ゲンゲ(紫雲英)
 ゲンゲ(紫雲英)は、マメ科ゲンゲ属の越年草1)です。中国原産で、江戸時代以前に移入されたとされている帰化植物です。日本では、全国に分布します。名の由来は、渡来時の漢名を充てたもの。紫雲英は、紫色雲の花(英)の意味。一般的に、レンゲソウ(蓮華草)の名で親しまれています。蓮華草は、蓮華の花に似る事から。中国名は、紫云英(zǐ yún yīng)。

 マメ科(Fabaceae Lindl. (1836))は、約650属12000種が分布します。日本には41属100種が分布します。ゲンゲ属(Astragalus L. (1753))は、北半球の温帯に約4000種が分布し、日本には帰化種を含めて約14種があります。

 根に根粒菌が根粒を形成して共生します。根粒菌から窒素の供給を受けます。畑では、この窒素固定作用による窒素肥料として活用されます。近年は、化学肥料(硫安[硫酸アンモニウム]、塩安[塩化アンモニウム]、硝安[硝酸アンモニウム]、尿素、チリ硝石、石灰窒素等)の利用が多くなり、緑肥の利用は減少傾向にあります。

 茎は毛があり、基部で分岐して這った後、斜上します。葉は、奇数羽状複葉で9~11個つきます。小葉は倒卵形から楕円形で、長さ1〜1.5cm。葉裏に毛があります。葉柄基部には卵形の托葉が互生します。

 花期は、4月から6月。花柄を15cm程伸ばして、紅紫色の蝶形花を輪状に7~10個付けます。蝶形花は、左右相称の蝶に似た形状の花です。旗弁と、翼弁2枚に包まれた舟弁(竜骨弁)2枚の計5枚の花弁があります。虫媒花。介在する昆虫が花に乗ると、翼弁と舟弁が下がり、雄しべと雌しべが露出して葯が付着する仕組みです。萼は毛があり、5裂します。

 両性花です。雄しべは10本あり、基部は筒状に子房を取り巻き、9裂します。1本が独立している二体雄ずい2)を形成します。果実は、豆果です。約3cmで黒色に熟します。種子は長さ約3mm。染色体数は、2n=16, 32。

 蜜源、窒素肥料、飼料としての活用があります。品種として花冠が白い、シロバナゲンゲ(白花紫雲英)Astragalus sinicus L. f. albiflorus S.Okamoto があります。

脚注:
1)越年草(えつねんそう):秋に発芽し、年を越して翌年に開花結実して枯れる植物。あくまでも人間社会の暦による分け方で、12ヶ月を超えないので冬型1年草とも言う。1年草は、年内に発芽して枯れる植物。
2)二体雄ずい(二体雄しべ):雄しべ花糸の合着が二つに分かれるる形態。雄しべの全部が筒状に合着するものを単体雄蕊、二つにまとまるものを二体雄蕊と言う。マメ科では1本対9本になるものが多い。

Japanese common name : Genge
e0038990_12442449.jpg
Astragalus sinicus L.

e0038990_18055149.jpge0038990_18055537.jpg
輪状に蝶形花をつける。葉は奇数羽状複葉。
e0038990_18080024.jpg
スズメノテッポウと共演

e0038990_10261048.jpge0038990_10261608.jpg
左:草丈は10~30cm。右:蝶形花の部分名称。

e0038990_10272854.jpge0038990_10273216.jpg
雄しべ基部は子房を包み、先が9裂、1本独立の二体雄ずい。緑色は子房。
e0038990_18080381.jpg
果実は豆果。種子は約3mm。

e0038990_10290709.jpge0038990_10291077.jpg
葉は倒卵形。葉裏や茎に伏せ毛がある
e0038990_10315434.jpg
シロバナゲンゲ(白花紫雲英)
Astragalus sinicus L. f. albiflorus S.Okamoto


ゲンゲ(紫雲英)
別名:レンゲソウ(蓮華草)、レンゲ(蓮華)
マメ科ゲンゲ属
学名:Astragalus sinicus L.
花期:4月~6月 越年草 草丈:10~30cm 花冠長:10~15mm

e0038990_12135938.gif


【学名解説】
Astragalus : ギリシャ古語の距骨(くるぶし)/ゲンゲ属
sinicus : sinensis(支那の)
L. : Carl von Linne (1707-1778)
---
f. : forma(品種)
albiflorus : 白花の
S.Okamoto : 岡本清逸 Seiitsu Okamoto (col. 1914 - )

撮影地:静岡県静岡市
葵区城北(水田) 2007.03.30, 2009.04.09, 2018.04.16
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

30 April 2018
Last modified: 10 May 2018
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2018-04-30 00:00 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://pianix.exblog.jp/tb/27201494
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< オオミスミソウ(大三角草) モエギザトウムシ(萌葱座頭虫) >>