ノウゼンカズラ(凌霄花)
 野草撮影で、シャッターを押すたび毎に汗が流れるのは何故だろう。息を殺してぶれないようにする姿勢が原因のようです。汗をびっしょりとかいてしまいました。それでいて綺麗に写せたものは全く無し。花にも出会えない。そのようにがっかりするのは、いつもの事です。

 出先から帰宅する途中、行った事が無く気になっていた滝を見てみたいと思いつきました。しかし、天候は悪くなる一方。この先何キロ走るのか分からない状態でしたから、途中で引き返しました。そこへ、ノウゼンカズラが目に入りました。撮影させていただいていると、そのお宅の奥さんが出てきて、オニユリが咲いているからと庭に招き入れてくれました。ヤマユリでした。ご主人が帰ってきて、今度はフウランを見せてくれました。相当な愛好家のようです。雨が降ってきて、暗くなってきました。

 通りすがりの者を、花を撮影しているからと言うだけの事で親切にしてくれました。野草の撮影失敗も忘れて、温かい気持ちで帰宅する事ができました。

参考:
 カズラと名が付く主なものに、フウトウカズラ(風藤葛)サネカズラ(実葛)テイカカズラ(定家葛)があります。その他に、ヘクソカズラ(屁糞葛)ネナシカズラ(根無葛)アメリカネナシカズラ(亜米利加根無蔦)スイカズラ(吸葛)ホタルカズラ(蛍葛)、ノウゼンカズラ(凌霄花)等があります。

Japanese common name : Nouzen-kazura
e0038990_917132.jpg
Campsis grandiflora (Thunb. ex Murray) K. Schum.


ノウゼンカズラ(凌霄花)
ノウゼンカズラ科ノウゼンカズラ属
学名:Campsis grandiflora (Thunb. ex Murray) K. Schum.
花期:7月~8月 落葉蔓低木 花径:6~7cm
中国原産

e0038990_12135938.gif


【学名解説】
Campsis : 湾曲/ノウゼンカズラ属
grandiflora : grandiflorus(大きい花の)
Thunb. : Carl Peter Thunberg (1743-1828)
ex : ~による
Murray : Johan Andreas Murray (1740-1791)
K.Schum. : Karl Moritz Schumann (1851-1904)

撮影地:静岡県静岡市
葵区牛妻(牛妻不動の滝入り口) 2005.07.07
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 7 July 2005
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-07-07 00:00 | | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< クモヘリカメムシ(蜘蛛縁亀虫) カシワバアジサイ(柏葉紫陽花) >>