タグ:アオイ科 ( 14 ) タグの人気記事
フヨウ(芙蓉)
フヨウ(芙蓉)は、アオイ科フヨウ属の落葉低木です。中国、日本、台湾に分布します。日本では本州関東以南で栽培され帰化しています。名の由来は、漢名の木芙蓉から。芙蓉は中国での蓮の別名で、花が似ている事からの命名と言われています。

 アオイ科(Malvaceae Juss. (1789))は、熱帯から冷帯にかけて、250属(APG)が分布します。クロンキスト体系(Cronquist system)では、約75属、約1500種でした。フヨウ属(Hibiscus L. (1753))は、約250種が分布します。

 フヨウは、ムクゲほど多くの品種・系統はありません。桃色花は在来種で、一重白花の白花芙蓉、八重咲きの七面芙蓉、八重咲きで白から紅色に変化する酔芙蓉があります。

 フヨウとムクゲの違いは、花柱の形態にあります。フヨウは花柱の先端が曲がり花粉袋が中央に付くのに対し、ムクゲの花柱はまっすぐで花粉袋は全体に付きます。また、フヨウの花柄は長く、ムクゲは短くなります。フヨウとハイビスカスは似ていますが、ハイビスカスは花柱が突出していて花粉袋が中央より先端よりにつきます。

 早朝に咲き、夕方には萎んでしまう一日花です。写真の花は萎みかけ始めています。

参考:アメリカフヨウ(亜米利加芙蓉) ムクゲ(木槿)

Japanese common name : Fuyou
e0038990_21104348.jpg
Hibiscus mutabilis L.

e0038990_20574465.jpge0038990_20575746.jpg


フヨウ(芙蓉)
別名:モクフヨウ(木芙蓉)
アオイ科フヨウ属

学名:Hibiscus mutabilis L.
花期:8月~10月 落葉低木 樹高:1~3m 花径:10~14cm

e0038990_12135938.gif


【学名解説】
Hibiscus : 由来不明、ゼニアオイ属の古名/フヨウ属(ヒビスクス属)
mutabilis : 変化しやすい
L. : Carl von Linne (1707-1778)

撮影地:静岡県静岡市
藁科川(安倍川水系) 河口から2km 2005.07.29
葵区池ヶ谷 2016.08.15
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

01 August 2005
Last modified: 28 August 2016
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-08-01 00:00 | | Trackback(2) | Comments(7)
ムクゲ(木槿)
 ムクゲ(木槿)は河川敷の緑地公園などに植えられています。川沿いを歩いていて見つけたムクゲは、流れで崩された斜面にありました。過酷な場所で花を咲かせているのですから、性質が強いのでしょう。斜面にあると撮影しにくくて苦労します。何かに掴まって少しでも近づこうとすると、ノイバラのトゲが邪魔をします。何度「痛い」と叫んだ事か……。

 このような場所に行くのですから、当然、夏でも長ズボン長袖上着が常識です。しかしながら暑さに負けて半袖で出かけるので、手や腕は傷だらけになります。何故、そんな事になってまでも野草に会いに行くのか、自分でも笑ってしまいます。

 ムクゲの英名を"Rose of Sharon"と言いますが、Sharon(シャーローン)はヘブライ語の平原という意味。イスラエルの地中海沿いの平原の事です。そして讃美歌「シャロンの薔薇」と同じです。しかしハイビスカス(Hibiscus)系の花はバラ科ではないですよね。聖書で言う"Rose of Sharon"は諸説があります。「サフラン」と訳した聖書もあります。ユリだとか野生のチューリップだと考える人もいます。実は、この時代の植物は同定できていないものが多いのです。私は「平原に咲く野草」程度に考えています。ムクゲではないでしょう。

There's a Beautiful Rose ever blooming,
In the Garden of God's Love for me;
It has filled all the world with it's fragrance,
It will last for eter - ernity.

Chorus
Rose of Sharon now blooming I see,
Blessed Jesus, who died on the tree;
With my whole heart I sing "Hallelujah!"
Rose of Sharon, so precious to me.

(Words and music by Alfred B. Smith and John Peterson)

 韓国名はムグンファ(無窮花)で、韓国国花、中国名はムージン(木槿)、英名はRose of Sharon。

Japanese common name : Mukuge
e0038990_20412970.jpg
Hibiscus syriacus L.


ムクゲ(木槿)
別名:ハチス(蓮)
アオイ科ムクゲ属
学名:Hibiscus syriacus L.
花期:7月~10月 落葉低木 樹高:150~300cm 花径:10~15cm 果期:10月

e0038990_12135938.gif


【学名解説】
Hibiscus : 由来不明、ゼニアオイ属の古代ギリシャ及びラテン名古名/フヨウ属
syriacus : シリアの
L. : Carl von Linne (1707-1778)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から8.75km 左岸河川敷 2005.07.12
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 28 July 2005
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-07-28 00:00 | | Trackback(2) | Comments(0)
タチアオイ(立葵)
 梅雨入りが近づいた、どんよりとした曇り空の日。静岡の入梅日は6月8日が平均だそうです。今は、梅雨の走り。野草を観察に行っても、いつ降り出すかと心配になってしまいます。植物は、雨が降ろうと風が吹こうと、じっと耐えます。というよりも、雨は恵み。そんな植物のまっただ中で、この時期を嫌う私だけが異質なのは確かです。

 私は、自生する植物が好きです。ところが、自生するからこそ人間に嫌われるという側面があります。それを理解しないと摩擦が起きてしまいます。人間に都合の良いものと悪いものがあり、都合の悪いものの内、人間がコントロールできないものが嫌われるのです。それを雑草と呼び、お百姓さん達は日々戦っています。彼らが雑草に愚痴を言いたくなるのも分かります。人間にも似たような所があり、自分で生きていける人や信念の強い人は嫌われる存在になってしまうことがあります。アウトロー=雑草の図式です。それを理解した上で、なおかつ私は自生する野草が好きなのです。

 タチアオイが色とりどりに背丈を伸ばして花を咲かせています。晴れた日のタチアオイは元気そうです。曇りの日は優しそうに見えます。タチアオイは静岡市の市花になっています。

Japanese common name : Tati-aoi
e0038990_2372778.jpg
Alcea rosea L.


タチアオイ(立葵)
別名:ホリホック/ハナアオイ(花葵)
アオイ科タチアオイ属
学名:Alcea rosea L.
synonym : Althaea rosea (L.) Cav.
花期:6月~8月 2年草 草丈:1~2m 花径:7~10cm

e0038990_21323673.gif

【学名解説】
Alcea : altheo(治す)/タチアオイ属(Alcea L. (1753))
rosea : roseus(バラ色の、淡紅色の)
L. : Carl von Linne (1707-1778)
---
Althaea : althaino(治療)/ビロードアオイ属

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から10km 左岸河川敷 2005.06.03
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

5 June 2005
Last modified: 12 June 2014
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-06-05 00:00 | | Trackback | Comments(0)
ゼニアオイ(銭葵)
 草花の撮影と称して、自転車で走り回っています。バイク2台が故障して使えなくなりました。歩いていくと時間がかかるので、自転車を使い始めました。気温が上がっている時は、自転車のカゴに飲み物を用意して行きます。あたりに自動販売機が無い時が多いからです。

 たまたま、飲み物を用意しないで出かけた時、汗が流れるほどになりました。これはまずいと思って、撮影前に自動販売機を探して買い求めました。そこに咲いていたゼニアオイ。初夏の日差しを浴びて咲くゼニアオイは、あたりを明るくさせるようです。野草化しているものも多く見られます。

 なお、徳川家の葵の紋に使われる葵は本種のアオイ科ではなく、ウマノスズクサ科です。葉を乾燥したものは錦葵葉(きんきよう)、花を乾燥したものは錦葵花(きんきか)として、生薬に使われます。

Japanese common name : Zeni-aoi
e0038990_1043111.jpg
Malva mauritiana L.


ゼニアオイ(銭葵)
アオイ科ゼニアオイ属
学名:Malva mauritiana L.
synonym : Malva sylvestris L. var. mauritiana Boiss.
花期:5月~6月 多年草 草丈:60~80cm 花径:3.5~4cm

e0038990_12135938.gif

【学名解説】
Malva : malache(軟らかくする)/ゼニアオイ属
mauritiana : mauritianus(インド・モーリシャス島の)
L. : Carl von Linne (1707-1778)
---
synonym : (シノニム) 同意語、異名
var. : varietas(変種)
sylvestris : sylvester(森林生の・野生の)
Boiss. : Pierre Edmond Boissier (1810-1885)

撮影地:静岡県静岡市
葵区安倍口団地(植栽) 2005.05.19
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 2 June 2005
e0038990_1703595.gif


Last modified: 23 May 2010
[PR]
by pianix | 2005-06-02 00:00 | | Trackback | Comments(0)