18, 2016.04.19 2016.04.26
大浜海岸 2016.04.26
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 28 April 2016
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2016-04-28 00:00 | 海辺の植物 | Trackback | Comments(0)
オオガハス(大賀蓮)
 オオガハス(大賀蓮)は、ハス科ハス属の多年草です。千葉県検見川の約2000年前(弥生時代後期)の遺跡で発見された種子から開花1)した古代蓮です。大賀一郎博士2)によって発芽に成功したもので、彼の名前が冠せられています。二千年ハスとも言われます。長年にわたって遺伝的攪乱が無かった古代のハスという事に意味がありますが、在来のハスの一つで、学名が異なるわけではありません。アジア(イラン、インド、中国)やオーストラリアに分布します。日本では全国に分布します。名の由来は、古名のハチス(蜂巣)からと言われています。英名は、Indian lotus。

 ハス科(Nelumbonaceae A.Rich. (1827))は、1科1属です。ハス属(Nelumbo Adanson, 1763)は、アジア種のハス(蓮)Nelumbo nucifera Gaertn.とアメリカ種であるキバナハス(黄花蓮)Nelumbo lutea Willd.の2種が分布し、カスピ海種Nelumbo caspicumを含めて3種があるとされています。

 抽水植物です。水辺に生育する植物は水生植物(Aquatic Plant)と言われ、淡水域に生育する植物の総称です。水生維管束植物は世界に約1000種、日本に約100種あると言われています。抽水植物は、根が水底の土中にあり、一定期間、葉や茎の一部が水面に出る植物を言います。根が水に浸かった地に張り、茎や葉の一部が水上に出る植物の事です。当然ながら根は水没しているわけで、根に酸素を供給する必要があるため、茎には通気組織があります。水質の浄化機能、生物の繁殖・生育に役立つとされています。他に、葉を水面に浮かせる浮葉植物、水底に根を張らずに浮く浮漂植物、全てが水中にある沈水性植物があり、湿地や湿原に生育するものも含まれます。

 沼地で生育します。地下茎は太く長い多節の根茎で、レンコン(蓮根)として食用にします。根茎や茎には空気を通すための中空洞があります。葉柄を水面より上に出し、径25~90cm程の撥水性のある楯形葉 3)を単生させます。葉柄は葉の中央につき、葉脈を放射状に伸ばします。

 花期は、7月から8月頃。花茎を50~100cmに伸ばし、茎頂に直径10~20cm程の花を1個つけます。萼片は2~5個。花弁は10~30個で舟形。花色は薄桃色。花弁中央部に花托があり、黄色の雄しべを周囲に多数付けます。両性花です。朝開夕閉の傾光性があり、数日繰り返します。ハスの花をレンゲ(蓮華)とも言います。

 花弁を落とした後に蜂の巣状の果托4)が残ります。果実は堅果です。始め緑色で茶色に熟します。種子は楕円形状。澱粉を多く含みます。種子や地下茎で繁殖します。乾燥果実を生薬のレンニク(蓮肉)として、鎮静、滋養強壮に用いられます。

1) 1952(昭和27)年7月18日に開花、1954(昭和29)年に千葉県の天然記念物「検見川の大賀蓮」とされました。その後、国内外に移植されています。古代ハスは、行田蓮(1400-3000年前)、中尊寺ハス(800年前)等があります。
2) 大賀一郎 Ichiro Ohga (1883-1965) 理学博士
3) 楯形葉(じゅんけいよう):葉身の中央に葉柄がつく葉(peltate leaf)。
4) 果托(かたく):花弁の土台になるのが花托(receptacle)で、種子の土台になるのが果托(fruit receptacle)。時期によって異なる名称になるが、花柄の先が肥大した植物の器官で同じ部分。

Japanese common name : Ohga-hasu
e0038990_20221959.jpg
Nelumbo nucifera Gaertn.

e0038990_20223058.jpge0038990_20224282.jpg
円形の楯形葉。葉柄は葉の中央につく。

e0038990_20231460.jpge0038990_20232491.jpg
蜂の巣状の果托
e0038990_17263364.jpg
種子


オオガハス(大賀蓮)
別名:コダイハス(古代蓮)
ハス科ハス属
学名:Nelumbo nucifera Gaertn.
花期:7月~8月 多年草(水性) 草丈:50~100cm 花径:15~20cm

e0038990_2163229.gif


【学名解説】
Nelumbo : ハスを意味するタミル語/ハス属
nucifera : nuciferum(堅果を持った)
Gaertn. : Joseph Gaertner (1732-1791)

撮影地:静岡県焼津市
サッポロビール静岡工場ビオトープ園 2015.08.12
[Location : Yaizu City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 23 November 2015
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2015-11-23 08:00 | 水辺の植物 | Trackback | Comments(0)
ヒルガオ(昼顔)
 ヒルガオ(昼顔)は、ヒルガオ科ヒルガオ属の越年草です。日本・中国・朝鮮が原産です。国内では北海道(少量)、本州、四国、九州に分布する史前帰化植物です。名の由来は、アサガオ(朝顔)との対比で昼に開花することによります。英名は、False bindweed。

 ヒルガオ科(Convolvulaceae Juss. (1789))は熱帯から亜熱帯に約58属1650種が分布し、日本には4属があります。ヒルガオ属 (Convolvulus L. (1753))は、熱帯から温帯に約25種が分布し、日本には4種1)が自生します。

 白い地下茎を発達させて繁殖します。茎は左巻きの蔓性で、絡みついて伸び50~200cmになります。茎断片でも芽を出します。草刈りなどで分断される事によって、かえって増殖の勢いを付ける事がある強靱な性質があります。葉は互生し、葉柄は1~4cmあります。若い葉は鉾(ほこ)形で、成長すると矢尻形になります。長さは5~10cm。基部は心形で、葉の先端は鈍頭、縁は全縁です。

 花期は6月から8月頃。葉腋から2~5cmの花柄を出し、淡紅色の花冠を付けます。漏斗状の合弁花で、5枚の花被片が合着した形状をしています。花冠径は5~6cm。午前中に咲き、夜に萎む一日花です。花筒と萼を挟む、長さ20~25mmの2枚の苞葉があります。これはヒルガオ属の特徴で、学名に採用されています。雄しべは5本。雌しべは先端で2裂し、子房は2室あります。染色体数は、2n=22。両性花で自家不和合性があり、結実するのは稀です。

 類似種のコヒルガオ(小昼顔)Calystegia hederacea Wall. は、花柄の上部に縮れたヒレがあり、葉の形状が異なり、鉾形基部が張り出します。セイヨウヒルガオ(西洋昼顔)Convolvulus arvensis L. は属が異なり、花柄の途中に対生する小さな苞葉があります。

1)ハマヒルガオ(浜昼顔)、コヒルガオ(小昼顔)、ヒルガオ(昼顔)、ヒロハヒルガオ(広葉昼顔)

Japanese common name : Hiru-gao
e0038990_8341295.jpg
Calystegia pubescens Lindl. f. major (Makino) Yonek.

e0038990_8343011.jpge0038990_8345192.jpg
左:萼を包む2枚の苞葉 右:矢尻形の細長い葉


ヒルガオ(昼顔)
ヒルガオ科ヒルガオ属
学名:Calystegia pubescens Lindl. f. major (Makino) Yonek.
synonym : Calystegia japonica Choisy
花期:6月~8月 多年草 草丈:蔓性 花冠径:5~6cm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Calystegia : calyx(萼)+stege(蓋)/ヒルガオ属
pubescens : 細軟毛がある
Lindl. : John Lindley (1799-1865)
f. : forma(品種)
major : majus(巨大な、より大きい)
Makino : 牧野富太郎 Tomitaro Makino (1862-1957)
Yonek. : 米倉浩司 Koji Yonekura (1970- ) Tohoku University
---
japonica : 日本の[japonicus(男性形)/japonica(女性形)/japonicum(中性形)]
Choisy : Jacques Denys (Denis) Choisy (1799-1859)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から0.5km 左岸土手 2006.07.11
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

12 July 2006
Last modified: 13 July 2015
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-07-12 00:00 | | Trackback | Comments(2)
カワヅザクラ(河津桜)
 桜開花宣言が行われてしばらくすると見頃が訪れます。気象庁による開花宣言の基準は、各地の気象台や測候所で行われ、ソメイヨシノの標本木(標準木・基準木)に5~6輪の花が開いた状態を言います。全国で89カ所があるようです。花芽の80%以上が咲いた状態を「満開」としています。一般的には、梅を追うように桜前線が北上し、東北地方で桜が梅に追いつきます。

 カワヅザクラ(河津桜)は、バラ科サクラ属の落葉高木です。早咲き品種で、ソメイヨシノよりも早く開花します。この原木は、静岡県賀茂郡河津町田中の飯田氏邸にあります。早咲きのオオシマザクラ(大島桜)とヒカンザクラ(緋寒桜)との自然交雑品ではないかと言われています。1974年に新種と判明して命名され、翌年1975年に河津町の木に指定されています。毎年2月10日から3月10日にかけて河津桜まつりが開催されます。関東以西に分布します。花弁の縁が赤味がある濃色で、花色は桃色ないし淡紅色です。花は葉に先だって咲きます。

Japanese common name : Kawazu-zakura
e0038990_21385734.jpg
Cerasus × lannesiana Carrière 'Kawazu-zakura'


カワヅザクラ(河津桜)
バラ科サクラ属
学名:Cerasus × lannesiana Carrière 'Kawazu-zakura'
synonym : Cerasus lannesiana Carrière, 1872 ‘Kawazu-zakura’
synonym : Prunus lannesiana Wils. cv. Kawazu-zakura
花期:2月~3月 落葉高木 樹高:3~10m 花径:25~35mm

e0038990_21323673.gif

【学名解説】
Cerasus : 産地であるトルコのKerasos(現在のGiresun)地方名/サクラ属
x : 二種間交配種
lannesiana : Lannesianus(園芸家ラネスの)
Carrière : Elie Abel Carrière (1818-1896)
---
Prunus : plum(スモモ)のラテン古名/スモモ属
Wils. : Ernest Henry Wilson (1876-1930)
cv. : cultivana varietas(園芸品種)
Kawazu-zakura : 河津桜

撮影地:静岡県静岡市
葵区西ヶ谷(植栽) 2006.03.13
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

27 March 2006
Last modified: 17 February 2015
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-03-27 00:00 | | Trackback | Comments(2)
フサフジウツギ(房藤空木)
 先日、タイのアマチュア無線局HS1PDYのKonok氏からQSLカード(交信証明書)が届きました。カードには、アユタヤの遺跡らしき石仏の前で記念撮影された写真がありました。石仏と氏は似ています。首に掛けている一眼レフ・カメラは私と同じ物でした。そして石仏の後ろに、やや大きめの葉が見えています。これは何の木の葉だろうと興味を持ちました。すぐに、そんな事を調べはじめたら切りがないと思いを打ち消しました。興味がつのりタイまで足を運ぶような事になってはたまりません。

 しかし、日本にある木は自生種ばかりではありません。外来種が多くあります。フサフジウツギも、その一つです。藤のような花が房になって咲き、葉が空木のようであることから、その名前が付いています。学名のブッドレアが、そのまま流通名になっていて、その方が通りがよいかもしれません。英名は、butterfly bush。蝶や蜂が好んで集まるような良い香りがする木として知られています。中国原産で園芸種が野生化したと言われています。チチブフジウツギ(秩父藤空木)とも呼ばれています。在来種のフジウツギ(藤空木)は、この種より花序が疎で、葉は大きめです。サポニンが含まれている有毒植物です。

Japanese common name : Fusafuji-utugi
e0038990_10505951.jpg
Buddleja davidii Franch.


フサフジウツギ(房藤空木)
別名:ブッドレア(Buddleja)/チチブフジウツギ(秩父藤空木)
フジウツギ科フジウツギ属
学名:Buddleja davidii Franch.
花期:7月~10月 落葉低木 樹高:100~350cm 円錐花序:10~20cm 花径:8mm

e0038990_12135938.gif

【学名解説】
Buddleja : (Buddleia) Adam Buddle(1660~1715)に因む/フジウツギ属
davidii : Armand David (1826-1900)の
Franch. : Adrien Rene Franchet (1834-1900)

撮影地:静岡県静岡市
葵区新田 2005.09.19
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 29 September 2005
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-09-29 00:00 | | Trackback | Comments(0)
サルスベリ(猿滑)
 サルスベリ(猿滑/百日紅)は、ミソハギ科サルスベリ属の落葉小高木です。中国が原産です。300年以上前に日本に移入されたと考えられています。名の由来は、樹皮がなめらかで猿も滑ってしまうほどとの連想から。別名のヒャクジツコウ(百日紅)は、百日程の長期にわたり紅色の花が咲き続ける事から。中国名は紫薇(zǐwēi)で、天文学の天帝が住む場所の意味が転じた宮廷の紫微宮に多くあった事によります。英名は、Crape myrtle。

 ミソハギ科(Lythraceae J.St.-Hil. (1805))は、29属約600種が分布し、日本には5属があります。サルスベリ属(Lagerstroemia L. (1759))は、約30種があります。

 幹から枝を放射状に伸ばし華やかな花を咲かせます。夏に咲く庭木として、ノウゼンカズラと共に多く見られます。花色は紅・桃・白・紫紅色などがありますが、私が見た範囲では桃色が圧倒的に多いようです。花弁6枚、長い雄しべ6本。果実は蒴果です。楕円形で開裂して種子を出します。種子は翼があり5~8mm。染色体数は、2n=48,50。

 サルスベリは樹高から、普通に見られる高性、フロリパンダ系と呼ばれる低性、矮性種の3グループに分けられます。通常は樹高300cm程ですが、矮性種(一歳物)は20cm程でも花を咲かせます。鉢物の品種では、イッサイサルスベリ(一才猿滑)、飛鳥などがあります。美しく花を咲かせるサルスベリは、日当たりが良く風通しが良いところに多いようです。枝は大きく剪定する事ができ、繁殖は挿し木が一般的です。

 属名のLagerstroemiaは、スウェーデンの生物学者ラジェルストレーム(Magnus von Lagerström, 1691-1759)の名から来ています。ちなみに学名の種名は、二名法と言って、属名と種小名からなり、性の一致が行われます。属名に人名が使われる時は女性形にすると決められているので、語尾に<~a><~ea><~ia><~ella>が付く事になります。あなたの姓を属名に使うとしたら、どのようになるでしょう。

Japanese common name : Saru-suberi
e0038990_22121345.jpg
Lagerstroemia indica L.

e0038990_1255242.jpge0038990_126859.jpg
濃紅色 (撮影地:葵区牧ケ谷)

e0038990_127648.jpge0038990_1271933.jpg
シロバナサルスベリ(白花猿滑)
Lagerstroemia indica L. 'Alba'


サルスベリ(猿滑)
別名:ヒャクジツコウ(百日紅)
ミソハギ科サルスベリ属
学名:Lagerstroemia indica L.
花期:7月~9月 落葉小高木 樹高:2~10m 花径:3~5cm

e0038990_12135938.gif

【学名解説】
Lagerstroemia : Magnus von Lagerstroem(1696-1759)に因む
indica : インドの
L. : Carl von Linne (1707-1778)
---
Alba : albus(白)

撮影地:静岡県静岡市
葵区福田ヶ谷 2005.08.02
葵区牧ケ谷 2016.08.26
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

11 August 2005
Last modified: 28 August 2016
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-08-11 00:00 | | Trackback | Comments(0)
フヨウ(芙蓉)
フヨウ(芙蓉)は、アオイ科フヨウ属の落葉低木です。中国、日本、台湾に分布します。日本では本州関東以南で栽培され帰化しています。名の由来は、漢名の木芙蓉から。芙蓉は中国での蓮の別名で、花が似ている事からの命名と言われています。

 アオイ科(Malvaceae Juss. (1789))は、熱帯から冷帯にかけて、250属(AGP)が分布します。クロンキスト体系(Cronquist system)では、約75属、約1500種でした。フヨウ属(Hibiscus L. (1753))は、約250種が分布します。

 フヨウは、ムクゲほど多くの品種・系統はありません。桃色花は在来種で、一重白花の白花芙蓉、八重咲きの七面芙蓉、八重咲きで白から紅色に変化する酔芙蓉があります。

 フヨウとムクゲの違いは、花柱の形態にあります。フヨウは花柱の先端が曲がり花粉袋が中央に付くのに対し、ムクゲの花柱はまっすぐで花粉袋は全体に付きます。また、フヨウの花柄は長く、ムクゲは短くなります。フヨウとハイビスカスは似ていますが、ハイビスカスは花柱が突出していて花粉袋が中央より先端よりにつきます。

 早朝に咲き、夕方には萎んでしまう一日花です。写真の花は萎みかけ始めています。

参考:アメリカフヨウ(亜米利加芙蓉) ムクゲ(木槿)

Japanese common name : Fuyou
e0038990_21104348.jpg
Hibiscus mutabilis L.

e0038990_20574465.jpge0038990_20575746.jpg


フヨウ(芙蓉)
別名:モクフヨウ(木芙蓉)
アオイ科フヨウ属

学名:Hibiscus mutabilis L.
花期:8月~10月 落葉低木 樹高:1~3m 花径:10~14cm

e0038990_12135938.gif

【学名解説】
Hibiscus : 由来不明、ゼニアオイ属の古名/フヨウ属(ヒビスクス属)
mutabilis : 変化しやすい
L. : Carl von Linne (1707-1778)

撮影地:静岡県静岡市
藁科川(安倍川水系) 河口から2km 2005.07.29
葵区池ヶ谷 2016.08.15
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

01 August 2005
Last modified: 28 August 2016
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-08-01 00:00 | | Trackback(2) | Comments(7)