フキタンポポ(蕗蒲公英)
 フキタンポポ(蕗蒲公英)は、キク科フキタンポポ属の多年草です。ユーラシア大陸(中国からヨーロッパ)が原産です。日本には明治初期に移入された帰化種です。名の由来は、葉がフキ(蕗)に、花がタンポポ(蒲公英)に似ていることから(『頭註国訳本草綱目』牧野(1929))。別名の款冬(kuǎn dōng)は、中国名の音読みで、冬の至れる時期に花が咲くとの意味です。英名は、コルツフット(Colt’s-foot)で、子馬の足の意味。

 キク科(Asteraceae Bercht. et J.Presl (1820))は、世界に約950属2万種が分布します。日本には約70属360種があり、帰化種は100種以上あります。フキタンポポ属(Tussilago L. (1753))は、1属1種が分布します。

 葉は、互生します。花茎に鱗片状の小葉と綿毛がつき、草丈は5~10cm。開花後に出る根出葉は三角状心形で、長さ3~12cm、幅3~14cm。長い葉柄があり、葉裏に毛があります。花期は、1月から3月頃。頭状花序を茎頂に単生します。頭花は筒形、黄色で径2~3cm。花冠中央の筒状花は雄性。花冠周囲に輪状につく糸状の舌状花は雌性で、柱頭は2裂します。苞は鐘形で、総苞片は線形。花は昼開き夜に閉じる就眠運動を行います。

 果実は、痩果です。円筒形で長さ3~4mm。冠毛があり、長さ約1cm。染色体数は、2n=60。

 観賞用に栽培し葉を取り除いたものを、フクジュソウ(福寿草)の代用として正月飾りとして使われます。古来から薬用として用いられてきました。花蕾を乾燥させたものを生薬カントウカ(款冬花)として、鎮咳、去痰に用います。ピロリジジンアルカロイド(Pyrrolizidine alkaloid)のツッシラギン(Tussilagine)及びセンキルキン(Senkirkine)を含有し使用には注意を要します。肝疾患者は禁忌。ドイツでは薬用販売禁止、カナダでは食用の規制がかかっています。なお、ワカントウカ(和款冬花)は、フキノトウ(蕗の薹)の花蕾を乾燥させたものです。

Japanese common name : Fuki-tanpopo
e0038990_14334540.jpg
Tussilago farfara L.
e0038990_14334749.jpg
開花後に出る根出葉は三角状心形


フキタンポポ(蕗蒲公英)
別名:カントウ(款冬)
キク科フキタンポポ属
学名:Tussilago farfara L.
花期:1月~3月 多年草 草丈:5~10(45)cm 花冠径:2~3cm

e0038990_12135938.gif


【学名解説】
Tussilago : tussis(咳)+agere(追いやる、等多義)/フキタンポポ属
farfara : falcatus(鎌状の)/フキタンポポ古名
L. : Carl von Linne (1707-1778)

撮影地:静岡県静岡市
静岡県立大学薬用植物園 2006.04.06
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 26 February 2018
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2018-03-06 00:00 | 静岡県立大学薬用植物園 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ヒマラヤユキノシタ(ヒマラヤ雪の下) オギノツメ(荻の爪) >>