人気ブログランキング |
ナツズイセン(夏水仙)
 ナツズイセン(夏水仙)は、ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草です。中国原産の自然交配種で、古い時代に帰化したと考えられています。中国、朝鮮半島、日本に分布します。日本では本州から九州に分布します。名の由来は、夏頃に咲き、葉がスイセン(水仙)に似ることから。別名の、ハダカユリ(裸百合)は、花期に葉がないことから。中国名は、鹿蔥(lù cōng)。鹿が食べる玉葱の意味。英名は。Magic lily、Resurrection lily。

 ヒガンバナ科(Amaryllidaceae Jaume Saint-Hilaire (1805)) は、世界の熱帯から温帯にかけて約59属860種が分布します。クロンキスト体系ではユリ科(Liliaceae Juss. (1789))に分類され、世界の熱帯と温帯に約280属4000種が分布します。ヒガンバナ属(Lycoris Herbert (1821))は東南アジアに3属1)約30種が分布します。

 山野に自生します。有皮鱗茎2)は、広卵形で径4~5cm。外皮は暗褐色。葉は広線形で、長さ約8cm、幅約2cm、鈍頭。春に葉を出し、花期に葉はありません。ヒガンバナは花後に葉が枯れますが、ナツズイセンは葉が枯れてから花茎を伸ばし花をつけます。花茎は中空の円筒状で長さ約60cm、径約14mm、茎頂では径約10mm。

 花期は7月から8月。伸した茎頂に散形花序を出し、淡紅紫色の花を放射状に5~7個、横向きにつけます。筒状のラッパ状で半開し、花径は約8cm。花被片は外花被片3、内花被片3の6個で、披針形。長さ7cm、幅1.8cm、外反曲します。雄しべは花被片とほぼ同長で、上向きに曲がり、先端に葯をT字形につけます。花粉は黄色。雌しべは上向きに曲がり花冠から突出します。子房下位。染色体数は、2n=3x=27(K=6M+10T+11A)3)。不稔性で、鱗茎によって栄養繁殖します。

 鱗茎及び全草共に有毒です。有毒成分は、リコリン (lycorine, C16H17NO4)、ガランタミン(galantamine, C17H21NO3)です。ガランタミンはアルツハイマー病治療薬として用いられますが、現在は合成精製されたものを使用します。誤食した場合、睡眠作用、痙攣、吐き気、下痢の症状が現れます。半数致死量(LD50)は10,700mg、致死量は10g。ヒガンバナアルカロイド(Amaryllidaceae alkaloids)は、鎮痛、抗ウイルス、抗マラリア、抗腫瘍、中枢神経作用などの薬理作用が報告されています。※危険なので素人は用いないようにする。

 類似種として、ヒガンバナ(彼岸花)キツネノカミソリ(狐の剃刀)があります。

★  ★  ★

 ふと花壇を見ると、見たことが無い花が咲いています。ピンク色の百合の様ですが、遠目ではササユリ(笹百合)の様にも見えます。近づいてみると葯色からオトメユリ(乙女百合)にも見えます。葉を確認すると、見当りません。それで、ナツズイセンと判明しました。ところが、誰が植えたのか分りません。近所の奥さん達がこの花を前にして花談義をしていましたが、近所の方が植えたわけでもないようです。まして球根が勝手に歩いてきたとも考えられません。もしかしたら、家人が植えたのに完全に忘れてしまったのかもしれません。その家人というのが私だったとしたら・・・えっーーー? 笑い話でした。

脚注:
1) ヒガンバナ属(Lycoris Herbert (1821))、ハマオモト属(Crinum L. (1753))、ハエマンサス属(Haemanthus L. (1753))
2) 有皮鱗茎:薄皮で覆われた鱗茎。タマネギ(玉葱)等。鱗茎(bulb)は鱗状葉が肥大し多肉化したもの。
3) 核型(かくけい):karyotype(カリオタイプ)、染色体の数と形状の類型。

Japanese common name : Natu-zuisen
ナツズイセン(夏水仙)_e0038990_23362445.jpg
Lycoris x squamigera Maxim.

ナツズイセン(夏水仙)_e0038990_23431453.jpgナツズイセン(夏水仙)_e0038990_23480673.jpg

ナツズイセン(夏水仙)_e0038990_23494757.jpgナツズイセン(夏水仙)_e0038990_23435112.jpg


ナツズイセン(夏水仙)
別名:ハダカユリ(裸百合)
ヒガンバナ科ヒガンバナ属
学名:Lycoris x squamigera Maxim.
花期:7月~8月 多年草 草丈:50~70cm 花径:約8cm

ナツズイセン(夏水仙)_e0038990_12135938.gif


【学名解説】
Lycoris : ギリシャ神話の海の女神Lycoris/ヒガンバナ属
x : 二種間交配種
squamigera : squamigerum(鱗片がある)
Maxim. : Carl Maximowicz (1827-1891)

撮影地:静岡県静岡市
葵区 2019.07.24
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 07 August 2019
ナツズイセン(夏水仙)_e0038990_1703595.gif

by pianix | 2019-08-07 00:00 | | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< オモダカ(面高) オオカナダモ(大カナダ藻) >>