ハルシャギク(波斯菊)
 ハルシャギク(波斯菊)は、キク科ハルシャギク属の1年草です。北米西部原産で、明治初期に栽培用途として移入されたと言われています。栽培種が逸出して野生化しています。和名の波斯は、ペルシャ(現イラン)のことですが、原産地との関係はありません。別名のジャノメソウは、花冠が蛇の目模様であることから。

 キク科(Asteraceae Bercht. et J.Presl (1820))は、世界に約950属2万種が分布し、日本には約70属360種があります。ハルシャギク属(Coreopsis L. (1753) は、アメリカやアフリカに約120種が分布します。

 園芸用途での花壇植えの他、日当たりの良い草地などで野生します。茎は無毛で、分枝しながら60~80cmの高さになります。葉は、対生します。2回羽状の複葉で深裂か全裂し、線形から線状披針形で先端は丸まります。蕾は暗赤褐色の筋があり球形。

 花期は、6月から9月頃。複集散花序1)を出し、柄の先に頭状花をつけます。皿状の総苞片は2列。総苞片は内片より外片が長くなります。花径は、3~4cm。花色は黄色で、中心部が紫褐色になります。舌状花は約8枚。先端は山状に浅く3裂します。黄色で、基部は紫褐色、不稔性です。中心部に紫褐色の筒状花が多数あり、両性花で、5本の雄しべの葯は合着して葯筒となります。

 果実は、痩果です。種子は翼があり、長さ1.5~4mm。属名のCoreopsisは、果実が南京虫(トコジラミ)に似ているとの意味ですが、果実を見て連想できる人は今では少ないかもしれません。染色体数は、2n=24。

 ハルシャギク属の全種は、外来生物法で輸入時に種類名と数量が記載された「種類名証明書の添付が必要な生物」に指定(外来生物法25条、外来生物法施行規則31条・32条)されています。

 同属のハルシャギクの仲間に次の種類があります。
ホソバハルシャギク(細葉波斯菊)Coreopsis grandiflora Hogg ex Sweet
イトバハルシャギク(糸葉波斯菊)Coreopsis verticillata L.
ハマベハルシャギク(浜辺波斯菊)Coreopsis maritima (Nutt.) Hook.f.
 ヘレニウム属に、マツバハルシャギク(松葉波斯菊)Helenium amarum (Raf.) H.Rock があります。

脚注:
1)複集散花序:複合花序のひとつで、集散花序が組み合わさる花序。主軸から横枝を出し、その分枝を繰り返す。

Japanese common name : Harusya-giku
e0038990_21403421.jpg
Coreopsis tinctoria Nutt.

e0038990_22305825.jpge0038990_22315202.jpg
花壇に咲くハルシャギク。茎は細く無毛。中心部の紫褐色模様は変異がある。

e0038990_22340683.jpge0038990_22340921.jpg
野生化して草地に繁殖する。葉は対生。2回羽状の複葉で、線形から線状披針形。

e0038990_22341678.jpge0038990_22342085.jpg
果実は、痩果。



ハルシャギク(波斯菊)
別名:ジャノメソウ(蛇目草)、クジャクソウ(孔雀草)
キク科ハルシャギク属
学名:Coreopsis tinctoria Nutt.
花期:6月~9月 1年草 草丈:60~80cm 花径:3~4cm

e0038990_12135938.gif


【学名解説】
Coreopsis : coris(南京虫)+opsis(似ている)/ハルシャギク属
tinctoria : tinctorius(染色用の、染料の)
Nutt. : Thomas Nuttall (1786-1859)
---
ホソバハルシャギク(細葉波斯菊)
grandiflora : 大きな花の
Hogg : Thomas Hogg (1777-1855)
ex : ~による
Sweet : Robert Sweet (1783-1835)
---
イトバハルシャギク(糸葉波斯菊)
verticillata : verticillatus(輪生の、環生の)
L. : Carl von Linne (1707-1778)
---
ハマベハルシャギク(浜辺波斯菊)
maritima : maritimus(海の、海浜生の)
Hook.f. : Joseph Dalton Hooker (1817-1911)
---
マツバハルシャギク(松葉波斯菊)
Helenium : Menelaus王の妻トロイのヘレン(Helena)の名/オグルマ属
amarum : amarus(苦味の)
Raf. : Constantine Samuel Rafinesque (1783-1840)
H.Rock : Howard Francis Leonard Rock (1925-1964)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から9.75km左岸 河川敷(植栽)2005.11.02
麻機湧水地第3工区 2017.09.24, 2017.09.25
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 23 January 2018
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2018-01-23 00:00 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://pianix.exblog.jp/tb/26438381
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< オギノツメ(荻の爪) タコノアシ(蛸の足) >>