タグ:ツバキ科 ( 3 ) タグの人気記事
シロバナヤブツバキ(白花藪椿)
 ツバキ(椿)は、ツバキ科ツバキ属の常緑小高木です。日本および東アジアが原産で、国内では、東北以西の暖地に自生します。ヤブツバキは青森県が北限であり、世界的に見てもツバキ属の北限に相当します。ツバキの語源は、アツバキ(厚葉木)、ツヤバキ(艶葉木)が変化したものと言われています。中国では山茶(shān chá)と言います。茶の仲間を意識した命名です。「椿」は和製漢字であって、春の木を表すものとして作られたようです。それからすると、ヒイラギ(柊)、エノキ(榎)、ヒサギ(楸)が思い起こされます。ヒサギは、アカメガシワ(赤芽柏)の古名です。

 ツバキ科(Theaceae Mirb. ex Ker Gawl. (1816))は、世界に約35属1000種が分布し、モッコク亜科とツバキ亜科に分けられます。ツバキ亜科にツバキ属(Camellia L. (1753))があり、アジアの熱帯から温帯に約200種が分布します。

 ツバキは園芸品種が多くあります。18世紀中頃にヨーロッパへ渡り、品種改良がされています。アメリカでは南西部の沿岸地帯で栽培が盛んです。それによって、花の形、色共に多様な変化に富んだ品種が生み出されています。日本には1000品種以上があり、欧米には5000種類もの品種があります。日本原産のヤブツバキ(藪椿)系統の品種が中心ですが、欧米では他の品種との交雑が盛んです。また、北陸地方のユキツバキ、中国雲南省のトウツバキがあります。

 アメリカ椿協会では、花形を7分類し、一重咲き・半八重咲き・唐子咲き・八重咲き・牡丹咲き・獅子咲き・千重咲きとしています。日本では雄しべや花弁の開き方によって分類します。例えば、一重咲きは、花弁8枚以下の一重ですが、花弁が平開するものを「平咲き」、雄しべが散開したものを「梅芯咲き」とします。ワビスケ(佗助)のように花弁が盃状につぼんだものを「盃状咲き」、筒状につぼんだものを「筒咲き」とします。花色は、淡桃色・桃色・紅色・赤色・白色・黒紅色等があります。また、花の地色に濃い紋様を出す「絞り」、淡色の紋様を出す「斑入り」があります。絞りには、吹きかけ絞り・小絞り・縦絞り・紅覆輪があり、斑入りには、星斑・雲状斑・横杢斑があります。

 ツバキとサザンカは近縁種なので似ています。区別の方法は、花が散った後の状態を見るのが簡単です。サザンカの場合は花弁が1枚ずつ散ります。ツバキは花冠全部が落ちます。散らない前であれば、雄しべを見ます。筒状で下部が合着していればツバキです。この合着が花弁にまで及ぶので、花弁が離れないで散る事になります。

Japanese common name : Shirobana-yabu-tubaki
e0038990_10595025.jpg
Camellia japonica L. f. leucantha Makino ex H.Hara
e0038990_1101338.jpg
雄しべは筒状で下部が合着する


シロバナヤブツバキ(白花藪椿)
別名:シロヤブツバキ(白藪椿)
ツバキ科ツバキ属
学名:Camellia japonica L. f. leucantha Makino ex H.Hara
花期:2(12)月~4月 常緑小高木 樹高:3~10m 花径:3~13cm

e0038990_2163229.gif


【学名解説】
Camellia : Georg Josef Kamel (1661-1706)の名に因む/ツバキ属
japonica : 日本の[japonicus(男性形)/japonica(女性形)/japonicum(中性形)]

L. : Carl von Linne (1707-1778)
f. : forma(品種)
leucantha : leucanthus(白い花の)
Makino : 牧野富太郎 Tomitaro Makino (1862-1957)
ex : ~による
H.Hara : 原寛 Hiroshi Hara (1911-1986)

撮影地:静岡県静岡市
葵区松富 2006.02.27
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

01 March 2006
Last modified: 07 September 2016
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-03-01 00:00 | | Trackback | Comments(2)
サザンカ(山茶花)
 サザンカは、ツバキ科ツバキ属の常緑小高木です。日本を原産とする花木で、学名にも日本語のsasanquaが使われています。和名の「山茶花」は、サンサカが訛ったものとの説があります。もっとも、漢名の山茶花は、和名のツバキ(椿)の事で、混同し誤用されたようです。サザンカは、ツバキ科ツバキ属である事から分かるように、ツバキと似ています。それで、欧米ではサザンカとツバキを区別しません。野生種のサザンカは、九州や四国に分布し、原種の花色は白です。品種は300種ほどで、ツバキ(原種は紅色)ほど品種改良は進んでいません。近縁種に、カンツバキ群、ハルサザンカ群があります。

 サザンカは秋咲きで、花は平開します。花弁の基部と雄しべが合着するツバキと異なり、分離します。これによって、花びらが散り、雄しべだけが後に残る事は珍しくありません。合着が強いツバキのように、花全体が落ちる事はありません。花は一重か二重で、八重咲きはありません。葉は、長さ3~7cm程の小型長卵形で、厚くて堅く、暗緑色で鋸歯を持ち、子房・若枝・葉の主脈の上下面、果実に毛があります。葉が互生し托葉が無い事は、ツバキ科に共通する特徴です。果実は卵形の蒴果で、熟すと黒褐色の種子を出します。

 一番やっかいなのはカンツバキ(寒椿)で、見分けには苦労させられます。一般的に、カンツバキは枝が横に伸びる性質があり、樹高は100cm程までです。それ以上の場合はサザンカの可能性が高いようです。

 サザンカ(山茶花)と聞くと思い出すのが、唱歌「たき火」です。しかし、それは2節で、「さざんか さざんか 咲いている/たき火だ たき火だ 落葉たき/あたろうか あたろうよ/しもやけ おててが もうかゆい(作詞:巽聖歌)」です。焚き火や霜焼けとは、幼少を思い出す懐かしい風景です。
*巽聖歌 (Tatumi Seika) :1905(明治38)年2月12日~1973(昭和48)年4月24日

Japanese common name : Sazanka
e0038990_22253068.jpg
Camellia sasanqua Thunb.


サザンカ(山茶花)
ツバキ科ツバキ属
学名:Camellia sasanqua Thunb.
花期:10月~12月 常緑小高木 花径:5~8cm 樹高:1~10m 果期:9~10月

e0038990_2122812.gif

【学名解説】
Camellia : Georg Josef Kamel (1661-1706)宣教師の名に因む/ツバキ属
sasanqua : サザンカ(日本名)
Thunb. : Carl Peter Thunberg (1743-1828)
---
ex : ~による
Murray : Johan Andreas Murray (1740-1791)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から8.5km 左岸河川敷(植栽) 2005.12.14

05 January 2006
Last modified: August 12, 2008
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-01-05 00:00 | | Trackback(1) | Comments(1)
モッコク(木斛)
 モッコク(木斛)は、ツバキ科モッコク属の常緑中高木です。千葉県以西に分布します。派手さはありませんが、生育が穏やかな事から樹形が良く、風格があります。モチノキ、モクセイと共に庭木の三名木とされ、「庭木の王様」と称されています。葉は3~7cmで、鋸歯が無く、艶がある滑らかなヘラ形で、輪生します。葉柄は紅紫色を帯びるものが多いようです。

 花は、7月頃に香りがあるクリーム色の小花を下向きに付けます。冬に実がはじけて褐色の種子を現します。半日陰で、暖かく風通しが良く、適度な湿度を持つ肥沃な土壌が適しています。通常、自然形で、直幹や円筒形という剪定が施されている場合があります。

Japanese common name : Mokkoku
e0038990_23185318.jpg
Ternstroemia gymnanthera (Wight et Arn.) Bedd.
e0038990_2319872.jpg
2005.11.10


モッコク(木斛)
ツバキ科モッコク属
学名:Ternstroemia gymnanthera (Wight et Arn.) Bedd.
花期:6月~7月 常緑中高木 樹高:2~15m 花径:13~18mm 果期:10~11月 果実:10~15mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Ternstroemia : Christopher Ternstroemの名に因む/モッコク属
gymnanthera : おしべの葯が裸の
Wight : Robert Wight(1796-1872)
Arn. : George Arnott Walker(1799-1868)
Bedd. : Richard Henry Beddome (1830-1911)
---
Sprague : Thomas Archibald Sprague (1877-1958)

撮影地:静岡県静岡市
葵区西ヶ谷(植栽) 2005.09.08
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

19 November 2005
Last modified: June 21, 2008
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-11-19 00:00 | | Trackback | Comments(0)