タグ:ユキノシタ科 ( 6 ) タグの人気記事
ヒマラヤユキノシタ(ヒマラヤ雪の下)
 ヒマラヤユキノシタ(ヒマラヤ雪の下)は、ユキノシタ科ヒマラヤユキノシタ属の多年草です。ヒマラヤ山脈周辺が原産地です。日本には、明治初期に移入されたと考えられています。北海道から九州にかけて園芸用途で栽培されています。名の由来は、ヒマラヤ地方が原産であり、ユキノシタ科である事から。中国名は、短柄岩白菜(duǎn bǐng yán bái cài)。英名は、Himalayan creeping saxifrage。

 ユキノシタ科(Saxifragaceae Juss. (1789))は、温帯から寒帯にかけて約17属500種1)があります。ヒマラヤユキノシタ属(Bergenia Moench, 1794)は、中国、ヒマラヤ、中央アジア等に8種があります。

 根茎状の木質化した基部は初め這い、途中から花茎を立ち上げます。草丈は、10~50cm。葉は互生します。根生葉は光沢のある革質の倒卵形で、葉縁に棘状の鋸歯があります。長さ15~20cm、幅約10cm。長い葉柄があります。常緑ですが、寒さによっては赤褐色を帯びることがあります。

 花期は、2月から5月。茎先に集散花序を出し、桃色の花を多数付けます。花茎は径1~2mm。花径は2~3cm。花弁は倒卵形で、5~6個付きます。雄しべは10本で赤味を帯び、葯色は黄色、長さ6~7mm。雌しべは薄緑色で、長さ7~8mm。柱頭は2~3裂します。

 萼筒は椀形で、幅5~6mm。萼片は5~6裂し、三角状で、長さ約4mm、幅約4mm、先端は尖りません。果実は朔果です。胚珠は中軸胎座 2)。種子は長卵形で、長さ約0.5mm。染色体数は、2n=34。

 種間交雑品種が多く出回っています。ほぼ手入れなしの放任で毎年花をつけます。繁殖は、実生、株分け等で行います。別名でオオイワウチワ(大岩団扇)と呼ばれることがありますが、オオイワウチワ3)は、イワウメ科の別種です。

脚注:
1)以前は約80属1200種が属する大きな科でしたが、近年に幾つかの科が分離され減少しました。
2)中軸胎座 (axial placentation):合生雌しべで、子房の中軸に胚珠がつくもの。
3)Shortia uniflora (Maxim.) Maxim. var. uniflora

Japanese common name : Himaraya-yukinosita
e0038990_21311980.jpg
Bergenia stracheyi (Hook.f. et Thomson) Engl.

e0038990_12093178.jpge0038990_12093588.jpg
基部は根茎状。葉は互生し、倒卵形。

e0038990_12142288.jpge0038990_12142572.jpg
雄しべは10本、雌しべ柱頭は2~3裂する。写真左が2裂、右は3裂。

e0038990_12161270.jpge0038990_12161626.jpg
茎先に5~8cmの集散花序をつける。

e0038990_18570485.jpge0038990_18570752.jpg
左:受粉後の雌しべと雄しべ。 右:萼筒は椀形、萼片は5~6個。

e0038990_18574489.jpge0038990_18574873.jpg
葉縁に棘状の鋸歯がある。 左:葉表 右:葉裏

e0038990_18585292.jpge0038990_18585941.jpg
左:萼を取り払った雌しべ。3裂。右:種子は長卵形(未熟)

e0038990_13311663.jpge0038990_13311990.jpg
2裂雌しべ子房部分 右は輪切り状態の子房

e0038990_13331267.jpge0038990_13331584.jpg
中軸胎座につく胚珠


ヒマラヤユキノシタ(ヒマラヤ雪の下)
ユキノシタ科ヒマラヤユキノシタ属
学名:Bergenia stracheyi (Hook.f. et Thomson) Engl.
花期:2月~5月 多年草(常緑宿根草) 草丈:10~50cm 花径:2~3cm

e0038990_21323673.gif


【学名解説】
Bergenia : Karl August von Bergen (1704-1759)の名に因む/ヒマラヤユキノシタ属
stracheyi : Lieutenant-General Sir Richard Strachey (1817-1908)の
Hook.f. : Joseph Dalton Hooker (1817-1911)
et : et alii(及び・命名者が2名の時など・&(and)に同じ)
Thomson : Thomas Thomson (1817-1878)
Engl. : Heinrich Gustav Adolf Engler (1844-1930)

撮影地:静岡県静岡市
葵区昭府町 2017.04.12
自宅 2018.03.12, 2018.03.21
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

21 March 2018
Last modified: 29 March 2018
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2018-03-21 00:00 | | Trackback | Comments(0)
ニッコウネコノメ(日光猫目)
 ニッコウネコノメ(日光猫目)は、ユキノシタ科ネコノメソウ属の多年草です。本州の太平洋側山地から四国にかけて分布する日本固有種です。イワボタン(岩牡丹)を母種とする変種です。イワボタンの葯は黄色です。名の由来は、日光国立公園の塩原で見つけられたネコノメソウである事から。イワボタンは、岩の多い場所に自生し牡丹の葉の付き方に似ている事から。ネコノメソウは、果実が熟して割れた形状を猫の瞳孔に例えたもの、あるいは漢名の猫児目晴草から。

 ユキノシタ科(Saxifragaceae Juss. (1789))は、温帯から寒帯にかけて約17属500種があります。以前は約80属1200種が属する大きな科でしたが、近年に幾つかの科が分離され減少しました。ネコノメソウ属(Chrysosplenium L. (1753))は、世界に約55種、日本に14種が分布します。

 葉が対生するネコノメソウ節(Sect. Chrysosplenium)と、互生するヤマネコノメソウ節(Sect. Nephrophylloides)の2節に分類されます。ニッコウネコノメは、葉が対生するネコノメソウ節に分類されます。

 山地沢沿いの湿地に自生します。茎は暗紅色で無毛。葉は対生します。根生葉と茎葉共に柄があります。茎葉は灰白色の斑紋があり、長さ1~5cm。基部はくさび形で卵円形から卵状楕円形、鋸歯があり無毛。葉脈が目立ちます。花期は4月。萼裂片は4個で斜開、あるいは平開し、黄緑色。雄しべは4~8個で、葯は暗紅紫色。花後に送出枝が伸びます。果実は蒴果です。種子は茶褐色、径1mm程の球形で多数あります。染色体数は、2n=22。

 よく似た種に、葯が暗紅色で花糸や花盤が紅紫色をした、ヨゴレネコノメ(汚れ猫の目)があります。岐阜県以西の日本海側にはボタンネコノメソウ(牡丹猫の目草)があります。ネコノメソウの仲間は、地域による個体差があり、それによって種類が多く、分類が難しくなります。

Japanese common name : Nikkou-nekonome
e0038990_22225418.jpg
Chrysosplenium macrostemon Maxim. var. shiobarense (Franch.) H.Hara

e0038990_222316100.jpge0038990_22233358.jpg

歓昌院坂 2008.04.02
e0038990_22242119.jpg
葯色は暗紅色

e0038990_22244185.jpge0038990_22245421.jpg
牛妻不動の滝 2007.03.08

e0038990_22252331.jpge0038990_22253659.jpg
左:全体の様子(歓昌院坂 2008.04.02) 右:芽生え後(安倍城跡 2013.03.06)

e0038990_22261188.jpge0038990_22262270.jpg
左:茎 (歓昌院坂 2008.04.02) 右:果実 (牛妻不動の滝 2007.03.08)


ニッコウネコノメ(日光猫目草)
別名:ニッコウネコノメソウ(日光猫目草)
ユキノシタ科ネコノメソウ属
学名:Chrysosplenium macrostemon Maxim. var. shiobarense (Franch.) H.Hara
花期:4月 多年草 草丈:5~15cm 花径:2~3mm

e0038990_2122812.gif

【学名解説】
Chrysosplenium : chrysos(金の)+spleen(脾臓)/ネコノメソウ属
macrostemon : 長い雄蘂(ゆうずい)の
Maxim. : Carl Maximowicz (1827-1891)
var. : varietas(変種)
shiobarense : 那須塩原の
Franch. : Adrien Rene Franchet (1834-1900)
H.Hara : 原寛 Hiroshi Hara (1911-1986)

撮影地:静岡県静岡市
歓昌院坂 2008.04.02
牛妻不動の滝 2007.03.08
安倍城跡 2013.03.06
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 24 December 2014
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2014-12-25 00:00 | | Trackback | Comments(0)
ハナネコノメ(花猫の目)
 ハナネコノメ(花猫の目)は、ユキノシタ科ネコノメソウ属の多年草です。福島県から京都付近までに分布します。シロバナネコノメソウ(白花猫の目草)を母種とします。名の由来は、花弁状の萼片がネコノメソウの仲間では花らしく見える事から。ネコノメソウは、果実が熟して割れた形状を猫の瞳孔に例えたもの、あるいは漢名の猫児目晴草から。

 ユキノシタ科(Saxifragaceae Juss. (1789))は、温帯から寒帯にかけて約17属500種があります。以前は約80属1200種が属する大きな科でしたが、近年に幾つかの科が分離され減少しました。ネコノメソウ属(Chrysosplenium L. (1753))は、世界に約55種、日本に14種が分布します。葉が対生するネコノメソウ節と、互生するヤマネコノメソウ節の2種に分類されます。

 山地の沢や谷沿い湿地に自生します。茎は暗紅褐色を帯び、白色軟毛が散生します。草丈は5~10cm。葉は対生します。根生葉は花期に枯れます。茎葉は扇形で、半円状の鋸歯が3~7個あり、長さ10mm以内。葉にも白色軟毛がまばらにあります。花後に走出枝(runner)を伸します。

 花期は3月から4月頃で、茎頂に4~5個の花を付けます。花弁状に見えるのは4裂した萼裂片です。萼裂片は長さ3~5mmの長卵形で斜開し、白色、花径は約5mm。両性花。雄しべは8個で萼より突出します。葯色は暗紅色。花粉は黄色。近畿地方以西、四国や九州に分布する母種のシロバナネコノメソウ(白花猫の目草)の花粉は白色。花柱の先端はくちばし状。子房上位。果実は蒴果です。種子は微小で乳頭状突起があります。

 シロバナネコノメソウ(白花猫の目草)Chrysosplenium album Maxim. var. albumを母種とする変種は次の3種があります。
・ハナネコノメ(花猫の目)
 Chrysosplenium album Maxim. var. stamineum (Franch.) H.Hara
・キイハナネコノメ(紀伊花猫の目)
 Chrysosplenium album Maxim. var. nachiense H.Hara
キバナハナネコノメ(黄花花猫の目)[準絶滅危惧(NT)]
 Chrysosplenium album Maxim. var. flavum H.Hara

Japanese common name : Hana-nekonome
e0038990_23452170.jpg
Chrysosplenium album Maxim. var. stamineum (Franch.) H.Hara

e0038990_23493096.jpge0038990_23503692.jpg
茎頂に4~5個の花をつける。葯色は暗紅色で、花粉は黄色。
e0038990_11245264.jpg
沢の湿地にある岩陰に群生するハナネコノメ


ハナネコノメ(花猫の目)
ユキノシタ科ネコノメソウ属
学名:Chrysosplenium album Maxim. var. stamineum (Franch.) H.Hara
花期:3月~4月 多年草 草丈:5~10cm 花径:約5mm

e0038990_2163229.gif


【学名解説】
Chrysosplenium : chrysos(金の)+spleen(脾臓)/ネコノメソウ属
album : albus(白色の)
Maxim. : Carl Maximowicz (1827-1891)
var. : varietas(変種)
stamineum : stamineus(雄の、雄蘂の)
Franch. : Adrien Rene Franchet (1834-1900)
H.Hara : 原寛 Hiroshi Hara (1911-1986)

撮影地:静岡県静岡市
竜爪山(Alt. 1051m) 2009.03.12
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 01 September 2014
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2014-09-01 00:00 | | Trackback | Comments(0)
キバナハナネコノメ(黄花花猫の目)
 キバナハナネコノメ(黄花花猫の目)は、ユキノシタ科ネコノメソウ属の多年草です。シロバナネコノメソウ(白花猫の目草)を母種とする変種で、東海地方(静岡県、愛知県、岐阜県)、長野県に分布する日本固有種です。静岡県と岐阜県では準絶滅危惧(NT)、愛知県では絶滅危惧Ⅱ類(VU)、長野県では絶滅危惧IA類(CR)。名の由来は、花弁状の萼片が黄色いネコノメソウであることから。ネコノメソウは、果実が熟して割れた形状を猫の瞳孔に例えたもの、あるいは漢名の猫児目晴草から。

 ユキノシタ科(Saxifragaceae Juss. (1789))は、温帯から寒帯にかけて約17属500種があります。以前は約80属1200種が属する大きな科でしたが、近年に幾つかの科が分離され減少しました。ネコノメソウ属(Chrysosplenium L. (1753))は、世界に約55種、日本に14種が分布します。葉が対生するネコノメソウ節と、互生するヤマネコノメソウ節の2節に分類されます。キバナハナネコノメは、葉が対生するネコノメソウ節です。

 山地の谷や渓流沿いに自生します。草丈は5~10cm。茎は紅紫色を帯び、白色の軟毛があります。。花後に走出枝(runner)を伸します。葉は対生します。根出葉は1~2対を対生させ、花期に枯れます。茎葉は短い柄があり、長さ2~8mm、幅3~9mmの扇形単葉で、丸い鋸歯が3~5個あります。

 花期は4月から5月頃。黄色の4裂した広卵形の萼片が花弁状になり半開します。花径は、4~8mm。雄しべは8個。葯は黄色や橙赤色で、萼片から突出します。花柱の先端はくちばし状。子房上位。果実は蒴果です。

 シロバナネコノメソウ(白花猫の目草)Chrysosplenium album Maxim. var. albumを母種とする変種は次の3種があります。
ハナネコノメ(花猫の目)Chrysosplenium album Maxim. var. stamineum (Franch.) H.Hara
・キイハナネコノメ(紀伊花猫の目)Chrysosplenium album Maxim. var. nachiense H.Hara
・キバナハナネコノメ(黄花花猫の目)Chrysosplenium album Maxim. var. flavum H.Hara

※参考:レッドデーターブック・カテゴリー(分野図)

Japanese common name : Kibana-hana-mekonome
e0038990_16203710.jpg
Chrysosplenium album Maxim. var. flavum H.Hara


キバナハナネコノメ(黄花花猫の目)
ユキノシタ科ネコノメソウ属
学名:Chrysosplenium album Maxim. var. flavum H.Hara
花期:4月~5月 多年草 草丈:5~10cm 花径:4~8mm

e0038990_2122812.gif

【学名解説】
Chrysosplenium : chrysos(金の)+spleen(脾臓)/ネコノメソウ属
album : albus(白色の)
Maxim. : Carl Maximowicz (1827-1891)
var. : varietas(変種)
flavum : flavus(黄色、山吹色、黄金色の)
H.Hara : 原寛 Hiroshi Hara (1911-1986)

撮影地:静岡県静岡市
貴重種位置情報非公開 2009.03.05
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 18 August 2014
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2014-08-18 00:00 | | Trackback | Comments(0)
ユキノシタ(雪の下)
 ユキノシタ(雪の下)は、ユキノシタ科ユキノシタ属の多年草です。日本、中国に分布し、日本では本州、四国、九州に分布する在来種です。名の由来は、冬の雪下で枯れずに残るからとか、白い花を雪に見立てて下に葉があるから(牧野富太郎)等の諸説があります。中国名の虎耳草(こじそう)は、葉が虎の耳に似ている事から。

 ユキノシタ科(Saxifragaceae Juss. (1789))は、温帯から寒帯にかけて約17属500種があります。ユキノシタ属(Saxifraga L. (1753))は、北半球に約300種が分布し、日本には16種が分布します。日本固有種は6種1)があります。

 山地の半日陰や岩場などで自生します。また、民間薬や山菜として用いられてきた事もあり、植栽も多くみられます。紅紫色で糸状の長い匍匐枝2)を出し、栄養繁殖します。草丈は20~50cm。茎、葉、萼の全体に毛が密生しています。葉は根生します。腎円形で、浅い鋸歯があり、基部は心形で、長さ3~6cm、幅3~9cm。5~13cmの長い葉柄があります。アントシアン色素による赤味を帯びた緑色で、葉脈に沿って白色の筋があります。葉裏は赤紫色。

 花期は、5月から7月頃。花茎の先に円錐状集散花序をつけます。花は白色で、左右相称の離弁花です。花弁は5枚。上側3枚は卵形で先端が尖り、長さ3.5~5.5mm。紅色の斑点があり、基部には黄色の斑点があります。下側2枚は白色の披針形で、長さ12~20mm、幅4~8mm。花冠全体は、長さ20~28mm、幅15~25mm。萼は5裂し、腺毛があります。

 両性花です。雄しべは10本で、葯色は紅色。花弁に沿って放射状に平開し、やがて前方に立ち上がり花粉を放出します。その後、元の位置に戻ります。雌しべ花柱は2本。雄しべ基部に子房を覆う黄色の花盤(蜜腺)が半円状にあります。

 果実は蒴果です。先端が2裂した、くちばし状で長さ約4mm。種子は0.5mm程の広卵形で、細かい突起があります。染色体数は、2n=30(Ma et al.,1990)、2n=30,36,54。

 漢方薬として、乾燥葉を虎耳草(こじそう)として用います。民間薬として、解熱、鎮咳、消炎、解毒、利尿、止血等の広範囲に用いられてきました。主要成分は、硝酸カリウム(potassium nitrate)、塩化カリウム(potassium chloride)、ベルゲニン(Bergenin)。硝酸カリウムは毒性が強い食品添加物として知られています。山菜として、葉を天ぷらなどにします。

脚注:
1)日本の固有種
エゾノクモマグサ(蝦夷の雲間草)Saxifraga nishidae Miyabe et Kudô
エチゼンダイモンジソウ(越前大文字草)Saxifraga acerifolia Wakabayashi et Satomi
ハルユキノシタ(春雪の下)Saxifraga nipponica Makino
フキユキノシタ(蕗雪の下)Micranthes japonica (H.Boissieu) S.Akiyama et H.Ohba
ジンジソウ(人字草)Saxifraga cortusaefolia Siebold et Zucc.
センダイソウ(仙台草)Saxifraga sendaica Maxim.

2)匍匐枝(ほふくし):主茎基部から地上近くを水平に這って伸びる茎で、植物体になる芽をつけるもの。栄養繁殖集合体を形成して栄養繁殖する。(匍匐茎:ほふくけい|stolon)。

Japanese common name : Yuki-no-sita
e0038990_3494771.jpg
Saxifraga stolonifera Curtis

e0038990_351484.jpge0038990_3512068.jpg
崖の法面に、驚くほど密生したユキノシタ。

e0038990_3525614.jpge0038990_3531142.jpg
花中央に見える黄色の部分は花盤で、半円状につく。花茎や萼には毛が密生する。

e0038990_3561051.jpge0038990_3562454.jpg
円錐状集散花序。葉は基部が心形の腎円形。
e0038990_865391.jpg
雄しべ10本、雌しべ2本。半円状に付く黄色の花盤から蜜を出す。


ユキノシタ(雪の下)
学名:Saxifraga stolonifera Curtis
ユキノシタ科ユキノシタ属
花期:5月~7月 多年草 草丈:20~50cm 花冠長:20~28mm

e0038990_2163229.gife0038990_23292459.gife0038990_23304654.gife0038990_23384753.gif


【学名解説】
Saxifraga : saxum(石)+ frangere(砕く)/ユキノシタ属
stolonifera : stolonifer(匍枝を持った)
Curtis : William Curtis (1746-1799)
---
Juss. : Antoine Laurent de Jussieu (1748-1836)
L. : Carl von Linne (1707-1778)

撮影地:静岡県静岡市
葵区牧ヶ谷(Alt. 34m) 2008.05.27
高山(牛ヶ峰 Alt.716.9m) 2008.05.28
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

30 March 2012
Last modified: 20 November 2016
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2012-03-30 00:00 | | Trackback | Comments(4)
ヤマネコノメソウ(山猫の目草)
 ヤマネコノメソウ(山猫の目草)は、日本・朝鮮・中国にかけて分布する、ユキノシタ科ネコノメソウ属の多年草です。国内では、北海道から九州にかけて分布する在来種です。名の由来は、花後の裂開した果実が猫の瞳孔に似る事から。ヤマをつけてネコノメソウ(猫の目草)と区別します。

 ユキノシタ科(Saxifragaceae Juss. (1789))は、温帯から寒帯にかけて約17属500種があります。以前は約80属1200種が属する大きな科でしたが、近年に幾つかの科が分離され減少しました。ネコノメソウ属(Chrysosplenium L. (1753))は、世界に約55種、日本に14種が分布します。

 山地の林下に群生します。ネコノメソウと異なり走出枝はありません。花茎と葉柄には軟毛が散生します。茎葉は互生します。ネコノメソウは対生します。腎円形で長さ1~3cm。丸みを帯びた浅い鋸歯があります。花茎の先に花を付けます。萼は平開し、裂片4枚は黄緑色で基部が黄色がかります。花の径は5mm内外で、花弁はありません。雄しべは8個、あるいは4個で、葯の色は黄色です。

 果実は蒴果です。縦に裂けて開き、褐色で楕円形の種子を多数つけます。ネコの目のような形の皿に褐色の多数のゴマが乗っているように見えます。この種子は雨滴散布されます。花の後、花茎の基部に珠芽をつけます。秋頃に芽生えて根出葉で越冬します。染色体数は、2n=24。

参考:ニッコウネコノメ(日光猫目) ハナネコノメ(花猫の目) キバナハナネコノメ(黄花花猫の目)

Japanese common name : Yama-nekonome-sou
e0038990_1245252.jpg
Chrysosplenium japonicum (Maxim.) Makino

e0038990_12455111.jpge0038990_1246443.jpg
左:茎葉は腎円形で互生。全体的に軟質。 右:雄しべは8個か4個で、葯は黄色。 

e0038990_12462179.jpge0038990_12463795.jpg
左:果実は蒴果。2007.03.13 右:褐色で楕円形の種子が多数つく。2007.04.06

e0038990_12465398.jpge0038990_1247101.jpg
左:葉裏。茎には軟毛が散生する。 右:根

ヤマネコノメソウ(山猫の目草)
ユキノシタ科ネコノメソウ属
学名:Chrysosplenium japonicum (Maxim.) Makino
花期:3月~4月 多年草 草丈:10~20cm 花径:約5mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Chrysosplenium : chrysos(金の)+spleen(脾臓)/ネコノメソウ属
japonica : 日本の[japonicus(男性形)/japonica(女性形)/japonicum(中性形)]
Maxim.: Carl Johann Maximowicz (1827-1891)
Makino : 牧野富太郎 Tomitaro Makino (1862-1957)

撮影地:静岡県静岡市
千代山 2007.03.01~04.06
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 3 May 2007
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2007-05-03 00:00 | | Trackback | Comments(2)