マユミ(真弓)
 マユミ(真弓)は、ニシキギ科ニシキギ属の落葉小高木です。日本、朝鮮半島、中国、サハリンに分布します。日本では、北海道から九州に分布する在来種です。名の由来は、弓の材料に使われた事から。中国名は、西南卫矛(xī nán wèi máo)、檀(tán)。英名は、Spindle tree。

 ニシキギ科(Celastraceae R.Br. (1814))は、世界に約100属1000種以上があり、ニシキギ属(Euonymus L. (1753))は世界に約220種、日本には18種が分布します。

 山野に自生します。灰白色の樹皮で裂けて縦筋が入り、高さ3~5mになります。庭木としても利用されます。材質は緻密で象牙色である事から、将棋駒、こけし、箱類の木工品用材とされます。枝は稜があり、柔軟で良くしなります。葉は、対生します。長楕円形で、長さ6~12cm、幅2〜8cm。細鋸歯があり鋭頭。葉柄は長さ5~20mm。冬に紅葉して落葉し、果実のみが残ります。

 花期は、5月から6月頃。芽鱗痕の腋から3~6cmの集散花序を出します。淡緑白色で径1cm程の花を1~7個つけます。萼片4個、長卵形の花弁4個、緑色の花盤に雄しべが4個つき、葯は赤色。中央に薄緑色の雌花があります。雌雄同株。花柱の長短2型があり、雌しべが短い花は結実しにくい。不完全雌雄異株説もあります。

 果実は蒴果です。倒三角形で4稜があり、長さ約8~10mm。熟すと4裂して種子を出します。種子は、長さ約7mm、幅約4mmの楕円形で、光沢のある赤色の仮種皮に包まれます。仮種皮を取り除くと、長さ約5.5mm。果実は長くつきます。冬芽は卵形。染色体数は、2n=64。

 果皮や種子はアルカロイド(エボニン1))が含まれ有毒です。誤食により、嘔吐、下痢、悪寒、大量摂取で痙攣を引き起こします2)。頭ジラミの殺虫剤としての利用がありました。

 変種に、カントウマユミ(関東真弓)Euonymus sieboldianus Blume var. sanguineus Nakai 別名、ユモトマユミ(湯元真弓)、アカマユミ(赤真弓)があり、葉裏の葉脈に突起状の毛が密生します。

 同属で、赤い実をつける次のものがあります。
ニシキギ(錦木)Euonymus alatus (Thunb.) Siebold f. alatus
ツリバナ(吊花)Euonymus oxyphyllus Miq. var. oxyphyllus
マサキ(柾)Euonymus japonicus Thunb.

脚注:
1)エボニン(Evonine) : C36H43NO17
2)日本の有毒植物 フィールドベスト図鑑 佐竹元吉著 / 公益財団法人日本中毒情報センター 保健師・薬剤師・看護師向け中毒情報【有毒な木の実・草の実】Ver.1.02

Japanese common name : Mayumi
e0038990_13483413.jpg
Euonymus sieboldianus Blume

e0038990_13545597.jpge0038990_15164820.jpg
花期は5月から6月頃。集散花序を出し淡緑白色の花をつける。葉は長楕円形。

e0038990_15192682.jpge0038990_15194907.jpg
左:若い緑色の果実(5月)倒三角形で4稜がある。右:色づいた果実(12月)

e0038990_15234916.jpge0038990_15252478.jpg
熟すと4裂して種子を出す。種子は光沢のある赤色の仮種皮に包まれる。

e0038990_14020679.jpge0038990_14021245.jpg
左:仮種皮を取り除いた種子。右:種子の断面。

e0038990_15191691.jpge0038990_15192018.jpg
左:1月の果実。長い期間残る。 右:寒くなると花序枝が赤くなる。

e0038990_15263416.jpge0038990_15263790.jpg
左:太くなると灰白色の樹皮は裂けて縦筋が入る。 右:冬芽は卵形で鋭頭。



マユミ(真弓・檀)
別名:ヤマニシキギ(山錦木)、カンサイマユミ(関西真弓)、オオバマユミ(大葉真弓)、エゾオオバマユミ(蝦夷大葉真弓)
ニシキギ科ニシキギ属
学名:Euonymus sieboldianus Blume
synonym : Euonymus hamiltonianus auct. non Wall.
花期:5月~6月 落葉小高木 樹高:3~5m 花径:約1cm 果期:10~11月

e0038990_2163229.gife0038990_10353896.gif


【学名解説】
Euonymus:eu(良い)+ onoma(名)/ニシキギ属
sieboldianus:Philipp Franz von Siebold (1796-1866)+iānus(シーボルトの)
Blume:Carl Ludwig von Blume (1796-1862)
---
hamiltonianus : William Hamilton (1783-1856)氏の
auct. non : auctorum(著者らの)+non(否定)/著者の命名では無い
Wall. : Nathaniel Wallich (1786-1854)

撮影地:静岡県静岡市
足久保川(安倍川水系) 2006.01.17
賤機山(Shizuhata-yama) 2016.04.29, 2016.05.04, 2016.05.30, 2017.12.28, 2018.01.04
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

9 January 2018
Last modified: 20 January 2018
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2018-01-09 00:00 | | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< タコノアシ(蛸の足) ヤマノイモ(山の芋) >>