タグ:雑記 ( 5 ) タグの人気記事
笑顔
e0038990_12591770.jpg 季節はずれの夏日となった日、私は少し離れた安倍川支流の土手へ草花の観察に出かけました。河川敷の、ほんの少しの水溜りで、小学生二人が遊んでいました。彼らは水溜りに閉じ込められた小魚を両手ですくい上げて歓声を上げていました。小魚の中の少し大きめの魚を懸命に追っています。私も一緒になって、どこにいるかを教え始めてしまいました。立ち去ろうとした時、「ナマズだ!」と大きな声を上げたので、再度見に行きました。両手の中に確かにナマズがいました。「髭もあるぞ」と喜んでいるので写真に撮らせてもらいました。するともう一人の子も、「僕のも撮って」と言い始めました。撮り終わると「おじさん、ありがとう」と元気な声で言いました。実は、私は何故ありがとうと言われたのか即座に理解できませんでした。彼らの手の中にあるナマズを撮っただけで、お礼を言うのは私のほうだったからです。彼らの住所を聞いていれば現像した写真を送ることもできたかもしれませんが、それはしていません。
e0038990_1301514.jpg
マナマズ(真鯰) Silurus asotus Linnaeus, 1758


e0038990_1311623.jpg 少し土手を進むと、幼稚園児ほどの可愛らしい二人の女の子がいました。彼女たちは急いで土手を降りようとしています。そこで私を見つけて言いました。実にあどけない言い方で、「おじさん、チョウチョとった」。「おお、凄いね」と私が言うと、「アゲハなの、見て」と言って、彼女たちは土手の上に戻りました。そこには2本の採取網が投げ出されていました。その中に蝶がいました。見るとアゲハではなく、ヒメアカタテハでした。女の子は「アゲハじゃなくてもいいの」と言いました。蝶が採取できただけで十分なのでしょう。そして私が思うに、ナミアゲハよりヒメアカタテハのほうが彼女たちに合っているかもしれません。翅裏に綺麗な模様があり、ナミアゲハより子供が好きそうな色彩をしています。「おじさん、これを虫かごに入れて」と言われて、何故呼び止められたのか理解できました。彼女たちは採取したのは良いが、どうやって虫かごに蝶を移すのかが分からなかったようです。網から蝶を出すと逃げられてしまうかもしれないと考え、親を呼びに行こうとしていたのです。私が虫かごの上に網を覆いかぶせ、蝶を虫かごの入り口に追いやるのを、彼女たちは真剣に見ていました。移し終えると、「おじさん、ありがとう」と言って、家へ戻っていきました。あたりには、ナミアゲハやキアゲハが飛んでいました。
e0038990_21151876.jpg
キアゲハ(黄揚羽) Papilio machaon hippocrates (C & R Felder, 1864)


e0038990_1523425.jpg 土手斜面は除草作業が終わり観察すべきものはありません。しかしヒガンバナ(彼岸花)が背丈を伸ばして群落を作っていました。少し年配の女性が一眼レフカメラでヒガンバナを撮影しています。ヒガンバナを綺麗に写したことが無い私は、逆光で撮影している様子に感心して声を掛けてみました。彼女は写真教室へ通っていて、提出する写真を撮っているとの事でした。デジタル一眼レフではなく、銀塩のカメラでした。しばらく私は蝶を追っていました。一段落ついたところで、ヒガンバナが咲く土手斜面に彼女と腰を下ろして話を始めました。カメラの話から始まり、自然の素晴らしさについてを語り合い、人生についての話題にまで広がっていきました。土手の上を少年達の自転車が通り抜けました。「さっきのおじさんだ、ありがとー」。
e0038990_1321971.jpg
土手斜面の彼岸花。上部左に河川中州にある「木枯しの森」が見える。

 通常、観察と称する散歩に出掛けると、200前後の枚数を撮影するのですが、この日は人との出会いで、わずか48枚にとどまりました。しかし、得たものは大変大きく、また楽しい一日となりました。私は思います。幼少時に自然と触れ合って育つことの大切さを。その時、子供達は満面の笑みを浮かべているのです。植物観察ではなくて人間観察のような日でしたが、このような日があっても良いなと感じられる一日でした。

撮影地:静岡県静岡市
藁科川(安倍川水系)/河口から2.0km 左岸 2007.09.28
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

9 October 2007
Last modified: June 12, 2008
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2007-10-09 00:00 | 雑記 | Trackback | Comments(8)
カール・フォン・リンネ(Carl von Linné)
 山道を登って行くと人影が見えました。緩やかな散歩コースとは言え、ほとんど人に会う事のない道です。近づくと、うずくまって植物の採取箱である胴乱(どうらん)に何かを収めているところででした。実に丁寧繊細に扱っています。挨拶をして「専門家の方ですか」と尋ねてみました。初老の紳士は、困惑した様子で「違います」と言いながら、採取した植物を撫でるかのようにして胴乱に仕舞い終えました。どう見ても専門家の手つきですし、ブリキの胴乱を持っている事自体が驚きです。因みに私はポリ袋と茶封筒を胴乱代わりに使っています。標本を作る方は植物を挟み込む野冊(やさつ)を携行します。胴乱も野冊も本格的な道具です。

e0038990_20333562.jpg

 更に話を聞くと、この胴乱は2台目との事。採取して植物精密画を描くのだそうです。1台目は学生時代に購入したと言います。どこの大学かと聞いたら返答があったので、専攻も聞いてみました。「分類学です」との返答に、私は「やっぱり専門家だったんだ」と予想が当たった事を心の中で喜びました。そこで、「今年はリンネさんの生誕300年ですね」と話題を振ると、相手の方も警戒心を解いてくれた様子でした。「ほら、そこ」と言われた指の先を見ると、全く気が付かなかった珍しい植物がありました。
       ▲胴乱
e0038990_2054464.jpg


 リンネは、博物学者・植物学者であるカール・フォン・リンネ(Carl von Linné 1707-1778)のことです。彼は1707年5月23日生まれですから、今年2007年は、生誕300年となります。スウェーデンで生まれ、ルター派の敬虔なキリスト教徒でした。ルンド大学で医学を学び、1741年にウプサラ大学医学部教授(薬学)となり、1742年に植物学に転向して植物園長となりました。1735年『自然の体系』(Systema Naturae)、1737年『植物の属』(Genera Plantarum)、1753年『植物の種』(Species Plantarum)を著しました。1778年1月10日に亡くなりました。
 

e0038990_20542017.jpg 『植物の種』では、それまでにない新しい分類方法を考案して用いました。ラテン語の属名と種小名で構成される二名法(binomial nomenclature)です。例えば、ツバキ(椿)は学名で、Camellia japonica L.です。最初の語が属名で、二つめが種小名を表します。この2語の組み合わせによって植物の全てを分類します。最後は命名者を表しています。L.はLinnéの略です。通常は一文字で表す事がありませんが、敬意を表して慣習として許されています。これらの功績から1757年に貴族の称号を与えられました。近代分類学の父と称されています。二名法は現在の国際植物命名規約に受け継がれています。
  Carl von Linné (1707-1778)

カール・フォン・リンネの主な著書
e0038990_21435698.jpge0038990_222830.jpge0038990_223246.jpg
▲「自然の体系」       ▲「植物の属」        ▲「植物の種」

Last modified: 23 May 2007
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2007-05-23 00:00 | 雑記 | Trackback | Comments(2)
静岡市風力発電施設
 競歩の練習で安倍川土手を使用していた時期がありました。往復20kmの距離を週1度の割合で楽しんでいました。折り返し点は、安倍川河口です。富士山や海が見えます。浜辺まで出ると、天気さえ良ければ東に伊豆半島、西に御前崎の岬が見えます。この区間をしばらく使用しないでいたら、いつの間にか風力発電設備が作られていました。青い空に低音の風切り音を唸らせながらプロペラが回っていました。風と波の音だけだった浜辺でしたから、この唸り音には驚きました。

 電気の使用量が上がるたびに発電施設は作られてきました。水力発電、火力発電、原子力発電など形態は様々です。風力発電は風を利用するので、発電原材料は無料で公害も出さないと期待されています。しかし、風が吹かなければ発電できず、ある程度の自然任せ的な部分は否めません。最近問題になっているのは、バードストライクです。鳥が衝突して死亡する事故を言います。猛禽類などの渡り鳥がプロペラに衝突してしまう理由は、接近すると風車が見えなくなる事に原因があると言われています。風車の先端部分は200km/hに達する事があるからです。これを避ける為に、羽根を着色する、ライトアップするなどが検討されています。事故例報告の件数は少ないものの、絶滅危惧種がいる地域では問題となります。渡り鳥のルートに位置する設備では頭を悩ます事になります。鳥が接近したら、レーダーを設置するか遠隔装置によって設備を停止する方法も検討されています。発電効率の点で不利になりますが、風力発電が持つ宿命なのかもしれません。

 静岡市に設置された風力発電装置は、ドイツのリパワーシステムズ社製で、MD-70という型番です。風力発電装置は、タワーに設置されます。タワーの高さは、羽根の中央部までが65mで、羽根の最高到達点は100mです。羽根はブレードと呼ばれ、3枚あります。ブレード1枚の長さは35mで、直径は70mです。アップウインド方式で、常に風に正対するように向きを変えます。ブレードの中央部は、ハブと呼ばれ、ブレードの角度を変えるモーターが3台付属しています。これは風速によって最適な回転を得られるようにする仕組みになっています。ブレードの後方に発電機があり、ナセルと呼ばれます。ナセルは回転増幅器であるギアが組み込まれていて、1500kW/hの発電が可能です。ナセルには風向計と風力計が設置されています。タワーの下部には変圧装置があり、プラントパッケージと呼ばれます。予想発電量は、年間で約250万kW/hです。これは、一般家庭の電力量700世帯分に相当します。実際には、発電量の全量が中島浄化センターの電力の一部(年間消費電力の約20%弱)として使われています。

e0038990_1545985.jpg
REpower MD70
e0038990_1551369.jpg
安倍川河口0km地点から。下に見える葉は、キョウチクトウ(夾竹桃)。 2005.09.14
e0038990_1552942.jpg
ナセルにあるマークは静岡市市章 2007.03.12
e0038990_1554364.jpg
静岡市中島浄化センター(下水処理場) 2005.04.21


風力発電施設(愛称:風電君)
機種:REpower社 MD70/ドイツ製

定格:巻線形誘導発電機 出力1500kw
定格風速:13m/s 発電最小風速:3.5m/s 停止風速:25m/s以上
ブレード:プロペラ形3枚 直径:70m 回転数:10.6~19.0回/毎分
タワー:モノポール鋼管タワー 地上高:65m(プロペラ中央部)/100m(最高到達点)
年間推定発電量:256万kWh
設置場所:静岡市駿河区中島1711番地の1(中島浄化センター敷地内)
設置:2004(平成16)年3月 設置者:静岡市 総事業費:約3億5000万円
見学申し込み:静岡市コールセンター 054-200-4894/静岡市環境政策課 054-221-1357

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から100m左岸、及び浜辺 2005.04.21, 2005.09.14, 2007.03.12
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

29 December 2006
Last modified: 12 March 2007
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-12-29 00:00 | 風景 | Trackback | Comments(2)
自然保護室・ボケボケ訪問記
 静岡県庁へ行きました。本館、別館、東館、西館と分かれていて、初めて入る私には迷路のようでした。野草観察に出かける時に急に思いついた事なので、事前に調べておく余裕がありませんでした。
e0038990_1013973.jpg
静岡県庁本館

 初めに入った本館は、議員室とか書かれていて、私が目的とする場所ではない事がすぐに分かりました。行き先は静岡県環境森林部自然保護室。東館11階の環境総室にありました。ここには森林総室もあります。
e0038990_1015328.jpg
静岡県庁東館

 静岡県版レッドリストを受け取りに行ったのですが、静岡県版レッドデータブックと間違えて口に出したので職員は大騒ぎ。何故かと言えば、市販品であり無料で配布しているものではないからです。レッドリストだと訂正してひとまず落ち着いたところで、それは在庫が無いと言われました。それもそのはず、2年も前のものでした。時間をくれればプリントアウトするとの温かい言葉に甘えさせて頂き、県庁の外で時間を潰しました。
e0038990_102132.jpg
静岡県庁東館正面

 印刷されたレッドリストを受け取り、ついでにインタビューをしてみました。「自然保護室と県民との繋がりは、どのようなものがありますか」とかの他愛もない事を聞きました。レッドブックスは書店で見かけた事がないと話すと、聞き耳を立てていた別の職員さんが「○○書店で売っていましたよ」と教えてくれました。室長さんも親切に対応してくれました。自然保護室の皆さん、仕事の邪魔をして申し訳ありませんでした。最後のひと言まで温かみがありました。

 その内、私も絶滅危惧種の一人になりますが、お世話になる課が違うかもしれません。リストを抱えて外へ出ると、青空は雲に覆い隠されていました。負けるもんかと野草観察の為に河川敷へ急いだのですが、暗さにカメラは反応してくれませんでした。珍しくお会いした成虫のオオカマキリさんも、あっかんべーをしていました。しかし、いいんだ、今日は自然保護の為に働いているスタッフの皆さんに会えたのだから。

【参考】
まもりたい静岡県の野生生物-県版レッドデータブック-
・植物編(663種) A4判・340頁 定価3,500円 ISBN4-938138-52-2
・動物編(385種) A4判・352頁 定価3,500円 ISBN4-938138-51-4
・普及版(123種) A5判・204頁 定価1,500円 ISBN4-938138-50-6
問合せ先:羽衣出版有限会社

撮影地:静岡県静岡市
葵区追手町9番6号 2006.10.13
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 14 October 2006
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-10-14 00:00 | 雑記 | Trackback | Comments(3)
サンタクロース
 短時間の野草観察を終えて、急ぎ足で土手沿いを帰ろうとしている時、その斜面に奇妙な花を見つけました。葉と花が一致しないキメラ状態の、見た事がない不思議なものでした。キメラ(chimera)とは、ギリシャ神話に登場する幾種類かの動物の融合体の事です。あわてて近寄ると、それは生木に造花を組み合わせた悪戯でした。実に旨く作られていたので笑みがこぼれてしまいました。そして、木に生えたサンタクロース。遊び心のある人が作った、ほほえましい風景でした。

 サンタクロースは実在の人物で、東ローマ帝国小アジアのシュラ(現在のトルコ)の司教であったセント・ニコラウスです。彼は、キリストの教えの通りに、貧しい人や困っている人を助け、施しをしてきました。その後、この話は様々な脚色を経て、現在のサンタクロースの話ができあがっていきました。彼の命日は12月6日であり、この日を聖ニコラス祭として祝っています。オランダではジンタークラース(Sinterklaas)であり、子どもの守護の聖人として崇められているので、子供へプレゼントをする習慣が起こりました。

 12月25日は、クリスマスです。Christmasとは、Christ(キリスト)+mas(祭)であり、キリスト降誕祭の事です。しかし、キリストの生誕日は不明であり、便宜的に決められたものです。ミトラ教の太陽神の誕生を祝す冬至祭が12月25日であり、キリストの生誕と再生(復活)を重ね合わせてクリスマスとしたのです。冬至を境に弱かった日光が持ち直してくることで、太陽の復活と考えられていたからです。

 以上から、サンタクロースはクリスマス前にやってきても何もおかしくはないわけです。「あわてん坊のサンタクロース」ではなかったわけです。そして、人を愛し、施しをするものは皆、サンタクロースの仲間であると言えます。国内のみならず、海外にも難民や苦境にあえいでいる子供達がいます。学費や医療の足しになるようにと送金している人たちは、立派なサンタクロースです。そして、小遣いの内から献げている、子供のサンタクロースだっているわけです。国籍、年齢、性別を問わず、サンタクロースには誰にでもなれるのです。

Japanese common name : Santakurōsu
e0038990_197336.jpg
Seint Nicholas - doll


サンタクロース(聖ニコラウス)
Seint Nicholas (271-342)
霊長目ヒト科ヒト属
学名:Homo sapiens Linnaeus, 1758

e0038990_12135938.gif(Joke)

【学名解説】
Homo : (人)/ヒト属
sapiens : (賢い)/ヒト種

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から8.0km 左岸河川敷 2005.12.14
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 25 December 2005
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-12-25 00:00 | 雑記 | Trackback | Comments(2)