タグ:アゲハチョウ科 ( 4 ) タグの人気記事
アオスジアゲハ(青条揚羽)
 アオスジアゲハ(青条揚羽)は、アゲハチョウ科アオスジアゲハ属のチョウです。アジア、アフリカに分布し、日本では本州以西、四国、九州、沖縄に分布する在来種です。名の由来は、羽に青色の筋模様があるアゲハである事から。アゲハは羽を揚げて吸蜜する動作からと言われています。英名は、Common Bluebottle。

 アゲハチョウ科(Papilionidae Latreille, 1802)は、世界に広く分布し、4亜科約550種類があるとされています。アオスジアゲハ属(Graphium Scopoli, 1777)は、アジアに広く分布し、日本には2種が生息します。

 4月から10月頃に現れます。前翅長は約32~45mm。濃茶地で、前翅と後翅に鱗粉が無く半透明になった青緑色の帯模様があります。このパステル調の色は、テトラピロール系色素(Tetrapyrroles)によるものと言われています。後翅裏面に小さな赤い斑紋があるものと無いタイプがあります。大きな複眼1)は、15種類の色センサー(視細胞)2)があり、色識別能力に優れていると推測されます。めまぐるしく飛び交い、止まる時は翅を閉じる事が多いようです。花で吸蜜し、地面で給水します。

 完全変態(卵・幼虫・蛹・成虫)をします。主にクスノキの葉に産卵します。卵は黄色。1齢幼虫は、棘が生え黒っぽく、約3mm。5齢幼虫は、暗緑色で頭部義眼付近に薄緑色の横筋があり、約4cm。蛹になる直前は黄緑色。蛹で越冬します。キアシブトコバチ3)に寄生される事があります。

1)複眼(compound eye):個眼の集合体。個眼には、角膜、水晶体、感桿(かんかん)、視細胞、色素細胞がある。短い波長に対する感受性が高い。
2)Extreme spectral richness in the eye of the common bluebottle butterfly, Graphium sarpedon. Frontiers in Ecology and Evolution 2016. 陳姵如(Pei-Ju Chen)(総合研究大学院大学)、他
3)キアシブトコバチ(黄脚太小蜂)
ハチ目(膜翅目)アシブトコバチ科
学名:Brachymeria lasus (Walker, 1841)

Japanese common name : Aosuzi-ageha
e0038990_19221115.jpg
Graphium sarpedon nipponum (Fruhstorfer, 1903)
e0038990_1913236.jpg
くりっとした大きな複眼

e0038990_19132489.jpge0038990_19133569.jpg
2014.09.12


アオスジアゲハ(青条揚羽)
チョウ目(鱗翅目)アゲハチョウ科アオスジアゲハ属
学名:Graphium sarpedon nipponum (Fruhstorfer, 1903)
Type species : Graphium sarpedon (Linnaeus, 1758)

e0038990_2163229.gif


分布:本州・四国・九州・沖縄
出現期:4月~10月/年3~4回
体長:(開張)80~85mm/(前翅長)32~45mm
食草:クスノキ科(クスノキ、タブノキ)

撮影地:静岡県静岡市
安倍城跡(Alt. 435m) 2008.08.04, 2014.09.12
帆掛山・梶原山 2012.08.02
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 21 August 2017
e0038990_1703595.gif


[PR]
by pianix | 2017-08-21 00:00 | | Comments(0)
キアゲハ(黄揚羽蝶)-2
 キアゲハ(黄揚羽蝶)は、アゲハチョウ科アゲハチョウ属の蝶です。北半球の温帯と寒帯(ユーラシア大陸、北米大陸)に分布します。日本では全国に分布する在来種です。名の由来は、黄色味の強い揚羽蝶である事から。揚羽蝶は、吸蜜時に翅を揚げるからとの説があります。

 アゲハチョウ科(Papilionidae Latreille, 1802)は、世界に広く分布し、4亜科約550種類があるとされています。アゲハチョウ属(Papilio Linnaeus, 1758)は、世界に200種以上が分布し、日本には11種があるとされています。

 黄色い揚羽蝶ですから黄色に見える筈です。ところが表側の翅は、あまり黄色に見えません。しかし裏面を見ると、なるほどと思わさせられます。アゲハチョウ科の仲間では、一番黄色味が強く出ています。しかし、ナミアゲハ(並揚羽蝶)の雌も黄色になりますから、紛らわしい時もあります。その場合は、前翅の付け根を見ます。表でも裏でも構いません。縞模様になっているのがナミアゲハで、べた塗りに見える場合はキアゲハです。発生時期による春型(4月~6月)と夏型(7月~8月)とでは、夏型のほうが大きく、黒っぽくなります。

 平地から高山にまで垂直分布の広い生息域を持ち、日本全域に分布しています。日当たりの良い場所を好み、花の蜜を吸汁します。従って、日陰が増える都市部では、ほとんど見かけません。飛行速度は速めで、直線的に移動します。

 卵から、幼虫・繭を経る完全変態をします。幼虫の色や形は変化します。終齢(5齢)幼虫は、緑色で黒縞があり、オレンジ色の点模様を持っています。いわゆる芋虫と言われる形をしています。食草は、セリ科などで、セリ、ニンジン、パセリ、ミツバを食害します。繭で越冬します。

 ※写真のキアゲハが止まっている花は、オオブタクサ(大豚草)です。撮影時期は9月。

参考:キアゲハ(黄揚羽蝶)-1 ナミアゲハ(並揚羽蝶)

Japanese common name : Ki-ageha
e0038990_1564264.jpg
Papilio machaon hippocrates C.Felder et R.Felder, 1864


キアゲハ(黄揚羽蝶)
チョウ目(鱗翅目)アゲハチョウ科アゲハチョウ属
学名:Papilio machaon hippocrates C.Felder et R.Felder, 1864

e0038990_2163229.gif


体長:(前翅長)36~70mm/(開張)90~120mm
出現期:3月~11月(暖地で年2~4回)
分布:北海道・本州・四国・九州
食草:セリ科
英名:Old World Swallowtail

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から8.75km 右岸河川敷 2005.09.23
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

6 December 2005
Last modified: 21 June 2008
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-12-06 00:00 | | Comments(2)
キアゲハ(黄揚羽蝶)-1
 私の日頃の行いが良すぎるのか、突然の雨に見舞われる事が多い時期になりました。どうせ雨が降るのだろうと出かけない時に限り、晴れたりします。雷の音がしていた今日は、ずっと晴天でした。汗がダラダラ流れる暑い一日でした。

 草藪があると入りたくなります。すると、虫がピョンピョコと飛び跳ねてきます。そんな派手な逃げ方をしたら見つかりやすいだろうにと心配してしまいます。昆虫は本来の撮影目的ではないので、深追いはしません。

 このキアゲハは、どこが黄色なのだと思ってしまいます。じつは、羽の裏側はもっと黄色になっています。ナミアゲハと似ていますが、前翅の付け根が黒くなっているので判別できます。ナミアゲハの場合は縞模様です。じっくり見ると、結構毛深いのですね。

参考:キアゲハ(黄揚羽蝶)-2 ナミアゲハ(並揚羽蝶)

Japanese common name : Ki-ageha
e0038990_1215497.jpg
Papilio machaon hippocrates C.Felder et R.Felder, 1864


キアゲハ(黄揚羽蝶)
チョウ目(鱗翅目)アゲハチョウ科アゲハチョウ属
学名:Papilio machaon hippocrates C.Felder et R.Felder, 1864

e0038990_2163229.gif

体長:(前翅長)36~70mm/(開張)90~120mm
出現期:3月~11月
分布:北海道・本州・四国・九州
食草:セリ科

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から6.50km 左岸河川敷 2005.08.09
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 15 August 2005
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-08-15 00:00 | | Comments(0)
ナミアゲハ(並揚羽)
 ナミアゲハ(並揚羽)は、アゲハチョウ科アゲハチョウ属のチョウです。

 アゲハチョウ科(Papilionidae Latreille, 1802)は、世界に広く分布し、4亜科約550種類があるとされています。アゲハチョウ属(Papilio Linnaeus, 1758)は、世界に200種以上が分布し、日本には11種があるとされています。

 よく見かける蝶の中では、羽の模様が美しいもののひとつではないでしょうか。

 草藪に入ると、ヤブジラミの実がたくさん着き、虫ではヤブ蚊等に悩まされます。しかし蝶は悪さをしないので安心できます。その前の幼虫の時期は近寄りたくない生物でもありますが……。蝶はヒラヒラとのんびり飛ぶイメージが強いのですが、実際は想像以上に素早いので驚きます。

Japanese common name : Nami-ageha
e0038990_1882739.jpg
Papilio xuthus (Linnaeus, 1767)
e0038990_1884064.jpg


ナミアゲハ(並揚羽)
英名: Asian Swallowtail/中国名:柑橘鳳蝶
チョウ目(鱗翅目)アゲハチョウ科アゲハチョウ属
学名:Papilio xuthus (Linnaeus, 1767)

e0038990_2163229.gif

出現期:4~10月
体長:(前翅長)春型36~46mm/夏型50~60mm (開張)春型80mm/夏型100mm 
分布:北海道・本州・四国・九州・沖縄
食草:柑橘類

撮影地:静岡県静岡市
藁科川(安倍川水系) 2.5km土手 2005.06.14
内牧川(安倍川水系) 2015.09.28
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

25 July 2005
Last modified: 1 October 2015
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-07-25 00:00 | | Comments(0)