タグ:ツツジ科 ( 2 ) タグの人気記事
ギンリョウソウ(銀竜草)
 ギンリョウソウ(銀竜草)は、ツツジ科ギンリョウソウ属の多年草です。日本、中国、朝鮮半島、台湾、インドシナ半島、サハリンなどに分布します。国内では全国に分布する在来種の菌寄生植物(菌従属栄養植物)です。名の由来は、鱗片葉がついた茎を胴体に、うつむき加減の花を頭に見立て、全体が白色である事から銀の竜に例えたもの。別名のユウレイタケ(幽霊茸)は、薄暗い雑木林に咲く白い妖艶な姿を白衣をまとった幽霊のようなキノコに例えたもの。ただしキノコの仲間ではありません。中国名は球果沙晶蘭。蘭とありますがランの仲間ではありません。

 APG分類体系では、ツツジ科(Ericaceae Juss. (1789))で、約125属4000があり、シャクジョウソウ(錫杖草)亜科(Monotropoideae)に、旧分類のシャクジョウソウ科やイチヤクソウ科がまとめられました 。クロンキスト体系では、シャクジョウソウ科(Monotropeae Dumort. (1829))で、北半球の温帯から熱帯にかけて約10属15種が分布します。新エングラー体系ではイチヤクソウ科(Pyrolaceae Dumortier (1829))ギンリョウソウ亜科とされます。ギンリョウソウ属(Monotropastrum H.Andres, in Handel-Mazzetti, 1936)は、2種があり、国内には1種が自生します。

 山地の落ち葉が積もった暗く湿った雑木林などに生える真菌寄生の植物です。短くて太く、鱗片が密集した茶色の地下茎があります。この地下茎に外生菌根(モノトロポイド菌根/monotropoid mycorryhiza)を形成し、ベニタケ属の菌類から有機物栄養を吸収します。葉緑素を持たない為、全体的に透明感がある白色ですが、内部に紫色の色素があります。草丈は10~20cmで、株を作り立ち上がります。

 花期は5月から8月頃。花茎は多肉質で水っぽく、上向きに鱗片葉が互生します。茎頂に、うつむき加減に花冠を1個付けます。鐘形の合弁花で、花冠裂片は3から5個。花冠の長さは、15~25mm。雄しべは10個内外で子房に取り巻くように付き、軟毛があり、葯色は黄色。雌しべ先端は、やや広がり暗紫色。果実は卵球形の液果で、熟すと黒褐色となります。種子の大きさは、0.3×0.2mmで、約5000個が含まれると言われています。モリチャバネゴキブリ1)により種子の散布が行われるとの研究成果2)があります。

 類似種に、ギンリョウソウモドキ(銀竜草擬)Monotropa uniflora L. があります。別名をアキノギンリョウソウ(秋の銀竜草)と言います。8月から10月にかけて咲く、ツツジ科シャクジョウソウ属の多年草です。ギンリョウソウの果実は下向きに付き、胚珠3)は側膜胎座4)ですが、ギンリョウソウモドキの果実は朔果であり、中軸胎座5)で、上向きになります。品種として、淡い紅色に色づく、ベニバナギンリョウソウ(紅花銀竜草)Monotropastrum humile (D.Don) H.Hara f. roseum (Honda) Yonek.があります。

1)モリチャバネゴキブリ(森茶翅蜚蠊)
チャバネゴキブリ科チャバネゴキブリ属
学名:Blattella nipponica Asahina, 1963
2)Cockroach-mediated seed dispersal in Monotropastrum humile (Ericaceae): a new mutualistic mechanism. Botanical Journal of the Linnean Society 2017. Yasuhiro Uehara and Naoto Sugiura
3)胚珠【はいしゅ】(ovule):子房内部にある粒で、種子になる部分。
4)側膜胎座【そくまくたいざ】(parietal placentation):子房の側壁に胚珠が付くもの。
5)中軸胎座【ちゅうじくたいざ】(axial placentation):子房の中軸に胚珠が付くもの。

Japanese common name : Ginryou-sou
e0038990_10492279.jpg
Monotropastrum humile (D.Don) H.Hara

e0038990_190196.jpge0038990_1901885.jpg
2008.05.20 - 花冠の裂片は3~5個 - 2008.05.17

e0038990_1913448.jpge0038990_1914932.jpg
左:雄しべと雌しべ(2014.04.16) 右:鱗片葉が互生する茎(2008.05.20)
e0038990_1922119.jpg
花冠裂片が脱落して子房が露出(2008.06.04)

e0038990_1932547.jpge0038990_1934039.jpg
左:暗紫色部分が雌しべ柱頭、雄しべは10個内外で軟毛がある。右:子房側面。

e0038990_194213.jpge0038990_1944314.jpg
 子房断面。果実は液果

e0038990_17532501.jpg
▼右:果実表皮の一部が腐って内部が露出。

e0038990_17532992.jpg
▲左:枯れると全体が黒褐色になり地に倒れる。(2008.08.05)
e0038990_19151596.jpg
落ち葉が積もった暗く湿った雑木林などに生える真菌寄生の植物


ギンリョウソウ(銀竜草)
別名:マルミノギンリョウソウ(丸実の銀竜草)/コギンリョウソウ(小銀竜草)/ユウレイタケ(幽霊茸)
ツツジ科ギンリョウソウ属
学名:Monotropastrum humile (D.Don) H.Hara
花期:5月~8月 多年草 草丈:8~20cm 花冠長:15~25mm

e0038990_2163229.gif
【学名解説】
Monotropastrum : Monotropa(シャクジョウソウ属)+astrom(似る)/ギンリョウソウ属
※Monotropa : monos(一つ)+tropos(向く)/シャクジョウソウ属
humile : humilis(低い)
D.Don : David Don (1799-1841)
H.Hara : 原 寛 Hara Hiroshi (1911-1986)

撮影地:静岡県静岡市
安倍城跡(alt.435.2m) 2008.05.17 / 05.20 / 06.04, 2014.04.16
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

9 August 2008, 18 April 2014, 3 June 2014, 20 May 2016, 8 November 2016
Last modified: 24 August 2017
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2008-08-05 00:00 | | Trackback(1) | Comments(3)
アメリカシャクナゲ(亜米利加石楠花)
 アメリカシャクナゲ(亜米利加石楠花)は、ツツジ科カルミア属の常緑低木です。北アメリカ原産です。日本へは1915年(大正4年)に渡来し、第2次大戦後に輸入が盛んになりました。名の由来は、アメリカのシャクナゲ。シャクナゲ(石南花)の由来は、中国名シャクナンゲ(石南花)の転訛との説があります。別名のハナガサシャクナゲ(花笠石楠花)は、花を笠に見立てたもの。現在ではカルミア(Kalmia)の呼称が一般化されています。カルミアは、リンネの弟子で、本種をヨーロッパへ持ち帰ったスウェーデンの植物学者カルム(Pehr Kalm (1716-1779))に因みます。スプーンの木は、木の根をスプーンの材料にした事から。英名は、mountain laurel、あるいはCalico bush。

 ツツジ科(Ericaceae Juss. 1789)は、北半球の亜寒帯から寒帯、熱帯に約103属3350種類があり、日本には20種類以上が自生します。カルミア属(Kalmia L. (1753))は、北アメリカからキューバにかけて7種1変種が分布します。

 原産地では8mの樹高になるそうですが、日本では2m程までに留まります。酸性の土壌を好みます。葉は長さ5cm~10cmの長楕円形で、革質で光沢があります。互生し、上部では輪生状になります。有毒です。花期は5月から6月。枝先に20cm程で15~50個の花冠の集まりである集散花序をつけます。蕾は金平糖やクリームを絞り出した形状に似ています。

 花冠は五角形で浅く5裂し、15~20mmの盃状、洋風に言えばパラソル状をした合弁花です。花冠中央には紋様があります。花色はピンクが最も多く、濃紅色、白色があります。雄しべは10本で、放射状に伸びて反り返り、先端の葯が花冠内側の窪みに収まります。この部分から外れると花粉を出します。中央に雌しべ1本。果実は球形の朔果です。繁殖は実生・接ぎ木・挿し木で行い、組織培養で苗を増殖する方法も採られています。

Japanese common name : Amerika-syakunage
e0038990_7462734.jpg
Kalmia latifolia L.
e0038990_7463737.jpg
15~50個の花冠の集まりである集散花序をつける


アメリカシャクナゲ(亜米利加石楠花)
別名:カルミア(Kalmia)/ハナガサシャクナゲ(花笠石楠花)/スプーンの木
ツツジ科カルミア属
学名:Kalmia latifolia L.
花期:5月~6月 常緑低木 樹高:30~200cm 花径:15~20mm 果期:10~11月

e0038990_12135938.gif

【学名解説】
Kalmia : Pehr Kalm (1716-1779)に因む/カルミア属
latifolia : latifolius(広葉の)
L. : Carl von Linne (1707-1778)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から11.75km 左岸土手(植栽) 2006.05.24
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 5 June 2006
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-06-05 00:00 | | Trackback | Comments(2)