タグ:白色系 ( 133 ) タグの人気記事
ボタンヅル(牡丹蔓)
 センニンソウと瓜二つで、葉を見ないと違いが分かりません。安倍川流域ではセンニンソウをよく見かけるのですが、ボタンヅルは少ないようです。

 園芸用のネームプレートを買ってきました。河川敷で花が咲いているところに、花の名前を記しておこうと思っています。特に毒草の場合は危険を周知するための注意書きが必要でしょう。それを見た子供達が誤って口にしない事を期待しての事です。

 以前からほしいと思っていた超小型の根切り用スコップが見つかったので買ってきました。携帯に便利そうです。根を切るわけではなく、根の観察のために使います。根を見ないと種別が分からないものもありますから。

 両方とも百円ショップのものです。野草観察にはお金をかけない事が信条です、と言いたいところですが、実際は貧乏だからです。新車のバイクは野草観察用です。カメラは野草撮影用です。このカメラで人を写そうとすると、「私らは野草と同じか」と言われてしまいます。野草は文句を言わないで撮らせてくれるのに……。

 キンポウゲ科(Ranunculaceae Juss. (1789))は、北半球の温帯を中心に58属約2500種が分布します。センニンソウ属(Clematis L. (1753))は、約300種が分布し、日本には30種ほどがあります。ボタンヅル節には約30種があります。

 ボタンヅルはセンニンソウと混ざって咲いている事があります。蔓が長いので、どこから伸びているのか探し出すのが大変な事があります。葉は1回3出複葉で、茎は木質化します。

参考:センニンソウ(仙人草)

Japanese common name : Botan-zuru
e0038990_8351984.jpg
Clematis apiifolia DC. var. apiifolia

e0038990_284229.jpge0038990_29025.jpg
2006.08.16 葉は1回3出複葉 2006.08.22


ボタンヅル(牡丹蔓)
キンポウゲ科センニンソウ属
学名:Clematis apiifolia DC. var. apiifolia
花期:8月~9月 多年草 草丈:1~10m(蔓性) 花径:15~20mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Clematis : clema(若枝)/センニンソウ属
apiifolia : apiifolius(オランダミツバ属Apiumのような葉の)
DC. : Augustin Pyramus de Candolle (1778-1841)
var. : varietas(変種)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から11.75km 右岸河川敷 2005.08.16
安倍川/河口から21.25km 左岸河川敷 2006.08.16
内牧川(安倍川水系) 2006.08.22
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

28 August 2005
Last modified: 24 October 2016
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-08-28 00:00 | | Trackback | Comments(1)
クサギ(臭木)
 このクサギ(臭木)は、河川敷のネムノキに寄り添うように咲いていました。赤紫色の萼と白花のコントラストが美しいのですが、やや萼のほうが目立つ感じがします。5裂した白色の花冠に、長い雌しべ1本と4本の雄しべが突き出ています。

 草を揉むと独特の臭気を漂わせるので「臭木」。確認のため臭いを嗅ぎに行きました。葉を採って嗅ぐと、やや青臭い。でも、揉んでみても言われているほど臭くはありませんでした。頭は悪いが顔と鼻は悪くないはず(本当なのか)。念のため葉を集めて持ち帰りました。花は良い香りがします。

 次なる楽しみは臭いではなく果実。花よりもインパクトがあるのではないかと期待しています。

 クサギ(臭木)は、シソ科クサギ属の落葉低木です。日本全国のほか、中国や台湾にも分布します。シソ科(Lamiaceae Martinov (1820))は、北半球の地中海沿岸や中央アジアを中心に約250属7000種が分布します。日本には約28属90種があります。オドリコソウ属Lamiumに由来する名です。保留名である新エングラー体系でのシソ科の学名Labiataeは、Labea(唇)に基づいた名称で、戦前は唇形科とされていました。英名ではMint familyと言われるように、香気を持つものが多くあります。旧科名のクマツヅラ科(Verbenaceae Jaume Saint-Hilaire, 1805)は、南半球に約100属3000種が分布します。クサギ属(Clerodendrum L. (1753))は約100種が知られています。

臭いを嗅いだ日:2005.08.24
参考:クサギ(臭木)/実 ボタンクサギ(牡丹臭木)

Japanese common name : Kusagi
e0038990_8473958.jpg
Clerodendrum trichotomum Thunb.


クサギ(臭木)
別名:ヤマウツギ(山空木)/クサギリ(臭桐)/クサギナ(臭木菜)
漢名:シュウゴリュウ(臭梧桐)
シソ科クサギ属
学名:Clerodendrum trichotomum Thunb.
花期:8月~9月 落葉低木 樹高:3~5m 花径:20~25mm 果期:10~11月 果実:6~7mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Clerodendrum : cleros(運命)+dendron(樹木)=Clerodendron/クサギ属
trichotomum : tri(三)+chotomus(分岐)/三分岐の
Thunb. : Carl Peter Thunberg (1743-1828)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から11.75km 右岸河川敷 2005.08.15
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

24 August 2005
Last modified: August 12, 2008
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-08-24 00:00 | | Trackback | Comments(0)
タカサゴユリ(高砂百合)
 タカサゴユリ(高砂百合)は、ユリ科ユリ属の多年草です。原産地は、台湾です。日本では、東北の一部、本州関東以南、四国、九州、沖縄に帰化分布します。名の由来は、台湾の百合である事から。別名のホソバテッポウユリ(細葉鉄砲百合)は、テッポウユリに似るが葉が細い事から。中国名は、臺灣百合。

 ユリ科(Liliaceae Juss.)は、世界の温帯と熱帯に約240属4000種が分布します。ユリ属(Lilium L.)は北半球の亜熱帯から亜寒帯に約100種類が分布します。15種類が日本に自生し、内7種類(ヤマユリ、サクユリ、ササユリ、オトメユリ、イワトユリ、ウケユリ、タモトユリ)は日本特産種です。ユリ属は、1925年に4亜属に分類されました。テッポウユリ亜属、ヤマユリ亜属、カノコユリ亜属です。その他に、これらを掛け合わせた種間雑種があります。これらの花は筒状で横向きに咲きます。

 日当たりの良い空地等に自生します。鱗茎があり、50~150cmに茎を立ち上げます。葉は、線形で幅約1cm、長さ約15cmで多数つけます。花期は、7月から10月。ラッパ状の花を茎の上部につけます。花弁6枚で、長さ約15cm、直径約13cm。花冠内側は白色で、外側に紫褐色の筋模様があります。

 良く似た栽培種に、シンテッポウユリ(新鉄砲百合)Lilium x formolongo hort. があります。タカサゴユリとテッポウユリ(鉄砲百合)Lilium longiflorum Thunb. の交配種です。花被の外側に紫褐色の筋があるるのはタカサゴユリで、白色の場合はシンテッポウユリの可能性が高いと思われます。

☆  ☆  ☆

 河川敷のとある草藪の中で、百合が咲いていました。テッポウユリ(鉄砲百合)かと思いましたが、葉が細いのでタカサゴユリ(高砂百合)ですね。どこにでもある普通のユリとはいえ、うっそうとした藪の中で、ひときわ清楚な雰囲気を醸し出していたので見とれました。

Japanese common name : Takasago-yuri
e0038990_903178.jpg
Lilium formosanum A.Wallace

e0038990_15171699.jpge0038990_15172160.jpg
花冠外側に紫褐色の筋模様がある。花弁6枚、長さ約15cm。

e0038990_19454564.jpge0038990_17380055.jpg
左:葉は線形で多数つける 右:果実は蒴果で3室ある。

e0038990_14142166.jpge0038990_14142628.jpg
左:蒴果の裂開部分 右:薄い円盤状の翼を持った種子
e0038990_15223235.jpg
シンテッポウユリ(新鉄砲百合)
Lilium x formolongo hort.


タカサゴユリ(高砂百合)
別名:ホソバテッポウユリ(細葉鉄砲百合)/タイワンユリ(台湾百合)
ユリ科ユリ属
学名:Lilium formosanum A.Wallace
花期:7~10月 草丈:50~150cm 花径:10~15cm(長さ20~25cm)

e0038990_12135938.gif


【学名解説】
Lilium : li(白)+lium(花)/ユリ属
formosanum : formosanus(台湾の)
A.Wallace : Alexander Wallace (1829-1899)
---
テッポウユリ(鉄砲百合)
longiflorum : longi(長い形)+florus(花)
Thunb. : Carl Peter Thunberg (1743-1828)
---
シンテッポウユリ(新鉄砲百合)
x : 二種間交配種
formolongo : formosanum+longiflorus
hort. : hortulanorum = gardeners (命名規約に基づかない名前/裸名)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から8.75km 左岸河川敷 2005.08.15, 2005.08.18
賤機山 2017.09.01, 2017.11.17, 2017.11.23, 2017.12.01
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

20 August 2005, 24 November 2017
Last modified: 04 December 2017
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-08-20 00:00 | | Trackback(1) | Comments(2)
ハマユウ(浜木綿)
 ハマユウ(浜木綿)は、ヒガンバナ科ハマオモト属の多年草です。アジアに分布し、日本では千葉県以南の海に面した地域に分布します。名の由来は、白布(ゆう)のような花色で海岸近くに咲く事から。ハマオモト(浜万年青)は、葉がオモト(万年青)に似て海岸近くに咲く事によります。オモトの語源は不明です。豊前の御許山からとか、オオモト(大本)やアオモト(青木)からの転訛と言われています。漢名の万年青は、葉がいつも青々としている事から。

 ヒガンバナ科(Amaryllidaceae J.St.-Hil. (1805)) は、世界の熱帯から温帯にかけて約59属860種が分布します。クロンキスト体系ではユリ科(Liliaceae Juss. (1789))に分類され、世界の熱帯と温帯に約280属4000種が分布します。ハマオモト属(Crinum L. (1753))は、約180種が分布します。

 7月30日、無線機店へアマチュア無線のQSLカードを発送するために出かけました。せっかく海の近くまで来たのだからと海岸へ足を運びました。日が落ちてきた頃、ハマユウが涼しそうに咲いているのを見つけました。

 この帰り道は渋滞続きでした。静岡市で毎年行われる「安倍川花火大会」の日だったからです。戦時下、空襲で焼き出された方々の慰霊のために始まった花火大会です。多くの人たちが安倍川河川敷で荼毘(だび)に付されました。現在はその意味合いも薄れてしまったようですが、多くの人たちが見物に出かけてきます。車の規制が至るところで行われます。私は花火の音だけを聴きました。

 当時も咲いていたであろうハマユウと、家も人も焼き尽くした焼夷弾。なんとも不釣り合いな光景が脳裏にありました。

※有毒(リコリン)
染色体数は、2n=22。

Japanese common name : Hama-omoto
e0038990_14264535.jpg
Crinum asiaticum L. var. japonicum Baker


ハマユウ(浜木綿)
和名:ハマオモト(浜万年青)
ヒガンバナ科ハマオモト属
学名:Crinum asiaticum L. var. japonicum Baker
花期:7月~9月 多年草 草丈:50~80cm 花径:5~10cm

e0038990_10353896.gife0038990_2163229.gif

【学名解説】
Crinum : crinon(百合)/ヒガンバナ科
asiaticum : asiaticus(アジアの)
L. : Carl von Linne (1707-1778)
var. : varietas(変種)
japonica : 日本の[japonicus(男性形)/japonica(女性形)/japonicum(中性形)]
Baker : John Gilbert Baker (1834-1920)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から0.25km 左岸土手 2005.07.30

Last modified: 18 August 2005
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-08-18 00:00 | 海辺の植物 | Trackback | Comments(0)
センニンソウ(仙人草)
 待ちに待ったセンニンソウが開花しました。思わず拍手をしてしまいたくなるような嬉しさです。

 じつは昨年、我が家に近い河川敷の一角にセンニンソウの実を見つけました。花を見ていませんでしたから観察を続けました。花期があるのですから、焦っても仕方ないと思いつつ、いつ咲くのかと待ち続けました。他の遠い場所で咲いているのを見つけ、この場所のセンニンソウに、「おまえ、やる気あるのか」と愚痴をこぼしていました。やる気あったのですね。これから花数が多くなりますから余計に楽しみです。そして実に至るまで、じっくりと観察できます。

 年に数回、土手や河川敷の草刈りが行われます。実を付けそうなところで草刈りされてしまうので、いつまで咲くのかを見届ける事は大変難しい状況です。草刈りが早いか、私の撮影が早いかと競争している有様です。草刈りされていない場所は私の天国のようなものですが、他の人にとっては鬱陶しい状況なのでしょうから仕方ありません。このセンニンソウが咲いている場所は、草刈りが行われない河川敷の一角にあります。残念ながら、ゲンノショウコが咲く場所は草刈りされてしまい消息不明状態です。

 センニンソウとボタンヅル(牡丹蔓)は花が大変似ています。葉の形で区別する事ができます。センニンソウは奇数羽状複葉、ボタンヅルは3出複葉です。花弁にみえるのは顎片です。有毒(ポロトアネモニン)植物で、皮膚炎を起こす事があります。。

参考:センニンソウ(仙人草)/実

Japanese common name : Sen'nin-sou
e0038990_12141875.jpg
Clematis terniflora DC.


センニンソウ(仙人草)
キンポウゲ科センニンソウ属
学名:Clematis terniflora DC.
花期:8月~9月 多年草 草丈:蔓性 花径:2~3cm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Clematis : clema(若枝)の縮小形(巻き上げ・蔓)/センニンソウ属
terniflora : ternifolius(三出葉の・三つの葉の)
DC. : Augustin Pyramus de Candolle (1778-1841)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から8.75km 左岸河川敷 2005.08.11
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 12 August 2005
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-08-12 00:00 | | Trackback | Comments(2)
カラスウリ(烏瓜)-1
 カラスウリの蕾は、とてもこのような花を咲かせるようには見えません。日没から咲き始めます。蕾が割れてきた状態から短い時間に開きます。持ち合わせていた携帯用小型蛍光灯を使って撮影しました。闇に浮かび神秘的な風情を醸し出します。白髪の妖怪に見えなくもありません。

 家族に見せてあげようと、採取して帰りました。食卓の小さな花瓶に挿しておきました。次の夜、いつの間にか、もう一花が咲いていました。でも、咲く時を見ていませんでした。そこで新たに採取して持ち帰り、じっくりと眺める事にしました。優雅な時間の流れを味わう事ができました。

参考:カラスウリ(烏瓜)-2

Japanese common name : Karasu-uri
e0038990_102017.jpg
Trichosanthes cucumeroides (Ser.) Maxim. ex Franch. et Sav.


カラスウリ(烏瓜)
別名:タマズサ(玉章)
ウリ科カラスウリ属
学名:Trichosanthes cucumeroides (Ser.) Maxim. ex Franch. et Sav.
花期:8月~9月 多年草 草丈:蔓性 花序径:2~10cm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Trichosanthes : trichos(毛)+anthos(花)/カラスウリ属
cucumeroides : Cucumis(キュウリ属)に似た
Ser. : Nicolas Charles Seringe (1776-1858)
Maxim. : Carl Johann Maximowicz (1827-1891)
ex : ~による
Franch. : Adrien Rene Franchet (1834-1900)
et : et alii(及び・命名者が2名の時など・&(and)に同じ)
Sav. : Paul Amedee Ludovic Savatier(1830-1891)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から5.75km右岸 2005.07.28
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 8 August 2005
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-08-08 00:00 | | Trackback(1) | Comments(0)
タケニグサ(竹似草)
 タケニグサ(竹似草)は、ケシ科タケニグサ属の多年草です。中国、台湾、日本に分布します。日本では本州、四国、九州に分布します。名の由来は、竹のように中空の茎を持つ事から。別名のチャンパギク(占城菊)は、インドシナのチャンパ(占城)から渡来と伝えられた事によります。英名は、Plume poppy。

 ケシ科(Papaveraceae Adans. 1763)は、北半球に43種820種が分布します。日本には7種20種、日本固有種は1属4種3変種があるとされています。タケニグサ属(Macleaya R.Br. (1826))は、2種が分布します。

 ぐんぐんと大きくなるタケニグサ。まずは葉が大きいので目立ちます。葉裏は細かい毛のため白っぽく見えます。茎は白い粉を吹いたよう。触ると取れて緑の茎が現れます。内部は中空で、切ると茶色の液が出ます。この液は皮膚炎を起こす事があります。花は白色筒状の萼が集まり、下部から咲いて茶色と白が入り交じる状態になります。

 ※アルカロイド(サンギナリン・ヘレリスリン)を含む毒草です。内服すると中毒を起こします。全草を博落廻(ハクラクカイ)と称し、民間療法で皮膚病薬や害虫駆除として用いますが危険です。

Japanese common name : Take-ni-gusa
e0038990_1993079.jpg
Macleaya cordata (Willd.) R.Br.

e0038990_1994545.jpge0038990_199572.jpg
左:葉表                       右:葉裏


タケニグサ(竹似草)
別名:チャンパギク(占城菊)
ケシ科タケニグサ属
学名:Macleaya cordata (Willd.) R.Br.
花期:6月~8月 多年草 草丈:100~200cm 花(長さ):15mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Macleaya : Alexander Macleay (1767-1848)に因む/タケニグサ属
cordata : cordatus(心臓形の)
Willd. : Carl Ludwig von Willdenow (1765-1812)
R.Br. : Robert Brown (1773-1858)

ケシ科 : Papaveraceae Juss. (1789))
タケニグサ属 : Macleaya R. Brown, 1826

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から9.75km 右岸河川敷 2005.07.12
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

First modified: 16 July 2005
Last modified: 26 December 2013
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-07-16 00:00 | | Trackback(1) | Comments(0)
カシワバアジサイ(柏葉紫陽花)
 ご近所にカシワバアジサイ(柏葉紫陽花)が咲いていました。アジサイ科アジサイ属の落葉低木です。花色は白ですが、すでに色づいています。これは北米産なので、日本原産の紫陽花とは趣が違います。「柏葉」は、葉が柏に似ているから。八重咲きと一重咲きがあります。英名は、Oak-leaved Hydrangea。ドイツ名は、eichenblättrige Hortensie。

 紫陽花は、分類体系によって、ユキノシタ科かアジサイ科に異なって表記される時があります。APG体系とクロンキスト体系ではアジサイ科(Hydrangeaceae Dumort. (1829))で、エングラー体系ではユキノシタ科(Saxifragaceae Juss. (1789))です。アジサイ科には16属約190種があります。

 アジサイ属(Hydrangea L. (1753))には、アメリカノリノキ=西洋紫陽花(Hydrangea arborescens)、コアジサイ(Hydrangea hirta)、コガクウツギ(Hydrangea luteovenosa)、アジサイ(Hydrangea macrophylla)、ノリウツギ(Hydrangea paniculata)、ツルアジサイ(=梧桐蔓)(Hydrangea petiolaris)、ヤマアジサイ(Hydrangea serrata)等があります。

Japanese common name : Kasiwaba-azisai
e0038990_9205421.jpg
Hydrangea quercifolia W.Bartram 'Snow Flake'


カシワバアジサイ(柏葉紫陽花)
アジサイ科アジサイ属
学名:Hydrangea quercifolia W.Bartram 'Snow Flake'
花期:5月~7月 落葉低木 草丈:50cm~150cm 花序径:5cm

品種:カシワバアジサイ・スノーフレーク 八重咲と一重咲

e0038990_21323673.gif

【学名解説】
Hydrangea : hydro(水)+angeion(容器)/アジサイ属
quercifolia : カシ属(Quercus)のような葉の
W.Bartram : William Bartram (1739-1823)

撮影地:静岡県静岡市
静岡市葵区 2005.07.05
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 6 July 2005
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-07-06 00:00 | | Trackback | Comments(0)
アメリカネナシカズラ(亜米利加根無蔦)
 根も葉もないのですが、根も葉もない話ではありません。(どっちなんだ) 寄生植物なので根も葉も無いのです。と言っても、寄生根を差し込んで養分を吸収します。じゃあ、根があるじゃないかと言う事になりますが、本当の根は無くなるのです。なんだかよく分からなくなりますが、「根無し葛」という名前なので、根は無い事になっています。要するに、土に根を張って生きる植物では無いという事。

 アメリカネナシカズラ(亜米利加根無蔦)は、ヒルガオ科ネナシカズラ属の1年草です。花は小さく、花柱は2本、雄しべは5本。植物を選ばず、盛大に絡みついて寄生している様は異様です。このアメリカネナシカズラは北アメリカが原産で、ヨーロッパ、アジア、ロシア、オーストラリアに分布します。生態系被害防止外来種(旧要注意外来生物)に指定されています。在来種であるネナシカズラ(根無葛)は、花柱が1本で柱頭が2裂します。

 根も葉もない話でした。

 ヒルガオ科(Convolvulaceae Juss. (1789))は熱帯から亜熱帯に約58属1650種が分布し、日本には4属があります。ネナシカズラ属(Cuscuta L. (1753))は、世界に約170種があり、日本には4種が自生します。

 茎に豆のような膨らみが出る事があります。ネナシカズラツルコブフシ(根無葛蔓瘤五倍子)で、マダラケシツブゾウムシ(Smicronyx madaranus Kôno,1930)によるムシコブ(虫瘤)です。寄生植物なのに虫に寄生されるという悩ましい状態になります。虫瘤は、虫営や英名のゴール(gall)と呼ばれます。

Japanese common name : Amerika-nenasi-kazura
e0038990_929399.jpg
Cuscuta campestris Yuncker
e0038990_9291825.jpg
花柱は2本、雄しべは5本

e0038990_1332537.jpge0038990_1334383.jpg
緑色の豆のようなものは、ネナシカズラツルコブフシ(根無葛蔓瘤五倍子)


アメリカネナシカズラ(亜米利加根無蔦)
ヒルガオ科ネナシカズラ属
学名:Cuscuta campestris Yuncker
synonym : Cuscuta pentagona Engelm.
花期:6月~10月 1年草(寄生植物) 草丈:蔓性 花径:3mm 果径:2~3mm

e0038990_1095350.gif

【学名解説】
Cuscuta : kassyein(絡み付く・巻き込まれる)/ネナシカズラ属
campestris : campestre(原野生の、草原、平野に産する)
Yuncker : Truman George Yuncker (1891-1964)
---
pentagona : pentagonus(五角形の)
Engelm. : George Engelmann (1809-1884)

撮影地:静岡県静岡市葵区
安倍川/河口から9.75km 右岸河川敷 2005.06.24, 2006.10.07
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

5 July 2005, 22 September 2015
Last modified: 29 October 2016
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-07-05 00:00 | | Trackback | Comments(0)
ヤマユリ(山百合)
 梅雨らしい天候の夕方でした。我が家の玄関先にヤマユリが咲きました。濃厚な香りがあります。発芽から開花までには5年程かかるそうです。ユリの王様とも称され、英名はgold-banded lily。

Japanese common name : Yama-yuri
e0038990_9375139.jpg
Lilium auratum Lindl.
e0038990_938285.jpg
斜面に咲くヤマユリは傾斜して花をつける。 2007.08.10

e0038990_93814100.jpge0038990_9382329.jpg


ヤマユリ(山百合)
別名:ヨシノユリ(吉野百合)/エイザンユリ(叡山百合)/ホウライジユリ(鳳来寺百合)
ユリ科ユリ属
学名:Lilium auratum Lindl.
花期:7~8月 多年草 花径:22~24cm 草丈:100~150cm

e0038990_2122812.gif

【学名解説】
Lilium : li(白)+lium(花)/ユリ属
auratum : auratus(黄金色の)
Lindl. : John Lindley (1799-1865)

撮影地:静岡県静岡市
葵区 2005.07.04
千代山 2007.08.10
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 4 July 2005
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-07-04 00:00 | | Trackback | Comments(0)