スイフヨウ(酔芙蓉)
 スイフヨウ(酔芙蓉)は、アオイ科フヨウ属の落葉低木です。日本、中国、台湾に分布します。日本では、沖縄、九州・四国に自生します。栽培種として観賞用に関東地方以西に分布します。名の由来は、中国名の木芙蓉(mù fú róng)の略名。中国での芙蓉は、ハスのことで、フヨウがハスの花に似ていることから。スイフヨウは、フヨウの花色が変化する様子を酒に酔った顔色に例えたもの。中国名は、醉芙蓉(zuì fú róng)。

 アオイ科(Malvaceae Juss. (1789))は、熱帯から冷帯にかけて、250属(APG)が分布します。クロンキスト体系(Cronquist system)では、約75属、約1500種でした。フヨウ属(Hibiscus L. (1753))は、約250種が分布します。

 フヨウの1品種として栽培されています。耐寒性がやや弱く、四国・九州・沖縄で自生、暖地で路地植えが可能です。樹高は、150~300cm。葉柄は長さ5~12cm。葉は、互生します。先が浅く3~7裂した五角形状で、基部は心形。長さ幅共に、10~20cm。冬に落葉します。葉や葉柄、萼と副萼片、果実には星状毛と腺毛があります。

 花期は、7月から10月。萼は5裂し、副萼片は線形で10個。花冠は基部で合着し、花径は10~15cm。雄しべが花弁化する八重咲きがほとんどですが一重もあります。咲き始めは白色で、夕方には紅色へと変化します。1日花です。

 色の変化は、アントシアニン1)(シアニジン-3-サンブビオシド2)、シアニジン-3-グルコシド3))によります。低温下での生合成は弱く、気温25℃以上で進みます。アントシアニン合成酵素のメッセンジャーmRNA 4)の発現量が増加し、アントシアニン色素が花弁液胞内に蓄積して赤色になっていきます5)。紫外線の影響ではありません。

 果実は蒴果です。球形で径25~27mm、裂開して径約32mm。子房上位で5室があります。種子は腎臓形で長さ約2~3mm。背面に長い剛毛があります。八重咲き種は不稔性です。よって繁殖は、挿し木が一般的です。

脚注:
1)Anthocyanin : 植物色素アントシアン(Anthocyan)の一つ。酸性で紅色、アルカリ性で青色にな る。
2)Cyanidin 3-sambubioside(C26H29O15)
3)Cyanidin 3-glucoside(Cl C21H21O11)
4)messenger RNA : 伝令RNA。DNAの遺伝情報を写しとって伝えるRNA(Ribonucleic acid)で、タンパク質合成させる機能をもつ。
5)花色変化メカニズムに関する研究(第3報)—スイフヨウ—(奥尚枝、三島鮎美、石黒京子)武庫川女大薬学部 : 日本薬学会年会要旨集(2011.03.05)

Japanese common name : Sui-fuyou
e0038990_15132055.jpg
Hibiscus mutabilis L. 'Versicolor'

e0038990_18261258.jpge0038990_15134344.jpg
左:葉は3~7浅裂した掌状。花色が赤に変わっていく<2017.10.11> 右:幹

e0038990_15174898.jpge0038990_15532460.jpg
果実は蒴果。星状毛と腺毛で覆われている。縦に5裂して多数の種子を出す。

e0038990_18273782.jpge0038990_18274174.jpg
種子は腎臓形で、背面に長毛がある。


スイフヨウ(酔芙蓉)
アオイ科フヨウ属
学名:Hibiscus mutabilis L. 'Versicolor'
花期:7月~10月 落葉低木 樹高:150~300cm 花径:10~15cm 果期:10月

e0038990_21323673.gif


【学名解説】
Hibiscus : 由来不明、ゼニアオイ属の古代ギリシャ及びラテン古名/フヨウ属
mutabilis : 変化しやすい、不安定な、色々に変わる
L. : Carl von Linne (1707-1778)
Versicolor : 斑入り、変色、種々の色のある

撮影地:静岡県静岡市
賤機山 2017.10.11, 2017.11.27, 2017.12.14
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

19 December 2017
Last modified: 20 January 2018
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2017-12-19 00:00 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://pianix.exblog.jp/tb/26246809
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ヤマノイモ(山の芋) ショウジョウカ(猩猩花) >>