タグ:紫色系 ( 75 ) タグの人気記事
ツタバウンラン(蔦葉海蘭)
 ツタバウンラン(蔦葉海蘭)は、オオバコ科ツタバウンラン属の蔓性多年草です。ヨーロッパの地中海沿岸地方が原産です。園芸用途として大正12(1823)年に移入され、逸出した帰化植物です。日本では、北海道、本州、四国、九州に帰化しています。名の由来は、花がウンラン(海蘭)に、葉がツタ(蔦)に似る事から。英名は、coliseum ivy、Ivy-leaved Toadflax。

 オオバコ科(Plantaginaceae Juss. (1789))は、約90属1700種が分布します。日本には15属43種が自生分布します。旧分類ではゴマノハグサ科1)で、世界に約220属3000種の分布でしたが、現在は約56属2100種に減少しました。ツタバウンラン属(Cymbalaria Hill (1756))は、ヨーロッパ西部、地中海からイランに約10種が分布します。

 石垣や斜面等に自生します。糸状の細い茎を10〜60cmに伸ばし、不定根を出しながら石垣などに絡みつきます。茎は無毛の紫褐色で、径約1mm。もろく、簡単に引きちぎれます。葉柄は10~17mm。葉は互生します。円形や扁円形で、掌状に5〜7浅裂し、長さ1~3cm、幅1.5~4cm。裂片は幅が広く、先端は小型葉が鋭頭、大型葉は微鋭頭の傾向があります。

 花期は、5月から10月頃まで。葉腋から紫色を帯びた10~17mmの花柄を出し、先端に花をつけます。花冠は唇形花2)で、白色や淡紫色。上唇は暗紫色の縦筋が入り、斜めか直立して2裂します。下唇は3浅裂して、基部は背面から押されて湾曲し隆起します。2個の凸部の上部が黄色の蜜標3)になり、内部への通路を塞ぐ形状になります。虫媒花で、訪れた虫が下唇に乗ると開く構造です。後端に長さ約3mmの距があります。花冠の幅は7~10mm、長さは7~10mm。萼は5裂します。萼片は線状披針形で長さ約3mm。

 両性花です。雄しべは長2短2の計4本で、葯は薄黄色。雌しべは1本で、花柱は紫色を帯びます。花冠内部に腺毛があります。子房上位。花後は果柄を25~45mmに伸ばし、下垂します。果実は蒴果です。球形で2室あり、径5~6mm。熟すと裂開します。種子はヒダ状のシワがあり径約1mm。染色体数は、2n=14。

 同属のCymbalaria aequitriloba (Viv.) A.Chev.が、ヒメツタガラクサ(姫蔦唐草)の園芸名で流通しています。花冠が似た種として、ムラサキサギゴケ(紫鷺苔)、トキワハゼ(常磐爆/常盤黄櫨)、カキドオシ(垣通し)、マツバウンラン(松葉海蘭)等があります。

脚注:
1)Scrophulariaceae Juss. (1789)
2)唇形花(しんけいか):合弁花で、筒状の花冠が唇のように上下に分かれる形状の花(lip)
3)蜜標(みつひょう) : 昆虫に蜜の所在を示す標識(nector guide)

Japanese common name : Tutaba-unran
e0038990_02494721.jpg
Cymbalaria muralis G.Gaertn., B.Mey. et Scherb.

e0038990_02571355.jpge0038990_02504599.jpg
白色花冠。上唇は2裂、下唇は3浅裂。右:背面は大きく窪(くぼ)む。
e0038990_02531274.jpg
紫色花冠。後部に距がある。萼は5裂。

e0038990_02583939.jpge0038990_02584251.jpg
雄しべは長2短2の計4本。葯色は薄黄色。花冠内部には腺毛がある。

e0038990_15232050.jpge0038990_16114442.jpg
萼は5裂して萼片は長さ約3mmの線状披針形。葉腋から紫色を帯びた花柄を出す。

e0038990_03013217.jpge0038990_03013552.jpg
葉は大小があり掌状に5〜7浅裂。裂片は小型葉が鋭頭、大型葉は微鋭頭の傾向。

e0038990_03020751.jpge0038990_03034694.jpg
花期は長い。

e0038990_03001702.jpge0038990_15485388.jpg
細い茎を斜面に這わせる。果実は蒴果で下垂し径5~6mm。

e0038990_15260096.jpge0038990_14472960.jpg
左:若い果実の内部。 右:種子はヒダ状のシワがあり径約1mm。


ツタバウンラン(蔦葉海蘭)
別名:ツタガラクサ(蔦唐草)、ウンランカズラ(海蘭葛)
オオバコ科ツタバウンラン属
学名:Cymbalaria muralis G.Gaertn., B.Mey. et Scherb.
synonym : Linaria cymbalaria (L.) Mill
花期:5月~10月 多年草 草丈:蔓性 花冠長:7~10mm

e0038990_12135938.gife0038990_21323673.gif


【学名解説】
Cymbalaria : kymbalon(シンバル)のような/ツタバウンラン属
muralis : 壁に生える
G.Gaertn. : (P.Gaertn.) Philipp Gottfried Gaertner (1754-1825)
B.Mey. : Bernhard Meyer (1767-1836)
et : et alii(及び・命名者が2名の時など・&(and)に同じ)
Scherb. : Johannes Scherbius (1769-1813)
---
Cymbalaria aequitriloba (Viv.) A.Chev.
aequitriloba : aequalis(同形の)+trilobus(三片の)
Viv. : Domenico Viviani (1772-1840)
A.Chev. : Auguste Jean Baptiste Chevalier (1873-1956)

撮影地:静岡県静岡市
葵区池ヶ谷 2018.05.16, 2018.06.19
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 25 June 2018
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2018-06-25 00:00 | | Trackback | Comments(0)
ゲンゲ(紫雲英)
 ゲンゲ(紫雲英)は、マメ科ゲンゲ属の越年草1)です。中国原産で、江戸時代以前に移入されたとされている帰化植物です。日本では、全国に分布します。名の由来は、渡来時の漢名を充てたもの。紫雲英は、紫色雲の花(英)の意味。一般的に、レンゲソウ(蓮華草)の名で親しまれています。蓮華草は、蓮華の花に似る事から。中国名は、紫云英(zǐ yún yīng)。

 マメ科(Fabaceae Lindl. (1836))は、約650属12000種が分布します。日本には41属100種が分布します。ゲンゲ属(Astragalus L. (1753))は、北半球の温帯に約4000種が分布し、日本には帰化種を含めて約14種があります。

 根に根粒菌が根粒を形成して共生します。根粒菌から窒素の供給を受けます。畑では、この窒素固定作用による窒素肥料として活用されます。近年は、化学肥料(硫安[硫酸アンモニウム]、塩安[塩化アンモニウム]、硝安[硝酸アンモニウム]、尿素、チリ硝石、石灰窒素等)の利用が多くなり、緑肥の利用は減少傾向にあります。

 茎は毛があり、基部で分岐して這った後、斜上します。葉は、奇数羽状複葉で9~11個つきます。小葉は倒卵形から楕円形で、長さ1〜1.5cm。葉裏に毛があります。葉柄基部には卵形の托葉が互生します。

 花期は、4月から6月。花柄を15cm程伸ばして、紅紫色の蝶形花を輪状に7~10個付けます。蝶形花は、左右相称の蝶に似た形状の花です。旗弁と、翼弁2枚に包まれた舟弁(竜骨弁)2枚の計5枚の花弁があります。虫媒花。介在する昆虫が花に乗ると、翼弁と舟弁が下がり、雄しべと雌しべが露出して葯が付着する仕組みです。萼は毛があり、5裂します。

 両性花です。雄しべは10本あり、基部は筒状に子房を取り巻き、9裂します。1本が独立している二体雄ずい2)を形成します。果実は、豆果です。約3cmで黒色に熟します。種子は長さ約3mm。染色体数は、2n=16, 32。

 蜜源、窒素肥料、飼料としての活用があります。品種として花冠が白い、シロバナゲンゲ(白花紫雲英)Astragalus sinicus L. f. albiflorus S.Okamoto があります。

脚注:
1)越年草(えつねんそう):秋に発芽し、年を越して翌年に開花結実して枯れる植物。あくまでも人間社会の暦による分け方で、12ヶ月を超えないので冬型1年草とも言う。1年草は、年内に発芽して枯れる植物。
2)二体雄ずい(二体雄しべ):雄しべ花糸の合着が二つに分かれるる形態。雄しべの全部が筒状に合着するものを単体雄蕊、二つにまとまるものを二体雄蕊と言う。マメ科では1本対9本になるものが多い。

Japanese common name : Genge
e0038990_12442449.jpg
Astragalus sinicus L.

e0038990_18055149.jpge0038990_18055537.jpg
輪状に蝶形花をつける。葉は奇数羽状複葉。
e0038990_18080024.jpg
スズメノテッポウと共演

e0038990_10261048.jpge0038990_10261608.jpg
左:草丈は10~30cm。右:蝶形花の部分名称。

e0038990_10272854.jpge0038990_10273216.jpg
雄しべ基部は子房を包み、先が9裂、1本独立の二体雄ずい。緑色は子房。
e0038990_18080381.jpg
果実は豆果。種子は約3mm。

e0038990_10290709.jpge0038990_10291077.jpg
葉は倒卵形。葉裏や茎に伏せ毛がある
e0038990_10315434.jpg
シロバナゲンゲ(白花紫雲英)
Astragalus sinicus L. f. albiflorus S.Okamoto


ゲンゲ(紫雲英)
別名:レンゲソウ(蓮華草)、レンゲ(蓮華)
マメ科ゲンゲ属
学名:Astragalus sinicus L.
花期:4月~6月 越年草 草丈:10~30cm 花冠長:10~15mm

e0038990_12135938.gif


【学名解説】
Astragalus : ギリシャ古語の距骨(くるぶし)/ゲンゲ属
sinicus : sinensis(支那の)
L. : Carl von Linne (1707-1778)
---
f. : forma(品種)
albiflorus : 白花の
S.Okamoto : 岡本清逸 Seiitsu Okamoto (col. 1914 - )

撮影地:静岡県静岡市
葵区城北(水田) 2007.03.30, 2009.04.09, 2018.04.16
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

30 April 2018
Last modified: 10 May 2018
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2018-04-30 00:00 | | Trackback | Comments(0)
ヒマラヤユキノシタ(ヒマラヤ雪の下)
 ヒマラヤユキノシタ(ヒマラヤ雪の下)は、ユキノシタ科ヒマラヤユキノシタ属の多年草です。ヒマラヤ山脈周辺が原産地です。日本には、明治初期に移入されたと考えられています。北海道から九州にかけて園芸用途で栽培されています。名の由来は、ヒマラヤ地方が原産であり、ユキノシタ科である事から。中国名は、短柄岩白菜(duǎn bǐng yán bái cài)。英名は、Himalayan creeping saxifrage。

 ユキノシタ科(Saxifragaceae Juss. (1789))は、温帯から寒帯にかけて約17属500種1)があります。ヒマラヤユキノシタ属(Bergenia Moench, 1794)は、中国、ヒマラヤ、中央アジア等に8種があります。

 根茎状の木質化した基部は初め這い、途中から花茎を立ち上げます。草丈は、10~50cm。葉は互生します。根生葉は光沢のある革質の倒卵形で、葉縁に棘状の鋸歯があります。長さ15~20cm、幅約10cm。長い葉柄があります。常緑ですが、寒さによっては赤褐色を帯びることがあります。

 花期は、2月から5月。茎先に集散花序を出し、桃色の花を多数付けます。花茎は径1~2mm。花径は2~3cm。花弁は倒卵形で、5~6個付きます。雄しべは10本で赤味を帯び、葯色は黄色、長さ6~7mm。雌しべは薄緑色で、長さ7~8mm。柱頭は2~3裂します。

 萼筒は椀形で、幅5~6mm。萼片は5~6裂し、三角状で、長さ約4mm、幅約4mm、先端は尖りません。果実は朔果です。胚珠は中軸胎座 2)。種子は長卵形で、長さ約0.5mm。染色体数は、2n=34。

 種間交雑品種が多く出回っています。ほぼ手入れなしの放任で毎年花をつけます。繁殖は、実生、株分け等で行います。別名でオオイワウチワ(大岩団扇)と呼ばれることがありますが、オオイワウチワ3)は、イワウメ科の別種です。

脚注:
1)以前は約80属1200種が属する大きな科でしたが、近年に幾つかの科が分離され減少しました。
2)中軸胎座 (axial placentation):合生雌しべで、子房の中軸に胚珠がつくもの。
3)Shortia uniflora (Maxim.) Maxim. var. uniflora

Japanese common name : Himaraya-yukinosita
e0038990_21311980.jpg
Bergenia stracheyi (Hook.f. et Thomson) Engl.

e0038990_12093178.jpge0038990_12093588.jpg
基部は根茎状。葉は互生し、倒卵形。

e0038990_12142288.jpge0038990_12142572.jpg
雄しべは10本、雌しべ柱頭は2~3裂する。写真左が2裂、右は3裂。

e0038990_12161270.jpge0038990_12161626.jpg
茎先に5~8cmの集散花序をつける。

e0038990_18570485.jpge0038990_18570752.jpg
左:受粉後の雌しべと雄しべ。 右:萼筒は椀形、萼片は5~6個。

e0038990_18574489.jpge0038990_18574873.jpg
葉縁に棘状の鋸歯がある。 左:葉表 右:葉裏

e0038990_18585292.jpge0038990_18585941.jpg
左:萼を取り払った雌しべ。3裂。右:種子は長卵形(未熟)

e0038990_13311663.jpge0038990_13311990.jpg
2裂雌しべ子房部分 右は輪切り状態の子房

e0038990_13331267.jpge0038990_13331584.jpg
中軸胎座につく胚珠


ヒマラヤユキノシタ(ヒマラヤ雪の下)
ユキノシタ科ヒマラヤユキノシタ属
学名:Bergenia stracheyi (Hook.f. et Thomson) Engl.
花期:2月~5月 多年草(常緑宿根草) 草丈:10~50cm 花径:2~3cm

e0038990_21323673.gif


【学名解説】
Bergenia : Karl August von Bergen (1704-1759)の名に因む/ヒマラヤユキノシタ属
stracheyi : Lieutenant-General Sir Richard Strachey (1817-1908)の
Hook.f. : Joseph Dalton Hooker (1817-1911)
et : et alii(及び・命名者が2名の時など・&(and)に同じ)
Thomson : Thomas Thomson (1817-1878)
Engl. : Heinrich Gustav Adolf Engler (1844-1930)

撮影地:静岡県静岡市
葵区昭府町 2017.04.12
自宅 2018.03.12, 2018.03.21
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

21 March 2018
Last modified: 29 March 2018
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2018-03-21 00:00 | | Trackback | Comments(0)
オギノツメ(荻の爪)
 オギノツメ(荻の爪)は、キツネノマゴ科オギノツメ属の多年草です。東南アジア、インドに分布します。日本では、本州(静岡県以西)、四国、九州に分布します。地域によっては、絶滅危惧II類、準絶滅危惧種に指定されています。名の由来は、不明です。先端が尖った果実を爪に例えたものとの説があります。オギ(荻)は、イネ科ススキ属のススキに似た多年草です。中国名は、水蓑衣(shuǐ suō yī)。

 キツネノマゴ科(Acanthaceae Juss. (1789))は、中南米や東南アジア等の熱帯と温帯の一部に約250属2500種があります。オギノツメ属(Hygrophila R.Br. (1810))は、約80種があり、日本には本種のみが分布します。

 水辺や湿地などに自生します。地下茎を這わせ、節から根や地上茎を出しながら群生します。茎は4稜の方形で細毛があります。草丈は、30~60cm。葉は、対生します。線状披針形で長さ3~15cm、幅0.5~1.5cm、鈍頭。全縁で波打つことがあります。

 花期は8月から10月。葉腋に柄のない淡紫色の唇形花を輪状に束生します。筒状で長さ10~13mm。上弁は2浅裂します。唇弁は3浅裂し、長さは、3~5mm。雄しべは長2,短2の4本があります。萼は5中裂し、先は尖り、長さ約6mm、果期に約10mmに徒長します。

 果実は、蒴果です。披針形で、長さ約1cm、幅約2mm。熟すと縦に2裂します。種子は扁平卵円で長さ約1mm。

Japanese common name : Ogi-no-tume
e0038990_09242777.jpg
Hygrophila ringens (L.) R.Br. ex Spreng.

e0038990_09293013.jpge0038990_09245377.jpg
茎は4稜の方形。葉は対生し、線状披針形。葉腋に唇形花を輪状に束生する。

e0038990_09465593.jpge0038990_09482983.jpg
左:水辺や湿地などに自生する。 右:果期には葉が落ちて茶色になる。

e0038990_09412355.jpge0038990_09291213.jpg
果実は円柱形の蒴果で縦に2裂する。

e0038990_11515256.jpge0038990_11515610.jpg
果実内面。種子は扁平卵円で毛がある。


オギノツメ(荻の爪)
キツネノマゴ科オギノツメ属
学名: Hygrophila ringens (L.) R.Br. ex Spreng.
synonym : Hygrophila salicifolia (Vahl) Nees
花期:8月~10月 多年草 草丈:30~60cm 花冠長:10~13mm

e0038990_2163229.gif


【学名解説】
Hygrophila : hygros(湿)+philos(好む)/オギノツメ属
ringens : 開口形の、口を広く開けた
L. : Carl von Linne (1707-1778)
R.Br. : Robert Brown (1773-1858)
ex : ~による
Spreng. : Curt (Kurt, Curtius) Polycarp Joachim Sprengel (1766-1833)
---
salicifolia : salicifolius(ヤナギ属のような葉の)
Vahl : Martin (Henrichsen) Vahl (1749-1804)
Nees : Christian Gottfried Daniel Nees von Esenbeck (1776-1858)

撮影地:静岡県静岡市
麻機湧水地第3工区 2017.09.24, 2017.09.25, 2017.09.29, 2017.10.04, 2018.01.18
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 13 February 2018
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2018-02-13 00:00 | 水辺の植物 | Trackback | Comments(0)
カテンソウ(花点草)
 カテンソウ(花点草)は、イラクサ科カテンソウ属の多年草です。日本、中国、韓国、台湾に分布します。日本では、本州、四国、九州に分布します。名の由来は、不明。点のような小さな目立たない花を咲かせる事からとの説がありまが、中国語では異なります。中国名は、花點草(huā diǎn cǎo)。

 イラクサ科(Urticaceae Juss. (1789))は、熱帯から温帯にかけて約47属1300種、日本に11属約40種があります。カテンソウ属(Nanocnide Blume (1856))は、3(2)種が分布します。

 山野の木陰に自生します。匍匐枝で繁殖します。草丈は、10~30cm。茎に白毛が散生します。葉は互生します。菱形状卵形で、長さと幅は1~3cm。鋸歯があります。葉柄は1~5cm。花期は、4月から5月。雄花序は茎先の葉腋から集散花序を出します。約4cmの花柄の先に花被片5個の小さな花をつけます。

 雄しべ5個は丸まっていて、開花時に放射状に1本づつ勢いよく広がり、花粉を散布します。雌花序は葉腋に固まってつきます。柄が無く、花被片4個で淡紅色。雌雄同株(希に異株)の風媒花。果実は痩果です。長さ約1.5mm。花被に包まれ、宿存萼があり、種子1つを含みます。

 日本に分布するカテンソウ属は次の2種を含みます。南西諸島に分布する、シマカテンソウ(島花点草)Nanocnide lobata Wedd. は、別名ヤエヤマカテンソウ(八重山花点草)で知られています。鹿児島県に分布する、トウカテンソウ(唐花点草)Nanocnide pilosa Migo [絶滅危惧I類]は、中国名で毛花點草。シマカテンソウと同一種との見解があります。

Japanese common name : Katen-sou
e0038990_11532746.jpg
Nanocnide japonica Blume
e0038990_2153496.jpg
叢生するカテンソウ


カテンソウ(花点草)
別名:ヒシバカキドオシ(菱葉籬通)
イラクサ科カテンソウ属
学名:Nanocnide japonica Blume
花期:4月~5月 多年草 草丈:10~30cm 花径:2~3mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Nanocnide : nannos(矮小)+cnide(イラクサ)/カテンソウ属
japonica : 日本の[japonicus(男性形)/japonica(女性形)/japonicum(中性形)]
Blume : Carl Ludwig Blume (1789-1862)

撮影地:静岡県静岡市
葵区福田ヶ谷 2011.04.02
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 16 February 2017
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2017-02-16 00:00 | | Trackback | Comments(0)
ナギナタコウジュ(薙刀香薷)
 ナギナタコウジュ(薙刀香薷)は、シソ科ナギナタコウジュ属の1年草です。日本、アジア温帯域に分布します。日本では、北海道から九州にかけて分布する在来種です。名の由来は、花穂(かすい)が薙刀状の香需である事から。薙刀は、長い柄の先に刀を付けた武具で、香薷は、香りが強く薬草となるもの全般を指します。中国名は、香薷(xiāng rú)。

 シソ科(Lamiaceae Martinov (1820))は、北半球の地中海沿岸や中央アジアを中心に約250属7000種が分布します。日本には約28属90種があります。オドリコソウ属Lamiumに由来する名です。ナギナタコウジュ属(Elsholtzia Willdenow (1790))は、アジアに約35種が分布し、日本には2種が自生します。

 日当たりの良い山地に自生します。強い香りがあります。茎は四角柱状で毛が多くあり、分枝しながら長さ30~60cmになります。葉は、対生します。基部がくさび形の卵形から長卵形で長さ3~9cm、幅1~4cm。先が尖り、鋸歯があります。毛が散生し、葉裏に腺点があります。葉柄は有毛で約2cm。

 花期は9月から10月。茎頂や葉腋から長さ5~10cmの総状花序を出します。花は花穂の片側だけにつき、反対側は縁に短毛がある苞に覆われます。対になった苞から数個の花を出します。花は淡紫色の唇形花で、長さは約5mm。縁が裂けて毛状になります。雄しべ4個が突き出て、雌しべは内部にあります。萼は長さ約4mmで毛が密生し、先端は5裂します。苞と萼は花後も宿存します。果実は、分果1)です。倒卵形で4個あり、長さ約1~1.5mm。染色体数は、2n=32。

 全草を乾燥させたものを生薬の香薷(土香薷)として用います。基原は、海州香薷(hǎi zhōu xiāng rú)、和名ニシキコウジュ(錦香薷)Elsholtzia splendens Nakai ex F.Maek. で、日本ではナギナタコウジュが用いられます。口臭改善、利尿消腫、発汗、解熱(胃腸型感冒・急性胃腸炎)の効能があるとされます。使い方を誤ると嘔吐等の副作用が出ます。

 類似種として、花穂が太いフトボナギナタコウジュ(太穂薙刀香薷)Elsholtzia nipponica Ohwi [日本固有種]、白花の品種として、シロバナナギナタコウジュ(白花薙刀香薷)Elsholtzia ciliata (Thunb.) Hyl. f. leucantha (Nakai) T.B.Lee ex W.T.Lee があります。香薷の名がつくものに、イヌコウジュ(犬香薷)ミゾコウジュ(溝香薷)があります。

1)分果:分離果。裂開果のひとつで、心皮数だけの複数分果ができる。1分果に1種子が含まれる。

Japanese common name : Naginata-kouju
e0038990_1137134.jpg
Elsholtzia ciliata (Thunb.) Hyl.

e0038990_21394487.jpge0038990_2140052.jpg
左:茎頂や葉腋から総状花序を出す。 右:花穂の背面は苞に覆われる。

e0038990_2141781.jpge0038990_21411920.jpg
左:茎は毛がある。 右:葉は対生し、基部がくさび形の長卵形で鋸歯がある。


ナギナタコウジュ(薙刀香薷)
シソ科ナギナタコウジュ属
学名:Elsholtzia ciliata (Thunb.) Hyl.
花期:9月~10月 1年草 草丈:30~60cm 花冠長:約5mm

e0038990_2163229.gife0038990_20531140.gif

【学名解説】
Elsholtzia : Johann Siegesmund Elsholtz (1623~1688)に因む/ナギナタコウジュ属
ciliata : ciliatus(縁毛のある)
Thunb. : Carl Peter Thunberg (1743-1828)
Hyl. : Hjalmar Hylander (1877-1965)

撮影地:静岡県静岡市
牛ヶ峰(Alt. 717m) 2008.10.27
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 09 February 2017
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2017-02-09 00:00 | | Trackback | Comments(0)
ムラサキニガナ(紫苦菜)
 ムラサキニガナ(紫苦菜)は、キク科ムラサキニガナ属の多年草です。日本、中国、台湾、ベトナムに分布します。日本では、本州、四国、九州に分布する在来種です。名の由来は、花が紫色で苦い白乳液を含む事から。中国名は、假福王草(jiǎ fú wáng cǎo)。

 キク科(Asteraceae Bercht. et J.Presl (1820))は、世界に約950属2万種が分布します。日本には約70属360種があり、帰化植物は100種以上あります。Asteraceaeは、aster(星)の意味。保留名のCompositae Giseke, (1792)は、「合成された」との意味から。ムラサキニガナ属(Paraprenanthes Chang ex C.Shih (1988))は、アジアの温帯から熱帯に分布します。旧分類のアキノノゲシ属(Lactuca L. (1753))は、世界に約100種を数え、紀元前4500年のエジプトの墳墓の壁画に描かれているほど古くから知られています。

 山地の林縁に自生します。茎は細く中空で、直立し無毛。上部で花茎を多数出します。草丈は60~120cm。傷つけると白乳液が出ます。葉は互生します。茎下部の葉は不規則に羽状分裂し、長さ約20cm。上部は披針形となり小型。葉裏は白色を帯びます。

 花期は、6月から8月頃。花茎先端に円錐花序を出します。頭花は舌状花の集合体で、径約1cmの紫色。下向きに多数つきます。舌状花は8~11個で、花被片先端に5個の鋸歯があります。花被は筒状の先で平開します。柱頭は2分岐して丸まります。総苞は長さ約1cmで、総苞内片と小萼状の短い総苞外片があります。果実は痩果です。種子は黒色で長さ3~4mm、先端に長さ約4mmの白色の冠毛が付きます。染色体数は、2n=18。

 近縁種に、腺毛がある変種の、ケムラサキニガナ(毛紫苦菜)Lactuca sororia Miq. var. pilipes (Migo) Kitam. [異分類]や、白花品種の、シロバナムラサキニガナ(白花紫苦菜)Lactuca sororia Miq. f. albescens Honda [異分類]があります。北海道にはアキノノゲシ属で雰囲気が異なる、エゾムラサキニガナ(蝦夷苦菜)Lactuca sibirica (L.) Benth. ex Maxim. があります。

Japanese common name : Murasaki-nigana
e0038990_11142473.jpg
Paraprenanthes sororia (Miq.) Chang ex C.Shih

e0038990_11195854.jpge0038990_11201286.jpg
左:花は下垂する。 右:蕾

e0038990_14462171.jpge0038990_14463795.jpg
左:淡い紫色の頭花。 右:花被先端には鋸歯がある(ケムラサキニガナ)。

e0038990_11205092.jpge0038990_1121112.jpg
左:茎下部の葉は不規則に羽状分裂する。 右:蕾と痩果が混在する事が多い。


ムラサキニガナ(紫苦菜)
キク科ムラサキニガナ属
学名:Paraprenanthes sororia (Miq.) Chang ex C.Shih
synonym : Lactuca sororia Miq.
花期:6月~8月 多年草 草丈:60~120cm 花冠径:約1cm

e0038990_2163229.gif


【学名解説】
Paraprenanthes : Parapara(異なった)+prenes(下垂した)+anthe(花)/ムラサキニガナ属
sororia : sororius(塊になった)
Miq. : Friedrich Anton Wilhelm Miquel (1811-1871)
C.Shih : Chu Shih (1934- )
---
Lactuca : チシャ(萵苣)の古名。葉や茎から乳(lac)を出すことから/アキノノゲシ属

撮影地:静岡県静岡市
安倍城跡(Alt.435m) 2011.08.12, 2014.07.11
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

2 February 2017
Last modified: 08 June 2018
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2017-02-02 00:00 | | Trackback | Comments(0)
ハリアサガオ(針朝顔)
 ハリアサガオ(針朝顔)は、ヒルガオ科サツマイモ属の1年草です。熱帯アメリカ原産の帰化植物で、江戸時代には中国経由で渡来していたと言われています。日本では、関東以西で栽培される観賞用栽培種ですが、逸出して野生化する事があります。名の由来は、茎に刺状突起があるアサガオである事から。中国名は、丁香茄(dīng xiang qié)、天茄子(tiān qié zi)、天茄(tiān qié)。

 ヒルガオ科(Convolvulaceae Juss. (1789))は、熱帯から亜熱帯に約58属1650種が分布し、日本には4属があります。サツマイモ属(Ipomoea L. (1753)) は、熱帯から亜熱帯に約500種が分布します。

 蔓性で、他の物に巻き付き2~10mになります。茎や葉柄には、肉質で軟質の刺状突起が多数付きます。これが本種の特徴ですが、柔らかいので触っても痛くはありません。葉は互生します。葉柄は4~12cm。葉は、長さ5~7cmの心形。深裂した変異形状もあります。

 花期は、8月から10月頃。夜開性で午後から開花する一日花です。3~6cmの花柄の先に、漏斗状で淡赤紫色の合弁花を数個つけます。花径は約5cmで、花冠中心部は濃色。雄しべ5本、雌しべ1本の両性花。萼片は5枚。

 果実は、蒴果です。西洋独楽型で先端に突起があり、萼が反り返ります。若い果実は食用とされる事があり、救荒植物としても知られています。子房室は3室で、各室に普通2個の種子があります。乾燥果実は、径約17mm。種子は黒褐色の楕円形で、長さ約6~7mm、短い綿毛が付きます。染色体数は、2n=30。

参考文献:
Ipomoea turbinata Lagasca, Gen. Pl. 10. 1816, FOC Vol. 16 Page 310, Flora of China

Japanese common name : Hari-asagao
e0038990_13060733.jpg
Ipomoea turbinata Lag.

e0038990_13093027.jpge0038990_13094173.jpg
蕾の先端は尖る。茎に刺状突起がある。

e0038990_13115497.jpge0038990_13120200.jpg
長い柄の先に漏斗状の花を付ける。径3~5cm。

e0038990_13141564.jpge0038990_13142156.jpg
果実は蒴果。葉は心形で互生するが、深裂する変異形状もある。
e0038990_13162969.jpg
果実と種子


ハリアサガオ(針朝顔)
別名:アカバナヨルガオ(赤花夜顔)
ヒルガオ科サツマイモ属
学名:Ipomoea turbinata Lag.
synonym : Ipomoea muricata (L.) Jacq.
花期:8月~10月 1年草(国内) 蔓性:2~10m 花径:3~5cm

e0038990_12135938.gif


【学名解説】
Ipomoea : ips(芋虫)+homoios(似た)/サツマイモ属
turbinata : turbinatus (西洋ゴマ形の、倒円錐形の)
Lag. : Mariano Lagasca y Segura (1776-1839)
---
synonym : (シノニム)同物異名
muricata : muricatus(硬尖面の)
L. : Carl Linnaeus (1707-1778)
Jacq. : Nicolaus(Nicolaas) Joseph von Jacquin (1727-1817)

撮影地:静岡県静岡市
帆掛山(押切コース) 2016.11.07
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

19 January 2017
Last modified: 20 January 2018
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2017-01-19 00:00 | | Trackback | Comments(0)
コシオガマ(小塩竈)
 コシオガマ(小塩竈)は、ハマウツボ科コシオガマ属の1年草です。日本、中国、朝鮮半島に分布します。日本では、北海道から九州に分布する在来種です。名の由来は、小型でシオガマギク(塩竃菊)に似る事から。塩竈は塩を作る竈。歌舞伎の台詞「浜で美しいのは塩竃」を「葉まで美しい」に掛け合わせた言葉と言われています。

 ハマウツボ科(Orobanchaceae Vent. (1799))は、アジアやヨーロッパに約70属が分布します。コシオガマ属(Phtheirospermum Bunge ex Fischer & C.A.Mey. (1835))は、東アジアに5種があり、日本には1種が分布します。

 低山の日当たりの良い草地に自生します。根はあまり発達せず、他の植物の根から養分を奪う、半寄生植物です。茎には粘着性がある腺毛があり、全体的にべたつきます。直立して枝分かれして、草丈は20~70cmになります。葉は、対生します。長さ3~5cm、幅20~35mmの三角状卵形で、羽状深裂します。裂片は不規則に裂け、鋸歯があります。葉柄は、4~10mm。

 花期は9月から10月。枝先の葉腋に花を単生します。花冠は淡紅紫色。三角状筒形の唇形で、先端は上唇と下唇に2裂し、長さ約2cm。上唇は反り返り先端は2浅裂し、下唇は横に広がり先端は3浅裂します。花冠には下唇には白毛があります。萼は鐘形で5裂し、裂片は長楕円形。鋸歯と腺毛があります。雄しべは4本。葯は白色。果実は蒴果です。卵形で長さ約1cm。種子は楕円形で網目模様があり、約1mm。染色体数は、2n=16。

☆  ☆  ☆

※天気の良い日を選び、再撮影に行きました。残念ながら咲いていた場所には大量の盛り土が運び込まれ、埋まってしまい姿形が見えませんでした。林道の景観が良い場所でしたが、工事のための作業場所のようでした。

Japanese common name :Ko-siogama
e0038990_11373528.jpg
Phtheirospermum japonicum (Thunb.) Kanitz
e0038990_11383226.jpg
葉は、対生し、三角状卵形。羽状深裂し、裂片は不規則に裂け、鋸歯がある。


コシオガマ(小塩竈)
ゴマノハグサ科コシオガマ属
学名:Phtheirospermum japonicum (Thunb.) Kanitz
花期:9月~10月 1年草(半寄生植物) 草丈:20~70cm 花冠長:約2cm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Phtheirospermum : phtheir(シラミ)+sperma(種子)/コシオガマ属
japonicum : 日本の[japonicus(男性形)/japonica(女性形)/japonicum(中性形)]
Thunb. : Carl Peter Thunberg (1743-1828)
Kanitz : August (Agoston, Agost) Kanitz (1843-1896)
---
Vent. : Étienne Pierre Ventenat (1757-1808)
Bunge : Alexander Andrejewitsch (Aleksandr Andreevic, Aleksandrovic) von Bunge (1803-1890)
Fisch. : Friedrich Ernst Ludwig von (Fedor Bogdanovic) Fischer (1782-1854)
C.A.Mey. : Carl Anton (Andreevič) von Meyer (1795-1855)

撮影地:静岡県静岡市
林道高山線(Alt. ca.551m) 2016.10.12
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 29 December 2016
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2016-12-29 00:00 | | Trackback | Comments(0)
コダチダリア(木立ダリア)
 コダチダリア(木立ダリア)は、キク科ダリア属の多年草です。メキシコ原産の高地性植物で、日本では園芸種として扱われます。名の由来は、茎が木質化するダリアであるから。英名は、tree-dahlia、bell-tree、candelabra1)-dahlia等。別名のタラノハダリア(桵葉ダリア)は、葉がタラノキ2)(楤木)に似る事から。流通名のコウテイダリア(皇帝ダリア)は、学名種小名のimperialis(帝王の)からで、全体に大型で威厳がある事から。メキシコ名は、Acocotli。

 キク科(Asteraceae Bercht. et J.Presl (1820))は、世界に約950属2万種が分布します。日本には約70属360種があり、帰化植物は100種以上あります。Asteraceaeは、aster(星)の意味。保留名のCompositae Giseke (1792)は、「合成された」との意味から。ダリア属(Dahlia Cavanilles, 1791)は、約27種が分布します。

 紡錘形の塊根を持ち、茎は中空で節があり、径2.1~5.6cm。木質化して3~5mの高さになります。風に弱く、支柱を必要とします。葉は、対生します。長さ38~80cmの枝に2~3回羽状複葉を付けます。小葉は披針形で鋸歯があり、先端は鋭突形、長さ5~14cm、幅2~3cm。

 花期は、11月から12月頃。光周性3)による短日植物4)であり、日長が短くならないと花芽の形成が促されません。葉腋から長い花序軸を出し、分枝した先端に頭状花序5)を付けます。総苞は内と外の2列あり、総苞内片は先端が膜質で8枚、総苞外片は5枚あります。周囲につく舌状花は8枚で、薄紫色。花被片の先端は尖り、下部は筒状で、長さ6~11cm、幅3~5cm。花冠径は、12~20cm。

 中央に黄色の管状花(筒状花)を多数つけます。管状花全体の径は約2.5cm、長さ約1.5cm。横向か、やや下向きに咲かせます。舌状花を欠き管状花のみの蕾を付ける事があります。管状花部分のみを開き、そのまま花は終わります。子房下位。果実は痩果です。染色体数は、2n=32。

 繁殖は種子によりますが、もっぱら簡易な挿し木が主流で、竹の節のような2節程を残して切った茎を水平に植えます。暖地では露地栽培が可能で、根を凍らせないようにして越冬させます。非耐寒性のため、霜が降りる頃、急速に枯れます。

★  ★  ★

 静岡市では最近、急速に栽培が盛んになった感じがします。駐車場周囲や農地など、あちらこちらに花を見かける事が多くなりました。栽培が容易な事と温暖な地という気候に恵まれた事が一因と思われます。花が少なくなった時期に豪快に咲き乱れるコダチダリアは貴重な園芸種として用いられているようです。ただし、ほとんどの方がコウテイダリアの名を用いています。一般にはこちらの名が浸透しているようです。

 ※記載数値は静岡市葵区西ヶ谷での観察時における実測値で、生育状態によっては範囲を超える事があります。2014年、市営水泳場受付業務の方に本種栽培の経緯について詳細を伺い、丁寧な説明を受けました。お礼申しあげます。

1) Candelabra:枝付き燭台
2) Aralia elata (Miq.) Seem.
3) 光周性:夜時間の長さが開花に関係する現象。長日性と短日性があり、葉が日光に反応する事によって起こる。(photoperiodism Garner,Allard,1920)
4) 短日植物(たんじつしょくぶつ):日照時間が短くなると花が咲く植物(short-day plant)。
5) 頭状花序(とうじょうかじょ):無限花序の一つ。花軸が広がり複数の無柄の小花が密集して一つのように見える花序(capitulum)。中央に管状花(筒状花)、周囲に舌状花をつける事が多い。

Japanese common name : Kodati-daria
e0038990_1136626.jpg
Dahlia imperialis Roezl ex Ortgies

e0038990_18283662.jpge0038990_18284568.jpg
一株に多数の大輪をつける。

e0038990_18291629.jpge0038990_11371564.jpg
舌状花は8枚で薄紫色、中央に黄色の管状花からなる頭花。右は内外2列の総苞。

e0038990_18295664.jpge0038990_183085.jpg
蕾から舌状花が出てくる。

e0038990_18304423.jpge0038990_18305716.jpg
開き初めは花弁の色が濃い。長い柄の先に多数の蕾がつき、次々と開花する。

e0038990_18312395.jpge0038990_18313218.jpg
舌状花を欠く花。総苞外片は平開するが総苞内片はここまでしか開かない。

e0038990_1832170.jpge0038990_18321176.jpg
管状花のみの個体の花径は約2.5cm。舌状花は脱落しやすい。

e0038990_18325184.jpge0038990_1833089.jpg
左:花被片、左が表、右が裏面。長さ約6~11cm。 右:畑地に咲くコダチダリア。

e0038990_18332753.jpge0038990_18333775.jpg
葉は対生し、2~3回羽状複葉、小葉は披針形。


コダチダリア(木立ダリア)
別名:タラノハダリア(楤葉ダリア)/コウテイダリア(皇帝ダリア)
キク科ダリア属
学名:Dahlia imperialis Roezl ex Ortgies
花期:11月~12月 多年草 草丈:3~5m 花径:12~20cm

e0038990_21323673.gif


【学名解説】
Dahlia : Andreas Dahl(1751~1789)に因む/ダリア属
imperialis : 帝王の
Roezl : Benedikt Roezl (1823-1885)
ex : ~による
Ortgies : Karl Eduard Ortgies (1829-1916)

撮影地:静岡県静岡市
葵区/静岡市営 西ヶ谷総合運動場 2015.11.12, 11.19, 11.21, 11.22
葵区西ヶ谷/農地 2015.11.12
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 23 November 2015
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2015-11-25 00:00 | | Trackback | Comments(0)