タグ:黄色系 ( 64 ) タグの人気記事
アラゲハンゴンソウ(荒毛反魂草)
 茎や葉に荒い剛毛があるアラゲハンゴウソウは、北アメリカ原産の帰化植物で、野生化しています。性質が強く、環境にあった場合は勢力を広げ、時に在来種を脅かすほどにまでなります。

 ヒマワリなどと同じように、大型の花は群生すると目立ちます。背丈が200cm程にもなるオオハンゴウソウ(特定外来生物)に比べ、本種は低く、70cm程。園芸種も作られています。染色体数は、2n=38。

※本種を含むオオハンゴンソウ属は、輸入時に種類名証明書の添付が必要な生物に指定されています。特定外来生物に指定されている種については、原則輸入禁止です。

Japanese common name : Arage-hangonsou
e0038990_13541180.jpg
Rudbeckia hirta L. var. pulcherrima Farw.


アラゲハンゴンソウ(荒毛反魂草)
別名:キヌガサギク(絹笠菊)
キク科オオハンゴンソウ属
学名:Rudbeckia hirta L. var. pulcherrima Farw.
花期:6月~8月 多年草 草丈:40~70cm 花径:4~7cm

e0038990_12135938.gif

【学名解説】
Rudbeckia : Olaus (Olof) Johannis Rudbeck (1630-1702), Olaus (Olof) Olai Rudbeck (1660-1740)を記念/オオハンゴンソウ属
hirta : hirtus(短い剛毛のある)
L. : Carl von Linne (1707-1778)
var. : varietas(変種)
pulcherrima : pulcherrimus(非常に美しい)
Farw. : Oliver Atkins Farwell (1867-1944)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から17.0km 左岸土手 2005.06.09
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 19 June 2005
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-06-19 00:00 | | Trackback | Comments(0)
トウモロコシ(玉蜀黍)
 藁科川土手に野草を探していると、水田に手作業でイネを植えている農家の方が見えました。ぬかるみに入っての作業は重労働です。腰を曲げたままなので、時々背中をまっすぐにする動作が入ります。昔からの懐かしい風景です。

 畑には作物が育っています。トウモロコシの花が咲いていました。上部に見えているのは雄花です。南アメリカ原産です。

Japanese common name : Tou-morokosi
e0038990_18533343.jpg
Zea mays L.


トウモロコシ(玉蜀黍)
イネ科トウモロコシ属
学名:Zea mays L.
花期:6~9月 1年草 草丈:100~250cm 花柱:~50cm

e0038990_12135938.gif

【学名解説】
Zea : コムギの種に対するギリシャ古名/トウモロコシ属
mays : 南米名
L. : Carl von Linne (1707-1778)

撮影地:静岡県静岡市
葵区牧ヶ谷(畑地) 2005.06.14
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 17 June 2005
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-06-17 00:00 | | Trackback | Comments(0)
ホオズキ(酸漿)
 夏の風物詩である浅草の「ほおずき市」をあげるまでもなく、懐かしい思いをお持ちの方も多いのではないでしょうか。花は鑑賞価値が低いとされ、もっぱら実に興味が注がれています。7月頃に赤く染まります。東アジア原産です。英名は、Winter cherry。

Japanese common name : Hoozuki
e0038990_19423130.jpg
Physalis alkekengi L. var. franchetii (Mast.) Makino


ホオズキ(酸漿)
学名:Physalis alkekengi L. var. franchetii (Mast.) Makino
ナス科ホオズキ属
花期:6月~7月 多年草 草丈:60~80cm 花径:1.5cm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Physalis : physa(水泡、気泡)/ホオズキ属
alkekengi : ホオズキのアラビア語
L. : Carl von Linne (1707-1778)
var. : varietas(変種)
franchetii : Adrien Rene Franchet (1834-1900)の
Mast. : Maxwell Tylden Masters (1833-1907)
Makino : 牧野富太郎 Tomitaro Makino (1862-1957)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川河口から17.0km 東岸土手 2005.06.09
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 11 June 2005
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-06-11 00:00 | | Trackback | Comments(0)
ビヨウヤナギ(美容柳/未央柳)
 先日来た時は咲いていなかったのに、と驚きました。長いまつげ?が売りの派手なビヨウヤナギ。白楽天の詩「長恨歌」で未央宮殿の柳を楊貴妃の眉に喩えた事から、未央柳とも。園芸種は敬遠している私ですが、「君すごいじゃん」とカメラを向けてしまいました。繊細そうですが性質は丈夫。中国が原産です。

 「君を見てびようやなぎ薫るごと胸騒をおぼえそめきに」 北原白秋

Japanese common name : Biyou-yanagi
e0038990_1957380.jpg
Hypericum monogynum L.


ビヨウヤナギ(美容柳/未央柳)
別名:キンシトウ(金糸桃=中国名)
オトギリソウ科オトギリソウ属
学名:Hypericum monogynum L.
synonym : Hypericum chinense L. var. salicifolium (Siebold et Zucc.) Choisy
花期:6月~7月 半常緑低木 樹高:1~1.5m 花径:4~6cm

【学名解説】
Hypericum : hypericonに因む|hypo(下に)+erice(草叢)/オトギリソウ属
monogynum : mono(一)+雌蘂(しずい)の
L. : Carl von Linne (1707-1778)
---
hypericon : Hyperīōn(ギリシア神話の神)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から17.0km 左岸土手(植栽) 2005.06.09
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 10 June 2005
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-06-10 00:00 | | Trackback | Comments(0)