タグ:赤い実 ( 20 ) タグの人気記事
フウトウカズラ(風藤葛)
 フウトウカズラ(風藤葛)は、コショウ科コショウ属の蔓植物(藤本)です。朝鮮半島や台湾に分布し、日本では、関東地方以西から四国、九州、沖縄に分布します。名の由来は、不明です。台湾産の風藤を元にした名と言われています。中国の風藤と間違えた名称(牧野)とか、群生した葉が風に揺れる様からとの説もあります。

 コショウ科(Piperaceae Giseke (1792))は、8属約2000種が分布します。コショウ属(Piper L. (1753))は、約700種が分布し、日本には3種が自生します。

 海に近い山地に自生します。蔓は這い、茎の節から出す気根によって他物に取り付き這い上がって覆い被さり、長さ10m以上になります。葉は互生します。広卵形から狭卵形で先が尖り、長さ4~12cm。全縁で基部は浅い心形、革質、5脈があり、若い葉の葉裏には軟毛があります。葉柄は1~4cm。

 花期は、4月から6月頃。穂状花序を出します。雌雄異株。 葉に対生して、萼や花弁がない花穂を下垂させます。雌花序は黄色で長さ3~8cm。雌花には1本の雌しべがあり柱頭が3~5裂します。雄花序の長さは6~17cmで、雄花には3本の雄しべがあります。

 果実は核果です。核は球形で、肉質の外果皮を持ち、径3~4mm。初め緑色で、熟すと赤色になります。胡椒の仲間ですが、辛味成分のピペリン(piperine, C17H19NO3)を含まないため胡椒の代用にはなりません。

 カズレノン(Kadsurenone, C21H24O5)が含まれ、乾燥させた茎を生薬「海風藤・南藤・石南藤」として痺痛、疼痛等に用います。

 類似種に、小笠原諸島母島に分布する日本固有種で絶滅危惧IA類のタイヨウフウトウカズラ(大葉風藤葛)Piper postelsianum Maxim. があります。

Japanese common name : Fuutou-kazura
e0038990_16435834.jpg
Piper kadsura (Choisy) Ohwi

e0038990_21183571.jpge0038990_2118517.jpg
花:2015.06.24 若い果実:2015.11.11


フウトウカズラ(風藤葛)
コショウ科コショウ属
学名:Piper kadsura (Choisy) Ohwi
花期:5月~6月 蔓性常緑樹 花序:3~17cm 果期:11~3月

e0038990_2163229.gife0038990_20531140.gif

【学名解説】
Piper : peptón(消化)/コショウ属
kadsura : 日本語のカズラ(葛)
Choisy : Jacques Denys Choisy (1799-1859)
Ohwi : 大井次三郎 Jisaburo Ohwi (1905-1977)

撮影地:静岡県静岡市
藁科川(安倍川水系) 河口から1.75km右岸 2005.11.11, 2006.01.10
満観峰(Alt.470m) 2015.11.11
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 24 November 2016
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2016-11-25 00:00 | | Trackback | Comments(0)
サネカズラ(実葛)
 サネカズラ(実葛)は、マツブサ科サネカズラ属の常緑蔓性木本です。日本、台湾、朝鮮半島に分布し、日本では関東以西に分布する在来種です。名の由来は、実が目立つ葛から。サネ(実)は種子、カズラ(葛)は蔓植物の総称で、頭を飾るカミツラ(髪蔓)が転訛したものと言われています。別名のビナンカズラ(美男葛)は、江戸時代に茎の粘液を男性の整髪料として使った事によります。中国名は、日本南五味子。英名は、scarlet kadsura。

 マツブサ科1)(Schisandraceae Blume (1830))は、アジア東部と北アメリカに2属約50種(3属約100種)があり、日本には3種が分布します。サネカズラ属(Kadsura Juss. (1810))は、約24種が分布します。

 低山の林地に自生します。茎は蔓状で、太い部分は約2cm。巻き付くものがあると、上から見て左巻に登ります。樹皮に含まれる粘液の成分は、キシログルクロニド (xyloglucuronide)で、昔は整髪、製紙用糊料に用いられていました。葉柄は1~1.5cm。葉は、互生します。濃緑色で長楕円形。光沢のある革質で、小鋸歯があり、長さ5~12cm、幅2.5~6cm。

 花期は8月頃。雌雄異株、あるいは同株の単性花で、稀に両性花があります。葉腋から花柄を出して広鐘形の花を下垂します。花被片は楕円形や倒卵形の黄白色で、8~17枚。雄花は中心が赤色、雌花は中心が淡緑色で花柱は白色。葉の下に隠れる事が多いので、やや気づきにくいかもしれません。雌花よりも雄花の方が数多く付きます。雄花は時期が来ると花冠ごと脱落します。

 果実は、核果の集合果です。果柄は花期より長くなります。5~8mmの分果が花托の回りに球状にまとまり、径約2~3cm。初め緑色で熟すと赤色になります。ポリフェノールの一種であるリグナン(lignan)類のシキサンドリン(schizandrin)、ゴミシン(gomisin)等が含まれます。種子は長さ4~5mmの腎臓形で、淡褐色。分果に1~3個が含まれます。染色体数は、2n=28。

 乾燥した果実を、生薬の南五味子(ナンゴミシ)として鎮咳、滋養、強壮に用います。中国では、マツブサ属のカチュウゴミシ(华中五味子)Schisandra sphenanthera Rehd. et E.H.Wilson を用います。北五味子は、マツブサ属のチョウセンゴミシ(朝鮮五味子)Schisandra chinensis (Turcz.) Baill. です。

1)マツブサ科 : 松房科

Japanese common name : Sane-kazura
e0038990_1355737.jpg
Kadsura japonica (L.) Dunal

e0038990_1382864.jpge0038990_1384472.jpg
雄花。中心が赤色で目立つ。

e0038990_1395547.jpge0038990_131074.jpg
雌花。中心は淡緑色で花柱は白色。
e0038990_2203119.jpg
雌花

e0038990_13133623.jpge0038990_13135312.jpg
葉腋から蕾を出す。葉は互生。光沢がある革質で長楕円形。

e0038990_13154155.jpge0038990_13155525.jpg
果実は核果の集合果。赤く熟し下垂する。 (2007.12.20)

e0038990_13164849.jpge0038990_1317326.jpg
倒れかかった竹に巻き付く茎。左巻。人差し指は太さの比較のため。


サネカズラ(実葛)
別名:ビナンカズラ(美男葛)
マツブサ科サネカズラ属
学名:Kadsura japonica (L.) Dunal
花期:8月 常緑蔓性木本 花径:1.5cm 果期:11月

e0038990_2163229.gife0038990_20531140.gif

【学名解説】
Kadsura : 日本名カズラ/サネカズラ属
japonica : 日本の[japonicus(男性形)/japonica(女性形)/japonicum(中性形)]
L. : Carl von Linne (1707-1778)
Dunal : Michel Felix Dunal (1789-1856)
---
カチュウゴミシ(华中五味子)
Schisandra : マツブサ属
sphenanthera : spheno(楔)+anthera(葯)
Rehd. : Alfred Rehder (1863-1949)
et : et alii(及び・命名者が2名の時など・&(and)に同じ)
E.H.Wilson : Ernest Henry Wilson (1876-1930)
---
チョウセンゴミシ(朝鮮五味子)
chinensis : 中国の
Turcz. : Nicolai Stepanowitsch Turczaninow (1796-1863)
Baill. : Henri Ernest Baillon (1827-1895)
---
Blume : Carl Ludwig Blume (1789-1862)
Juss. : Antoine Laurent de Jussieu (1748-1836)

撮影地:静岡県静岡市
駿河区谷田(日本平) 2007.12.20
葵区池ヶ谷(麻機山) 2016.08.17, 2016.08.24
ダイラボウ (Alt. 560.8m) 2016.09.01
葵区西ヶ谷(安倍城跡) 2016.09.03
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

15 October 2016, 17 October 2016
Last modified: 13 May 2017
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2016-10-15 00:00 | | Trackback | Comments(1)
アリドオシ〈蟻通し〉
 アリドオシ〈蟻通し〉は、アカネ科アリドオシ属の常緑低木です。東南アジアに分布し、国内では関東地方以西に分布する在来種です。名の由来は、一般的には鋭い棘が蟻を刺し通す程の例えから。棘が多い事から蟻でなければ通り抜けられない等の説もあります。別名の一両は、センリョウ(千両)等と対比した名称で、「千両万両有り通し」との縁起を担いだ洒落から。中国名は、虎刺(hǔcì)。山梨県で絶滅危惧IA類(CR)、埼玉県、茨城県、福井県では絶滅危惧II類(VU)に指定されています。(参考:レッドデーターブック・カテゴリー図

 アカネ科(Rubiaceae Juss. (1789))は、約630属14,000種が分布します。アリドオシ属(Damnacanthus C.F. Gaertner, 1805)は、東アジアに6種が分布します。

 山地の広葉樹林内に自生します。枝は分岐しながら広がり、樹高は30~60cmになります。葉は対生します。大型葉、小型葉が交互につき、長さ10~25mm、幅6~12mmの卵形で全縁。革質で光沢があります。大型葉の葉腋1)から葉に対生して長さ1~2cmの2本の鋭い棘を左右に出します。棘の長さは葉表側の方が長い事が多い。棘は、草食動物に対する防御のために細枝が変化したものと考えられています。山道脇に生えている事も多く、棘で引っかけられる場合があり痛い思いをさせられます。尻餅は勿論、前に転倒して手を突いたら悲惨な事になりかねません。

  花期は5月。葉腋に2個ずつ花をつけます。花冠は白色。長さ10mm程の筒状漏斗形で先端が4裂します。雄しべ4、雌しべは糸状で先端が4裂します。両性花。子房下位で4室、各室に胚珠2)1。果期は9月頃。果実は核果(液果)です。径4~6mmの宿存萼3)がある球形で、熟すと赤くなります。染色体数は、倍数性4)が知られていて、2n=225)、2n=4x=446)

 よく似た変種に、オオアリドオシ(大蟻通し)Damnacanthus indicus Gaertn.f. var. major (Siebold et Zucc.) Makino や、ホソバオオアリドオシ(細葉大蟻通し)Damnacanthus indicus Gaertn.f. var. lancifolius Makino、矮性種としてヒメアリドオシ(姫蟻通し)Damnacanthus indicus C.F.Gaertn. var. microphyllus (Makino) Makino ex Nakai があります。

1)葉腋(ようえき、leaf axil):葉の付け根部分
2)胚珠(はいしゅ、ovule):種子になる部分
3)宿存萼(persistent calyx):花が終わっても母体から離れず残る萼。
4)倍数性(ばいすうせい、polyploidy):生物体細胞の染色体数2nが、基本数xの整数倍になる現象。
5)三重県、和歌山県、四国、九州、沖縄 (Naiki and Nagamasu, 2004)
6)関東、東海、近畿、中国、四国、九州、沖縄 (Naiki and Nagamasu, 2004)

参考文献:
・Bulletin of the Osaka Museum of Natural History, No.62 p. 75-80; March 31, 2008.
・Naiki, A., and Nagamasu, H. 2004. Correlation between distyly and ploidy level in Damnacanthus (Rubiaceae). American Journal of Botany 91: 664-671.

Japanese common name : Aridoosi
e0038990_1340465.jpg
Damnacanthus indicus C.F.Gaertn. var. indicus

e0038990_13402897.jpge0038990_13404169.jpg
左:花の蕾先端は閉じている 右:花は2個ずつ下向きに咲く
e0038990_13405947.jpg
雄しべ4と雌しべ1があり、花冠の長さは10mm程で、筒内には毛がある

e0038990_13412135.jpge0038990_13413282.jpg
左:葉に対生して鋭い棘が上下に一対出る 右:光沢のある葉は大小が交互につく

e0038990_13414393.jpge0038990_13415439.jpg
左:盛大に広がったアリドオシ 右:冬に残留萼片がついた果実は赤く熟す


アリドオシ〈蟻通し〉
アカネ科アリドオシ属
学名:Damnacanthus indicus C.F.Gaertn. var. indicus
花期:5月 常緑低木 樹高:30~60cm 花冠長:約1cm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Damnacanthus : damnao(優る)+acantha(刺)/アリドオシ属
indicus : インド(India)の
C.F.Gaertn. : Karl Friedrich von Gaertner (1772-1850)
var. : varietas(変種)

撮影地:静岡県静岡市
高山(牛ヶ峰 Alt.717m) 2008.02.07
嫁越峠(Alt.ca.270m) 2012.03.15
安倍城跡(Alt.435m) 2014.05.27
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 07 February 2015
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2015-02-07 00:00 | | Trackback | Comments(0)
オニシバリ(鬼縛り)
 オニシバリ(鬼縛り)は、ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属の常緑小低木です。日本、中国、朝鮮半島に分布します。日本では、本州(福島県以南)、四国、九州に分布する在来種です。名の由来は、引きちぎりにくい枝で、鬼を縛れる程の強さとの例えから。別名のナツボウズ(夏坊主)は、夏に落葉させる事から。

 ジンチョウゲ(沈丁花)科(Thymelaeaceae Juss. (1789))は、世界の温帯から熱帯に44属、約500種が分布し、日本には4属、16種が自生します。ジンチョウゲ属(Daphne L. (1753))は、世界に約90種、日本には7種程が自生します。

 丘陵や山地の林内に自生します。茎は灰茶色で樹皮は強靱でしなやか。繊維に富む事から和紙の補助材として利用されます。樹高は50cm~80cm。葉は互生します。倒披針形、あるいは披針形で、長さ4~10cm、幅1~3cm、全縁。落葉は夏の7~8月頃の一ヶ月間程で、その後に新葉を出します。

 花期は2月から4月。葉腋から束生状に淡黄緑色の花をつけます。花冠は筒状で、長さ6~8mmの萼筒の先を4裂させた萼裂片を開き、反り返ります。雌雄異株。雌花の萼筒は雄花の半分程の長さで小さい。雄しべ8個。子房上位。

 果実は核果です。長楕円形で長さ6~8mm。熟すと赤くなります。セイヨウオニシバリ(西洋鬼縛り)Daphne mezereum L.と同様に、ダフネトキシン(daphnetoxin|C27H30O8)を含み有毒です。半数致死量(LD50)は、0.3mg/kg-1(mouse)。皮膚吸収の可能性があり、炎症を引き起す事があります。薬用としては、樹皮を慢性皮膚病、リウマチの消腫目的で使用されます。

 似た種に、ナニワズ(難波津)Daphne jezoensis Maxim.があります。長野県の絶滅危惧IB類(EN)。

 参考文献:Constituents of the Leaves of Daphne pseudo-mezereum (T.Konishi, S.Wada, S.Kiyosawa 1993)

---
2015.01.29 開花を確認/2016.01.13 開花を確認/2017.02.03 開花を確認

Japanese common name : Oni-shibari
e0038990_1915285.jpg
Daphne pseudomezereum A.Gray

e0038990_19151959.jpge0038990_19152742.jpg
左:雄株 右:雌株

e0038990_19154265.jpge0038990_19155246.jpg
雄花花冠。萼筒先端を4裂させる。筒状で長さ6~8mm。

e0038990_1916510.jpge0038990_19161528.jpg
左:雄花(左)と雌花(左) 右:内部。子房上位。

e0038990_19162844.jpge0038990_19163727.jpg
左;雄株全体 右:葉は倒披針形、あるいは披針形で、全縁。

e0038990_1916503.jpge0038990_19172359.jpg
左:若い果実(2014.04.16) 右:赤くなった果実(2016.05.12)


オニシバリ(鬼縛り)
別名:ナツボウズ(夏坊主)
ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属
学名:Daphne pseudomezereum A.Gray
花期:2月~4月 常緑小低木 樹高:50cm~80cm 花冠径:約14mm

e0038990_2163229.gife0038990_10353896.gif

【学名解説】
Daphne : ギリシャ神話の女神名(月桂樹)/ジンチョウゲ属
pseudomezereum : pseudo(似た)+mazeriyn(殺す)[セイヨウオニシバリに似た]
A.Gray : Asa Gray (1810-1888)
---
Juss. : Antoine Laurent de Jussieu (1748-1836)
L. : Carl von Linne (1707-1778)

撮影地:静岡県静岡市
安倍城跡(Alt.435m) 2014.02.19 - 04.16
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

05 March 2014
Last modified: 17 May 2016
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2014-05-13 00:00 | | Trackback | Comments(0)
ヤブコウジ(藪柑子)
 ヤブコウジ(藪柑子)は、サクラソウ科ヤブコウジ属の常緑小低木です。東アジアの台湾、中国、朝鮮等に分布し、日本では北海道、本州、四国、九州に分布する在来種です。名の由来は、藪に生える小さなみかんから。コウジ(柑子)とは、小さなミカンの一種で、ヤマミカン(山蜜柑)と呼んでいたのが、万葉時代はヤマタチバナ(夜麻多知婆奈)となり、ヤブコウジへと変遷したものと考えられています。センリョウ(千両)、マンリョウ(万両)に対して、カラタチバナ(唐橘)は百両、ヤブコウジは十両と呼ばれ、正月の縁起物としてもお馴染みです。

 サクラソウ科(Primulaceae Batsch ex Borkh. (1797))は、28属約1000種があります。旧ヤブコウジ科(Myrsinaceae R.Brown, 1810)は、熱帯・暖帯・温帯に37属約1300種が分布し、日本には4属1)12種が自生します。ヤブコウジ属(Ardisia O.Swartz, 1788)は、約300種が分布し、日本には約6種があります。

 丘陵や山地(垂直分布1200m)の林内に自生します。地下茎は横に這い、所々から地上茎を出しながら樹高10から20cmに立ち上げ群生します。葉は、単葉で互生し、茎上部で輪生状につきます。長楕円形で長さ7cm程、幅3cm程、革質で光沢があり、細かな鋸歯があります。

 花期は7月から8月頃。葉腋に散形花序2)を出し、7~10mmの花柄の先に下向きに花を咲かせます。花は白色で赤味のある細かい斑紋があります。合弁花で5深裂し、径5~8mm。先が尖る裂片5.萼5、雄しべ5個、雌しべ1個の雌雄同体。子房上位。果実は核果です。熟すと赤くなります。果肉には若干の甘みがあり、鳥に食べられて種子散布されます。

 庭の下草としての利用があります。中国では、全草を乾燥させたものを紫金牛(しきんぎゅう)として利尿や咳止めに用いられます。

1)ヤブコウジ属、イズセンリョウ属(Maesa Forssk. (1775))、ツルマンリョウ属(Myrsine L. (1753))、タイミンタチバナ属(Rapanea Aublet, 1775) 。
2)散形花序[さんけいかじょ(umbel)]:無限花序のひとつで、放射状(傘形)に花柄をつける花序。

Japanese common name : Yabu-kouji
e0038990_19551090.jpg
Ardisia japonica (Thunb.) Blume

e0038990_19552849.jpge0038990_19554011.jpg
5深裂した合弁花で、花径は5~8mm

e0038990_19561145.jpge0038990_19561951.jpg
左:花は葉の下に隠れるように咲く(2008.07.11) 右:蕾(2007.12.13)ダイラボウ

e0038990_19565418.jpge0038990_195739.jpg

果実:超小型のリンゴのような形でかわいい。(2012.02.17)
e0038990_19573384.jpg
群生するヤブコウジ 2014.02.19

e0038990_19575074.jpge0038990_1958131.jpg

左:上部の葉は輪生状につく 右:核(径約5mm)


ヤブコウジ(藪柑子)
別名:ヤマタチバナ(山橘)、ジュウリョウ(十両)
サクラソウ科ヤブコウジ属
学名:Ardisia japonica (Thunb.) Blume
花期:7~8月 常緑小低木 樹高:10~20cm 花径:5~8mm 果実径:5~6mm

e0038990_2163229.gife0038990_23292459.gif

【学名解説】
Ardisia : ardis(鎗先・矢先)/ヤブコウジ属
japonica : 日本の[japonicus(男性形)/japonica(女性形)/japonicum(中性形)]
Thunb. : Carl Peter Thunberg (1743-1828)
Blume : Carl Ludwig von Blume (1796-1862)
---
Batsch : August Johann Georg Karl Batsch (1761-1802)
ex : ~による
Borkh. : Moritz (Moriz) Balthasar Borkhausen (1760-1806)
---
R.Brown : Robert Brown (1773-1858)
O.Swartz : Olof Peter Swartz (1760-1818)
※japonicaは、ジャポニカではなくヤポニカと発音します。

撮影地:静岡県静岡市
安倍城跡(Alt. 435m) 2007.12.13 - 2014.02.19
ダイラボウ(Alt. 561m)
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

25 February 2014, 14 March 2014
Last modified: 24 October 2016
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2014-02-25 00:00 | | Trackback | Comments(0)
ミヤマシキミ(深山樒)
 ミヤマシキミ(深山樒)は、ミカン科ミヤマシキミ属の常緑低木です。アジアに分布し、日本では関東以西の山地に分布します。名の由来は、葉がシキミ(樒)に似て、山地に生える事から。

 ミカン科(Rutaceae Juss. (1789))は、世界に約150属、900種が分布します。ミヤマシキミ属(Skimmia Thunberg, 1783)は、アジアに約9種が分布し、日本では本種の1種のみがあり、変種・品種が11種程あります。

 山地の林下に自生します。樹高は100~150cmになります。葉は互生します。長さ6~13cm、幅3~5cmの倒卵状楕円形で全縁。光沢がある革質で、油点があります。花期は4月から5月頃で、茎頂に円錐花序をつけます。雌雄異株。小花は白色の花弁4枚からなり径8~9mm。芳香があります。雌花は4本の退化した雄しべと1本の雌しべ、雄花は4本の雄しべと退化した雌しべ1本があります。

 果実は核果です。赤く熟し、球形で長さ約8mm。広卵形で7mm程の核が2~5個あります。染色体数は、2n=30。

 葉や種子に痙攣作用があるスキミアニン(skimmianine)や、ジクタムニン(dictamnine)を含む有毒植物です。古くは頭痛、めまいの民間薬として用いられた経緯があり、農業用殺虫剤としての利用があります。観賞用として栽培される場合もあります。

Japanese common name : Miyama-sikimi
e0038990_19155727.jpg
Skimmia japonica Thunb. var. japonica

e0038990_19162669.jpge0038990_19163998.jpg

左:蕾 2008.02.18  右:蕾 2008.03.12

e0038990_19171676.jpge0038990_19173247.jpg
左:《雄花》雄しべ4本と退化雌しべ1本 右:《雌花》雌しべ1本と退化雄しべ4本

e0038990_1918727.jpge0038990_19181912.jpg
葉は倒卵状楕円形で全縁。光沢がある革質で、油点がある。

e0038990_19185095.jpge0038990_1919140.jpg
果実は核果で、熟すと赤くなる


ミヤマシキミ(深山樒)
ミカン科ミヤマシキミ属
学名:Skimmia japonica Thunb. var. japonica
花期:4月~5月 常緑低木(雌雄異株) 樹高:100~150cm 果期:12月~2月

e0038990_1147857.gife0038990_2163229.gif

【学名解説】
Skimmia : 和名のミヤマシキミに由来/ミヤマシキミ属
japonica : 日本の[japonicus(男性形)/japonica(女性形)/japonicum(中性形)]
Thunb. : Carl Peter Thunberg (1743-1828)
※japonicaは、ジャポニカではなくヤポニカと発音します。

撮影地:静岡県静岡市
安倍城跡(Alt. 435m) 2008.02.18 - 2014.02.07
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 08 February 2014
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2014-02-06 00:00 | | Trackback | Comments(0)
マルミノヤマゴボウ(丸実の山牛蒡)
 マルミノヤマゴボウ(丸実の山牛蒡)は、ヤマゴボウ科ヤマゴボウ属の多年草です。日本、台湾、中国等に分布し、日本では関東以西から四国、九州に分布する在来種です。名の由来は、ヤマゴボウ(山牛蒡 Phytolacca acinosa Roxb.)に対して、分果を作らない球果(丸い実)である事から。

 ヤマゴボウ科(Phytolaccaceae R.Br. (1818))は、世界に22属120種が分布し、日本にはヤマゴボウ属の1属があります。ヤマゴボウ属(Phytolacca L. (1753))は、熱帯・亜熱帯に約35種が分布します。日本には2種1)が自生し、1種2)が帰化しています。

 山地の林縁に自生します。根は太く塊根状。茎は丸く緑色で、100~150cmに直立します。葉は互生します。長い柄があり、長さ10~15cm、幅5~10cmの長楕円形から卵状長楕円形で、全縁、鋭尖頭、無毛。

 花期は6月から9月。円錐花序を直立してつけます。ヨウシュヤマゴボウと異なり、花序は果期にも下垂しません。花序長は10~20cm。花茎は薄緑で、果期には濃紅色になります。1~3cmの柄の先に花を多数付けます。花は花弁はなく5個の萼片のみで、径約8mm。白から淡紅色で、やがて濃紅色になります。両性花。心皮3)は7~10個で合生(ヤマゴボウは離生)します。葯色は白色です。

 果実は液果です。多心皮の雌しべ7~10個が合着した扁平な球形で、径約8mm。熟すと黒紫色になります。種子は約3mmの腎臓形で光沢がある黒色、同心円状の細い横条線があります。染色体数は、2n=72。

 生薬名をショウリク(商陸)と言い、民間療法で乾燥根を利尿に用います。根には硝酸カリウム(potassium nitrate / KNO3)が含まれます。

1)日本のヤマゴボウ属
ヤマゴボウ(山牛蒡) Phytolacca acinosa Roxb.
synonym : Phytolacca esculenta Van Houtte
マルミノヤマゴボウ(丸実の山牛蒡) Phytolacca japonica Makino
2)日本に帰化したヤマゴボウ属
ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡) Phytolacca americana L.
3)心皮 (carpel):雌しべ(pistil)を構成する特殊な葉。複数の雌しべの集合体。
多心皮の雌しべ:不特定多数の心皮で作られる

参考:ゴボウ(牛蒡)

Japanese common name : Marumino-yamagobou
e0038990_18322270.jpg
Phytolacca japonica Makino

e0038990_18333564.jpge0038990_18335285.jpg
【開花前】 蕾

e0038990_18352880.jpge0038990_18354485.jpg
【花期】 円錐花序に淡紅色萼片5の花を多数付ける。 2008.05.28

e0038990_1837238.jpge0038990_18372118.jpg
【果期】 萼片の色が濃くなる。 2008.07.22

e0038990_18383185.jpge0038990_18384365.jpg
【成熟期】 果実は液果で、熟すと黒紫色になる。 2008.08.08


マルミノヤマゴボウ(丸実の山牛蒡)
ヤマゴボウ科ヤマゴボウ属
学名:Phytolacca japonica Makino
花期:6月~9月 多年草 草丈:100~150cm 花径:約8mm

e0038990_2163229.gife0038990_23304654.gif

【学名解説】
Phytolacca : phyton(植物)+lacca(深紅色の顔料)/ヤマゴボウ属
japonica : 日本の[japonicus(男性形)/japonica(女性形)/japonicum(中性形)]
Makino : 牧野富太郎 Tomitaro Makino (1862-1957)

撮影地:静岡県静岡市
高山(牛ヶ峰 Alt.716.9m) 2008.05.28, 2008.07.22, 2008.08.08
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 17 March 2012
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2012-03-17 00:00 | | Trackback | Comments(2)
ハナミョウガ(花茗荷)
 ハナミョウガ(花茗荷)は、ショウガ科ハナミョウガ属の多年草です。中国、台湾、日本に分布します。日本では、関東以西から九州に分布する在来種です。名の由来は、葉が茗荷に似て目立つ花を咲かせる事から。

 ショウガ科(Zingiberaceae Martinov (1820))は、熱帯から亜熱帯にかけて約47属1400種が分布します。ハナミョウガ属(Alpinia Roxburgh (1810))は、東アジアから太平洋諸島にかけて約250種が分布します。

 山地の林縁に自生します。根茎から叢生1)し、細毛のある緑色の偽茎2)を40~60cmに斜上させます。葉は広披針形で、長さ15~40cm、幅5~8cm。葉表は無毛、裏面は短毛が密生します。花期は5月から6月頃です。偽茎の先に穂状花序3)を出します。花序は10~15cmで、多数の蘭に似た唇弁花を付けます。花弁の長さは約25mm。先端が3裂する唇弁は白地に赤い縞模様が入ります。萼(外花被)は白色の筒状で先端が赤くなります。

 雌雄異熟の両性花です。中裂片の内側に雄しべ1、雌しべ1が立ち上がります。雄性先熟で花柱の位置運動が行われます。子房下位。果実は蒴果4)です。はじめは緑色で熟すと赤色。広楕円形で、長さ12~18mm。細毛があり、残存萼5)が先端にあります。種子は白い仮種皮に包まれ、4~5mm。染色体数は、2n=48。

 生薬名は伊豆縮砂(いずしゅくしゃ)で、芳香性健胃薬として用いられます。乾燥種子を粉末にした物です。外国産の縮砂(日本薬局方収載生薬)Amomum xanthioides Wallichの代用品として用いられてきました。縮砂の主要成分は、d-camphor、d-borneol、bornylacetate、linalool、 nerolidol、liquiritin、glucovanillic acid等で、漢方薬の「安中散」等に配合されています。

 品種に、果実が黄色の、キミノハナミョウガ(黄実の花茗荷)Alpinia japonica (Thunb.) Miq. f. xanthocarpa Yamasiro et M.Maeda があります。

◎  ◎  ◎

 冬の里山などで「この赤い実は何?」と良く聞かれます。赤い実を付ける植物は結構多く、目立つからです。しかし、ハナミョウガは多くの方が名を知らないようです。特に花を見た事がないと言われる方が圧倒的です。暖地の山地では、ありふれた植物の一つです。

1) 叢生(そうせい):=束生(そくせい)。群がって束になって生える事。
2) 偽茎(ぎけい): 地下茎から出た多数の葉鞘(葉の基部で茎を取り巻いている部分)が重なり茎に見えるもの。
3) 穂状花序(すいじょうかじょ):花序軸に柄のない花が並ぶ形状。
4) 蒴果(さくか):裂開果の一つで、果実が成熟すると心皮と同数の裂片に裂けて種子を散布するもの。
5) 残存萼(ざんぞんがく):果実になる時期にも残る萼。

参考:ヤブミョウガ(藪茗荷)

Japanese common name : Hana-myouga
e0038990_1135229.jpg
Alpinia japonica (Thunb.) Miq.

e0038990_1935062.jpge0038990_194958.jpg
左:膜質の苞(左)に包まれていた穂状花序。右:白色で紅色の条がある唇弁花

e0038990_1971942.jpge0038990_1973378.jpg
左:葉表 右:葉裏は短毛が密生する

e0038990_1985688.jpge0038990_1991236.jpg
左:葉と花 右:地下茎と叢生する偽茎
e0038990_19103152.jpg
果実

e0038990_19141467.jpge0038990_19143461.jpg
果実は鳥などに食べられる
e0038990_19132189.jpg
左にある突起が残存萼の一部
e0038990_1919108.jpg
種子は白い仮種皮に包まれている
e0038990_1920489.jpg
一個の果実に含まれていた種子


ハナミョウガ(花茗荷)
ショウガ科ハナミョウガ属
学名:Alpinia japonica (Thunb.) Miq.
花期5月~6月 多年草 草丈:40~60cm 花冠長:約2.5cm 花序長:10~15cm

e0038990_2163229.gife0038990_20531140.gif

【学名解説】
Alpinia : Prospero Alpinio (1553-1617)に因む/ハナミョウガ属
japonica : 日本の[japonicus(男性形)/japonica(女性形)/japonicum(中性形)]
Thunb. : Carl Peter Thunberg (1743-1828)
Miq. : Friedrich Anton Wilhelm Miquel (1811-1871)

撮影地:静岡県静岡市
千代山(Alt.226m) 2007.06.04(花)
安倍城跡(Alt.435m) 2008.05.20(蕾)/2008.06.07(花)/2012.02.21(実)/2012.02.24(根)
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture]

Last modified: 26 February 2012
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2012-02-26 00:00 | | Trackback | Comments(2)
ツルリンドウ(蔓竜胆)
 ツルリンドウ(蔓竜胆)は、リンドウ科ツルリンドウ属の多年草です。日本、中国、朝鮮、サハリン、千島列島に分布し、日本では北海道、本州、四国、九州に分布する在来種です。名の由来は、蔓性のリンドウ(竜胆)である事から。

 リンドウ科(Gentianaceae Juss. (1789))は、世界に約80属1000種があり、日本には10属約30種が分布します。ツルリンドウ属(Tripterospermum Blume, 1826)は、世界に約500種あり、日本には13種があります。属名Tripterospermumは、種子に3枚の翼がある事による命名です。リンドウ属との違いは果実が液果であることです。

 山地の木陰に自生します。細い茎は紫褐色の蔓状で、地表を這うか他の物に絡まって30~80cm程の長さになります。葉は対生します。基部が心形の卵状披針形で、長さ3~8cm、主脈の両側に支脈が走る三縦脈があります。

 花期は8月から10月。葉腋から淡紫色から白色の鐘形花冠をつけます。萼は5中裂し、長さ15~20mm。花冠は筒状で、長さ2.5~3cm、先端が5裂して広がった線状披針形の裂片になります。裂片の間に3角形の小さな副裂片があります。雄しべ5個、雌しべ1個。雄性先熟。子房上位。染色体数は、2n=46。

 果実は液果です。楕円球形で、長さ約8mm、残存花柱があります。熟して赤くなりますが、リンドウのように2裂しません。果肉は乳白色。種子は約2mmで、翼があります。

 品種に、花冠が白く萼が薄緑色のシロバナツルリンドウ(白花蔓竜胆)Tripterospermum japonicum (Siebold et Zucc.) Maxim. var. japonicum f. albiflorum Honda があります。

参考:リンドウ(竜胆)

Japanese common name : Turu-rindou
e0038990_026623.jpg
Tripterospermum japonicum (Siebold et Zucc.) Maxim.

e0038990_0285398.jpge0038990_029650.jpg
蕾 2008.8.29

e0038990_0262793.jpge0038990_026454.jpg
2008.8.29

e0038990_0273883.jpge0038990_0275266.jpg
シロバナツルリンドウ(白花蔓竜胆) 2008.10.27
Tripterospermum japonicum (Siebold et Zucc.) Maxim. var. japonicum f. albiflorum Honda
e0038990_0293121.jpg
果実は液果 2008.11.18

★ ★ ★

 赤い実は目立ちますが、花は小さいので目立ちません。咲いていても気が付かない場合があります。花の話題が少ないのは、このような理由によるのかもしれません。ちなみに下の写真をご覧下さい。

e0038990_0294591.jpge0038990_0295653.jpg
ただの切り株ですが・・・中央をよく見て下さい。咲いていますね。安倍城跡 2010.10.11


ツルリンドウ(蔓竜胆)
リンドウ科ツルリンドウ属
学名:Tripterospermum japonicum (Siebold et Zucc.) Maxim.
花期:8月~10月 多年草 草丈:30~80cm(蔓性) 花冠長:25~30mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Tripterospermum : treis(3)+pteris(翼)+sperma(種子)/ツルリンドウ属
japonicum : 日本の[japonicus(男性形)/japonica(女性形)/japonicum(中性形)]
Siebold : Philipp Franz von Siebold (1796-1866)
et : et alii(及び・命名者が2名の時など・&(and)に同じ)
Zucc. : Joseph Gerhard Zuccarini (1797-1848)
Maxim. : Carl Johann Maximowicz (1827-1891)
---
シロバナツルリンドウ(白花蔓竜胆)
Tripterospermum japonicum (Siebold et Zucc.) Maxim. var. japonicum f. albiflorum Honda
var. : varietas(変種)
f. : forma(品種)
albiflorum : albiflorus(白花の)
Honda : 本田正次 Masaji Honda (1897-1984)

撮影地:静岡県静岡市
安倍城跡(Alt.435m) 2008.8.29, 2008.11.18, 2010.10.11
高山(牛ヶ峰 Alt.717m)2008.10.27, 2014.09.24
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

11 October 2010
Last modified: 16 November 2016
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2010-10-11 00:00 | | Trackback | Comments(0)
リンドウ(竜胆)
 リンドウ(竜胆)は、リンドウ科リンドウ属の多年草です。シベリア、中国、朝鮮半島、日本に分布します。日本では、本州、四国、九州、沖縄に分布します。名の由来は、漢方生薬の竜胆(龍膽・リュウタン)が転訛したものと言われています。英名は、Japanese gentian。

 リンドウ科(Gentianaceae Juss. (1789))は、世界に約80属1000種があり、日本には10属約30種が分布します。リンドウ属(Gentiana L. (1753))は、アフリカを除く熱帯と温帯に約500種があり、日本には13種が自生します。

 山野に自生します。淡黄色の根茎があり、生薬として用いられます。竜胆(リュウタン)、及びゲンチアナ(Gentiana)は日本薬局方に収録され、苦味健胃薬として用いられます。茎は枝分かれせず直立して20~80cmになります。葉は対生します。茎を抱き、長さ4~12cm、幅1~3cmの披針形で先が尖ります。主脈の両側に支脈が走る三縦脈があり、葉の縁にざらつきがあります。

 花期は9月~11月。茎頂や葉腋上部に青紫色の鐘形花冠を上向きにつけます。花冠色は、アントシアニン色素のゲンチオデルフィン(Gentiodelphin)によります。花冠は、長さ4~5cm、幅1.5~3cmの筒状で、先が5裂して広がった線状披針形の裂片になります。裂片の間に3角形の小さな副裂片があります。花冠内面に茶褐色の斑点が線状に並びます。温度傾性があり、晴れて陽が差した時に花冠を開き、曇りや夜間では花冠を閉じます。

 萼片は5つに深く裂けた狭長片。雄しべは5本。雄性先熟です。子房の周囲を雄しべが取り囲み、子房基部に蜜腺があります。雄しべの花粉放出が終わると、雌しべ柱頭が2裂します。子房上位。染色体数は2n=26。果実は赤色、長莢状の蒴果で、二つに裂けて楕円形の種子を排出します。

 よく似た種類に、蔓になるツルリンドウ(蔓竜胆)があります。

Japanese common name : rindou
e0038990_21394570.jpg
Gentiana scabra Bunge var. buergeri (Miq.) Maxim.

e0038990_16542257.jpge0038990_16543587.jpg
左:晴れた日に花冠が開く 右:奥の花冠はねじれて閉じている

e0038990_16581594.jpge0038990_16582638.jpg
花色が薄いものもある
e0038990_16591074.jpg
子房の周囲を雄しべが取り囲む。子房基部に蜜腺がある

e0038990_16594636.jpge0038990_1659552.jpg
左:雄しべが花冠側に広がった状態 2008.11.18 右:果実は蒴果 2008.11.17


リンドウ(竜胆)
リンドウ科リンドウ属
学名:Gentiana scabra Bunge var. buergeri (Miq.) Maxim.
花期:9月~11月 多年草 草丈:20~80cm 花冠長:4~5cm 花冠径:1.5~3cm

e0038990_2163229.gife0038990_23292459.gif

【学名解説】
Gentiana : イリュリア最後の王Gentius(ruled 180-168 B.C)に因む/リンドウ属
scabra : scaber(でこぼこした・ざら付いた)*scabra,scabrum
Bunge : Alexander Andrejewitsch von Bunge (1803-1890)
var. : varietas(変種)
buergeri : Heinrich Bürger (1806-1858))氏の (日本植物の採集家ブュルゲル)
Miq. : Friedrich Anton Wilhelm Miquel (1811-1871)
Maxim. : Carl Johann Maximowicz (1827-1891)

撮影地:静岡県静岡市
大山(Alt. 986m)/突先山(Alt. 1021.7m) 2008.10.29
高山(牛ヶ峰 Alt. 717m) 2008.11.17
安倍城跡(Alt. 435m) 2008.11.18
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 08 October 2010
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2010-10-07 00:00 | | Trackback | Comments(0)