ホシアサガオ(星朝顔)
 ホシアサガオ(星朝顔)は、ヒルガオ科サツマイモ属の1年草です。熱帯アメリカが原産です。日本では、本州中部以西に分布する帰化植物です。非意図的侵入と考えられています。名の由来は、花冠裂片が星形に開く朝顔の仲間である事から。中国名は、三裂葉薯(sān liè yè shŭ)。

 ヒルガオ科(Convolvulaceae Juss. (1789))は、熱帯から亜熱帯に約58属1650種が分布し、日本には5属10種があります。サツマイモ属(Ipomoea L. (1753)) は、熱帯から亜熱帯に約500種が分布します。

 土手や河川敷、荒れ地等で自生します。茎は分枝しながら他物に巻き付いて長く延びます。葉は、互生します。全縁の卵円形から心臓形、3裂するものなど形状変化があります。長さ2~7cm、幅3~6cm。葉柄は3~6cm。

 花期は、7月から10月。葉腋から長い花柄を出し、茎頂に1~5個の花をつけます。小花柄にはイボ状の低突起がまばらにつきます。萼片は約7mmで尖ります。花冠は漏斗形で五角形の星形に浅裂し、径10~18mm。淡紅紫色で筒部内面が濃色となります。両性花。雌しべ1本、雄しべ5本。葯色は白色。類似種であるマメアサガオ(豆朝顔)の葯色は、紅紫色です。

 果実は朔果です。球形で、上部に白毛があり、径7~9mm。子房2室、4胚珠。種子は卵形で4種子あり、黒色で滑らか、長さ4~5mm。染色体数は、2n=30。

 環境省の「我が国の生態系等に被害を及ぼすおそれのある外来種リスト」で、分布拡大期~まん延期とされ、大豆畑に影響が大きく、「その他の総合対策外来種」に指定されています。

 類似種として、ベニバナマメアサガオ(紅花豆朝顔)Ipomoea lacunosa L. f. purpurata Fernald 、萼や茎などに毛があり、芋状の根茎があるイモネノホシアサガオ(芋根の星朝顔)Ipomoea trichocarpa Ell. 、マメアサガオ(豆朝顔)Ipomoea lacunosa L. があります。

Japanese common name : Mame-asagao
e0038990_18481255.jpg
Ipomoea triloba L.

e0038990_18493406.jpge0038990_22045117.jpg
花冠は漏斗形で五角形の星形に浅裂。筒部内面が濃色。葯色は白色。
e0038990_16113722.jpg
他の物を覆うように伸びる。葉は卵円形から心臓形、3裂する等、変化がある。

e0038990_18520278.jpge0038990_18520755.jpg
小花柄には、イボ状の低突起がまばらにつく。

e0038990_18525356.jpge0038990_18525655.jpg
果実は朔果で球形、上部に白毛がある。種子は4個。


ホシアサガオ(星朝顔)
ヒルガオ科サツマイモ属
学名:Ipomoea triloba L.
花期:7月~10月 1年草 草丈:蔓性 花径:10~18mm

e0038990_12135938.gif


【学名解説】
Ipomoea:ips(芋虫)+homoios(似た)/サツマイモ属
triloba:trilobatus(三裂片の)
L.:Carl von Linne (1707-1778)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から14.25km 左岸河川敷 2005.11.02
安倍城跡 (Alt.435m) 2011.10.18
帆掛山 (Alt.304m) 2017.09.21
麻機遊水地第4工区 2017.10.27
麻機遊水地第3工区 2017.10.29, 2018.09.18
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 8 October 2018
e0038990_1703595.gif

[PR]
# by pianix | 2018-10-08 00:00 | | Comments(0)
ハクチョウソウ(白蝶草)
 ハクチョウソウ(白蝶草)は、アカバナ科マツヨイグサ属の多年草です。北アメリカが原産です。日本には、1863年頃に文久遣欧使節によって移入されたと言われています。当時は、ヤマモモソウ属(Gaura L. (1753))のヤマモモソウ(山桃草)とされていました。現在はマツヨイグサ属です。逸出して日本全国で野生化している帰化植物です。名の由来は、花冠を白いチョウに見立てたもの。中国名は、山桃草(shān táo cǎo)。英名は、White gaura。

 アカバナ科(Onagraceae Juss. (1789))は、世界に約37属640種が分布します。日本には5属28種があります。マツヨイグサ属(Oenothera L. (1753))は、約125種があり、日本に自生種は無く、14種が帰化しています。

 茎は根元で分岐して直立します。草丈は50~150cm。茎葉はロゼット状。葉は互生します。葉柄が無い披針形で、長さ1~9cm。まばらに鋸歯があります。茎や茎葉には毛があります。

 花期は5月から11月頃までと長く続きます。長い茎の先に総状花序を出します。花柄と萼は赤味を帯びます。蕾に毛があります。萼は4枚で、後方に大きく反り返り、斜めに立ち上がります。

 花径は2~3cm。花色は白色で、桃色もあります。花弁は倒卵型で、長さ12~20mm。4枚が上側に半円状に並びます。雄しべと雌しべは長く突き出ます。雄しべは8本で葯は赤褐色。雌しべは1本で、白色の柱頭は4裂します。

 一日で萎む一日花ですが、下から順に咲き続けます。子房下位で4室。果実は蒴果です。長さ7~8mm、幅約3mmの紡錘形で堅果。種子は長さ2~2.5mmで赤褐色。染色体数は、2n=2x=14。

 種子繁殖します。園芸では、挿し木、株分けでも行われます。繁殖力が強く、放置すると簡単に雑草化します。

Japanese common name : Hakuchou-sou
e0038990_21590720.jpg
Oenothera lindheimeri (Engelm. et A.Gray) W.L.Wagner et Hoch

e0038990_15033551.jpge0038990_15043165.jpg
左:萼片は4枚、雄しべ8、柱頭は4裂する。右:萼は4枚で後方に反り返る。

e0038990_22160774.jpge0038990_22055146.jpg
左:風でよく揺れる。右:葉はまばらに鋸歯がある披針形。

e0038990_22075398.jpge0038990_22075970.jpg
左:茎は根元で分岐して直立する。右:1~2年で野生化するほど繁殖力が強い。


ハクチョウソウ(白蝶草)
別名:ヤマモモソウ(山桃草)
流通名:ガウラ
アカバナ科マツヨイグサ属
学名:Oenothera lindheimeri (Engelm. et A.Gray) W.L.Wagner et Hoch
Synonyms : Gaura lindheimeri Engelm. et A.Gray
花期:5月~11月 多年草 草丈:60~150cm 花径:2~3cm

e0038990_12135938.gif


【学名解説】
Oenothera : oinos(酒)+ther(野獣)/マツヨイグサ属
lindheimeri : Ferdinand Jakob Lindheimer (1801-1879)氏の
Engelm. : Georg (George) Engelmann (1809-1884)
et : et alii(及び・命名者が2名の時など・&(and)に同じ)
A.Gray : Asa Gray (1810-1888)
W.L.Wagner : Warren Lambert Wagner (1950- )
Hoch : Peter Coonan Hoch (1950- )
---
Gaura : 立派な、華美な/ヤマモモソウ属

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から6.25km 安倍川柳町緑地公園
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 24 August 2018
e0038990_1703595.gif

[PR]
# by pianix | 2018-08-25 00:00 | | Comments(0)